菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 16日

れ記茶餐廳 ~ 飯麺 ・ 家郷炒米粉  ~

c0200671_19201930.jpg


福字の上湯米粉をつかって、炒米粉(焼きビーフン)をつくるんじゃないか?と最初にチャレンジしてのは、ベーシックな炒米粉。

茶餐廳というよりも、茶楼で飲茶するとや、お粥屋などにおいてある。

香港で出てくる料理にしては、珍しく、塩分が頼りない感じが、濃い味が少し飽きてしまったところに優しくて、ついつい箸が止まらなくなってくる。

これも、作り方は、適当に野菜をそろえていため、福字の上湯米粉をいれて、少し水を注いで蒸し焼きにし、味付けは福字の上湯米粉についてた調味粉と調味油だけというシンプルさ。

塩分的にはちょうど良いので、頼りない感じにしたいなら、調味粉を少な目に。

星洲炒米は、もやしなんだけど、家郷炒米粉は椰菜(キャベツ)がやっぱりあう。

c0200671_19203867.jpg

[材料] 福字の上湯米粉1袋分

キャベツ 1/6個
ハム  3枚
人参  適量

福字の上湯米粉 1袋

水 80cc

ラード  大1

[作り方]
1 キャベツは適当な大きさに切る。ハムは8mm程度の幅に切る。人参は千切り。
2 福字の上湯米粉の麺を、はさみで適当に切っておく。
3 フライパンにラードをいれて熱し、1の材料をすべて加えて、1分程炒める。
4 2の麺を野菜の上に載せて、水を注ぎ、強火で蓋をして蒸らす。
5 水分が飛んだ音がしてきたら、蓋を開けて、添付の調味粉と調味油をいれて、炒めながらよく混ぜる。
6 麺が硬かったら、少し水を加えながら炒めほぐす。
7 好みの柔らかさになったら出来上がり。


※あまり焼き色を付けないほうが、家郷炒米粉らしくてよい。


# by recipkoinhongkong | 2017-09-16 18:00 | れ記茶餐廳 | Comments(0)
2017年 09月 15日

楊枝甘露

c0200671_07050035.jpg


滿記甜品で、まさかの美味しくない楊枝甘露が悔しかったので、ないかな?と探していたところ、食東西があった場所に、テイクアウトのコーナーもあり、ここで楊枝甘露も売っていた。


メチャウマー!



# by recipkoinhongkong | 2017-09-15 18:00 | Foods | Comments(0)
2017年 09月 14日

食東西@香港國際機場




香港國際空港での搭乗ゲートは、大抵28くらいまでで乗ってしまうので、あまりそこから先に行くことがなかった。

(LCCの場合は、そもそももっと沖に飛ばされるし)

今回は入ってからもヒマだったので、ゲート36から先に行ってみると、フードコート。

このフードコートも意識してみたことがなかったが、出国してすぐの、マクドナルドなどがあるフードコートよりいいじゃない(まぁマック行っちゃうんだけど)
c0200671_07045929.jpg
太興も鏞記も池記もあるんだ。

というか、鏞記の表記が微妙に違うような気がするんだけど、相続でもめた影響?気のせい?

こちらのほうが席も落ち着いてる。
c0200671_07045836.jpg
外賣できるなら、ここで買って帰ればいいんだ!


# by recipkoinhongkong | 2017-09-14 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 09月 13日

世窗冰室@二號客運大樓・香港國際機場


2タミで過ごす、最適な本を手に入れて、どこにいこうかな?と思ったときに、真っ先に浮かんだのがこの店。

以前に2回ほど利用したことがある。

空港にいるのに、茶餐廳がちゃんと息づいている。
c0200671_07045543.jpg
朝ごはんを食べて、そんなに時間も開いてなかったから、とりあえず凍檸茶。

読書に耽っていたら、お腹すいてきたので、改めて昼メニューをみてみると、

があるではないですかっ

しかも、焗芝士蝦仁飯
c0200671_07045626.jpg
(ちなみにこれはグランドメニューにはなくて、ランチタイムになると切り替わるメニューには載ってるのです)


ついつい肉醤があるとそちらに転んでいたけれど、今日は白汁でしょう!

キタ!
c0200671_07045796.jpg
海老の透け加減もいい感じで、スプーンをいれると、中のご飯はちゃんと卵入り炒飯になっていた。
c0200671_07045835.jpg
なにも言わなくても卵炒飯になっている店がいい店だと決めつけてる。

食べてみると、あーこれこれ!このホワイトソースのインチキな感じ!塩気の多い茶餐廳料理にあって、やや物足りなさすら感じる塩加減。どう考えても缶詰のホワイトソース使ったんでしょ~?というコクのない感じの白汁といい、これぞ茶餐廳で食べたい白汁よね!

でも、そのおかげで、ボリュームある一皿だけど、ぺろり。

食後は、熱奶茶を注文し、読書続行。
c0200671_07014251.jpg

ついつい、ギリギリまで街中にいてしまうけれど、早めにきてこういう過ごし方もいいものだわね。


# by recipkoinhongkong | 2017-09-13 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 09月 12日

Cecilia Lindqvist「叧一個世界」


今回は、JALを使ったので堂々の(?)1タミ利用のはずだけど、台風のおかげで今日は一日2タミで過ごすと決めてきたので、2タミに直行(荷物もチケットもインタウンチェックインで済)。

1タミの本屋は、出国前も後もあまり大きくないが、2タミの本屋さんは少し大きい。

今回は、街中で本屋にいけなかったので、何かないかなぁとぶらぶらしていたら、目に飛び込んできたのが、これ。

叧一個世界
c0200671_07014190.jpg
なにこれ、萌えるじゃない・・・・
c0200671_07050106.jpg
林西莉(Cecilia Lindqvist セシリア・リンドクヴィスト)というスウェーデンの方が、1961年~62年に留学生として北京大学に在学していた時に取っていた写真を集めたものだった。

61年~62年というと、めちゃくちゃ毛沢東時代ですよ。まだ文化大革命が始まる前の時代。まぁまぁいい時代だったのかもしれない。

載っている写真からは、張り詰めた感じもなく、いい時の風景が映っているという感じで、

萌えまくれる。
c0200671_07014341.jpg
台湾の出版社から制作しており、装丁がとても凝っていた。
c0200671_07014459.jpg
今ではなかなかできない、小冊子にして糸で製本し、それをさらに固いガワをつけている。

各章の頭には、プロパカンダなキッチュ絵。
c0200671_07014409.jpg
食事や、生活シーンが少ないのがとても残念だけれど、それでも、

あー!この時に行ってみたかったー!

という風景を見ることができる。

とても高かったけれど、買ってよかった本。


# by recipkoinhongkong | 2017-09-12 18:00 | Goods | Comments(0)
2017年 09月 11日

勝手にフリマ@德輔道西


確認できているだけで、早朝勝手にフリーマーケットは、北角・春秧街中環・卑利街周辺紅磡・寶其利街周辺で、夜明け前から8時くらいまで(店の前でやってるので、その店が開店するまで)やっている。

正街から蓮香居までの間の德輔道西上でも、勝手にフリマが開催されていた。

基本的に、素敵なごみは、あくまでも素敵なごみ屋で買いたいので、香港では二手モノの店にはほとんど行かないが、この日は、ホテルまでの道すがらチラッと見えたものに反応してしまう。

先に、おばさまがレンゲを物色していて(揃いでいくつか探していたらしい)、はじかれたレンゲが柄に穴が開いてない古いタイプで、ちらっと見たら薔薇柄だったので、おお!?とおば様の隣に陣取り漁りだすと、お碗もあった。

帝華柄のお碗。
c0200671_07013935.jpg

もう一つ、お碗。似たような柄は持っているけど、この柄は初めて。
c0200671_07014085.jpg

レンゲ2種。1つは、唐子に貴が入っているものと、薔薇柄のモノ。
c0200671_07014197.jpg
この4つで10HKドル(値切りなし)。


# by recipkoinhongkong | 2017-09-11 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 09月 10日

れ記茶餐廳 ~ 飯麺 ・ 星洲炒米  ~





c0200671_06541144.png
茶餐廳の定番料理といえば、TOP10に思いつくであろう、星洲炒米。

勝手に名乗っているとはいえ、香港茶餐廳料理研究家としては、真っ先に取り掛からないといけないメニューのはずだが、これまで出てこなかったのは、

作れなかったから。(言っちゃった)

ビーフンの処理が、理想的な状態にならなくて、早々に放棄他に注力することにしてたのだけど、思わぬものを使ったら、ものすごく簡単に再現することができた。

その簡単さたるや、

これまで、悩んでたのはなんだったのよぅ!

というくらい簡単。

ビーフンは、一度茹でてから予熱で蒸しておくのだけど、これが使いたい時にはくっ付いちゃうし、なんかうまくいかないことが多い。

そんな悩みを解決してくれたのは、福字の上湯米粉
c0200671_18293284.jpg

そう、あの福マークのインスタントビーフンですよ。お湯かけるだけなやつ。

今回、猛烈に福字の上湯米粉が食べたくなって、緩衝材代わりに5個入り1パックを買ってきていた。

猛烈に食べたくなった割には、帰ってきてから特に食べたくもなく、職場用の非常食にでもするかと放置を決め込んでいたけど、ふと、

沸騰したお湯をかけて食べれるんだから、炒米にもできるんじゃない?

と特に目新しくもないアイデアが浮かび、家郷炒米粉にして試してみたところ大成功。これまでの調理時間10分の1(大げさ)。

こんなに簡単なら、星洲炒米も行けるんじゃないか!?と、さっそくレシピを組み立てて試作してみると、もうばっちり茶餐廳の味。

私の星洲炒米は、昔よく外賣で頼んでいた星洲炒米の味が理想。

今もあるのかな?尖沙咀の漢口道にあった、肥仔記という店で外賣をよく頼んでいて、星洲炒米を頼むと、ビーフンがふわっとしていて、入っている具はチープでお気に入りだった。

この味を、再現することにする(適当だけど)。

具は、もやし、ハム、ピーマン系(今回は赤いパプリカ)、玉ねぎ、蝦。

味付けは、福字の上湯米粉についている調味粉と油、そして星洲炒米だからカレー粉。

加哩粉はメーカーによって辛さが違うので好みのものを使えばいい。今回は、先日買ってきたペンギン印の加哩粉と、加哩醤を使うことにする。

加哩粉は色を、加哩醤は味に深みを出してくれるから。

作り方は簡単で、材料は刻んで、ついでに福字の上湯米粉の麺もハサミで適当に切っておいて、野菜をいためてから、福字の上湯米粉を乗せて、水をかけて蒸らし、ビーフンが柔らかくなったところで、調味料を投入していくだけ。

最後に卵を落として、うおりゃーーー!!と混ぜれば、星洲炒米の出来上がり。




と、いうことで、これからは、福字の上湯米粉で、星洲炒米は作ることに決めます。


c0200671_08192939.jpg
(もやしの代わりにキャベツバージョン)


[材料] 1人前
福字の上湯米粉  1袋

もやし 1/2袋~2/3袋
ハム 3枚
玉ねぎ  中1/2個
パプリカ  1/2個
むき海老  5尾

卵 1個

咖哩粉 小1
咖哩醤 小2/3

水 80cc~

ラード 5cm または サラダ油 大1

[作り方]
1 もやしは良く洗い、たっぷりの水につけておく。ハムは1cm程の短冊切り、玉ねぎとパプリカは5mm程度の幅で切っておく。
2 海老は洗って水けをふき取っておく。
3 福字の上湯米粉のビーフンは、はさみで適当に切っておく。
4 フライパンに、ラードを入れて熱し、玉ねぎ、ハム、海老をいれてザッザッと炒め、もやしをさっと水分を切っていれて、全体を炒める。
5 上に2を乗せて、水を注ぎ、蓋をして中強火で2分ほど待つ。
6 パプリカを入れて、ビーフンをほぐしながら戻り具合をみて、全体を炒める(まだ固い様だったら水分を少しいれて炒める)。
7 上湯米粉に添付されていた調味料と油、咖哩粉、咖哩醤を加えて、全体にわたるように炒めながら混ぜる。
8 最後に卵を割って落とし、全体に混ぜるように炒めて出来上がり。


※個人的には、もやし多めが好きなので1袋使っています。
※茶餐廳の星洲炒米の具材は、上記のものですが、適当にあまり野菜を使ってください。
※パプリカに変えてピーマンでも。
※最後のほうまで、ビーフンがまとまってしまいほぐれずにいる場合もあるが、卵をいれて、うおりゃーと混ぜているとほぐれるので、気にせずに炒めること。
※ケンミンの焼きビーフンでもできそうな気もするが、検証してない。


# by recipkoinhongkong | 2017-09-10 18:00 | れ記茶餐廳 | Comments(0)
2017年 09月 09日

蓮香居@德輔道西・上環

c0200671_06590450.jpg

朝ごはんは、飲茶と決めていたので、一番近い、蓮香居へ。
c0200671_06590528.jpg
7時をまわってしまってたので、混んでいたら嫌だなぁと思いつつ行ってみると、まだちらほらと埋まっているだけだった。
c0200671_06590647.jpg
促された席に座って、飲茶婆が回ってくるのを待つ。
c0200671_07013804.jpg
蓮香楼は、蝦餃を作る時間帯が遅くて、朝早いと無かったりするんだけど、蓮香居は朝一番からあるので良い(でもたぶんその日によっても違うのかも、なかった時もあるし)。

蝦餃と、もう一つ、マーラーカオもあったのでもらってくる。
c0200671_06590856.jpg
カラメル色のマーラーカオは、ふわふわなんだけど、でも1個食べたら絶対にお腹いっぱいになってしまう!というボリュームを持っていて、いかんと思いつつ、ちまちまと食べてしまう。

甘さと香りがちょうどよく、やっぱり蓮香系のマーラーカオは特別好きだわ。

この2品で正統派の飲茶を決め込む風を装って、一番楽しみにしていたのは、煎蛋牛肉飯

牛肉飯がはいったと、別添えの煎蛋は、いつも萌えさせてくれる。
c0200671_06590706.jpg
なんちゅーかわいいビジュアルなんぢゃ!

煎蛋を盅に移して、後は崩しながらワシワシするだけ!!
c0200671_06590704.jpg
[お店の場所]
蓮香居
上環德輔道西46-50號2-3樓


# by recipkoinhongkong | 2017-09-09 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 09月 08日

金雅餅店@正街・西營盤




前回の方法が大成功だったので、味をしめて、今回は大量買いをするために、また金雅餅店へ。

甜餐包が大好きなので、ついさっき焼きあがってトレイに載せられていたのを、全部買うことにする。
c0200671_07050189.jpg
あとは、レーズンパン、パイナップルパン、小豆入りパイナップルパン、栗子包、小豆餅。
c0200671_07050243.jpg
+8HKドルして、箱入りにしてもらい、とにかく急いでホテルへと戻る。

焼きたてのパンなので、部屋にもどったら、箱を開けて熱を取っておかないと、日本についたら蒸らされてペッちゃんこになってしまう。

強力な冷房のおかげで、粗熱がだいぶとれたところで、箱のふたを半分ほどにして、朝ごはんを食べに行こう。



※家に帰りついたら、まず一番に、このパンたちをラップに包んで冷凍。


# by recipkoinhongkong | 2017-09-08 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 09月 07日

香港では巴士に乗れ!  [ 7バス 中環碼頭 → 石排灣 ]


香港で、本気で動き回っているときに、天候に困らされたことがほとんどないので、天気のチェックってほとんどしない。

するのは、帰国するとき位(飛行機飛ばなかったらいろいろと困るので)で、この時も、ツイッターで盛んに「香港に台風が来る」というツイートを目にして、

え?くるの?

と気づいたありさま。

帰国する今日に直撃するということだったので、昨夜からその算段。

今回の受託荷物のMAX量を捨てにかってパッキングおわっていたので、今日はお買いものなしだから、もともと予定もなかったので、さっさとチェックインしに行くことにする。

幸い、日曜日だから通勤の人とタクシーを争う必要はなかったけれど、早めの行動が肝なので、6時に香港站のインタウンチェックインにむかって、チェックイン。

6時だと、JALにチェックインする人は皆無なので、さっさと終わるのもいい。

5分かからずチェックインを終え、AEL乗り場へと降りるエスカレーターがあるほうへと進む。

エスカレーターにはもちろん乗らずに、港景街へと出る。

通りを渡れば、向かい側は交易廣場。
c0200671_06590389.jpg
ホテルまでは、歩いて帰れば?という距離だけど、バスで正街まで行きたいので交易廣場。


4X、7、91、94のどれかこい!と待っていたら、やってきたのは7バスだった。
c0200671_06590301.jpg
正街行って、街市とパン屋に行かないと。


# by recipkoinhongkong | 2017-09-07 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 09月 06日

新五龍粥麵茶餐廳@上環

c0200671_06590101.jpg
お気に入りのイビス上環は、GF(日本で言えば1階)入口脇に、スタバが入っている。

でも、滞在中に使ったことなんて、過去に1度くらいしかない(しかも西瓜ジュース買ったとかそんなの)。

遅い時間に、何か飲みたいなぁと思ったら、入口を出て向かい側にある茶餐廳に行ってしまうから。

この日は、梱包作業が早めに終わり、寝る準備をするには少し早いけど、遠くに行くのは面倒。でもなんか温かいものが飲みたい。

なんて気持ちになったので、財布と携帯とルームキーのカードだけ持って向かいの店に向かって、熱奶茶を頼んだ。

ここの奶茶は少し渋みが強い。

寝る前に飲むには、もしかしたらカフェイン多すぎなのかもしれないけど、カフェインで眠れないなんてことが無い人なので無問題。

明日の予定を考えながら、ぼーっとするには、少しざわついた茶餐廳のほうがちょうどよい。

ちなみに、この店で、熱奶茶以外って頼んだことがない(夜遅くに行くだけなので)。


# by recipkoinhongkong | 2017-09-06 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 09月 05日

永吉果汁@摩利臣街・上環


ベトメシを食べ終わって、ぶらぶらと歩きながらホテルへ戻る道すがら、もう暑くて暑くて、西瓜ジュース飲みてぇっ!となる。

そんな時は、上環街市前(摩利臣街)にあるジュース屋へ。
c0200671_06561979.jpg
私がサイズどうしようかと悩んでいると、ほぼ同時に来た、香港警察のオマワリさん二人も注文して、西瓜とセロリ(だったかな)を2杯注文。あついもんね。

私もそのあとに西瓜汁(大)を注文。

香港で食べれる西瓜は、日本の西瓜に比べると甘さは弱いんだけど、さっぱりしていていくらでも食べれる(飲める)気がする。

c0200671_11371823.jpg
思いっきりぶれてますけど。



# by recipkoinhongkong | 2017-09-05 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 09月 04日

CÔ THÀNH@九如坊・中環


昨晩、うろうろしていたらホテルランカイフォンのある九如坊に、ベトメシ屋ができていた。
c0200671_06561773.jpg
見た目、おおお!!!と萌えるベトナム式全開で、覗いてみたら残念ながらラストオーダー。
c0200671_06561745.jpg
夜は18:00からと聞いたので、今晩はここと決めていた。
c0200671_06561693.jpg
歩道沿いには、ウエイティング用のプラスチック椅子。もちろんベトナムのだった。

着いたのは18:00少し過ぎだったけど、すでにほぼ満席状態。

一人だったこともあり、最後に残っていたテーブル席に入ることができた。

店内カウンター横には、ベトナムでよく見かけるガラスケース(大)タイプ。
c0200671_06561826.jpg
ランチョンペーパーにメニュー載っているのもかわいい。
c0200671_06561382.jpg
本日のスペシャルみたいなのもあって、店員さんがこれですと説明してくれるが、英語なので、聞いててもベトナム名での料理名がサッパリ思いつかなくて、実物見て、あれか!とか思ってしまった(ベトナム語の料理名載せてほしい)

ちなみにこの日のスペシャルは、BUN RIEU CUA(蟹ペーストとトマト入りのブン)だった。BUN RIEU CUAと言ってくれればすぐにわかったのに・・・・

注文したのは、ブンボーフエ、とカフェスアダー

まず先にきたのは、カフェスアダー(ベトナム式アイスコーヒー)
c0200671_06561462.jpg
見た目ものすっごいいいんだけど、練乳が足りなくて激マズだった・・・・もっと練乳いれてくれよ!

少ししてから、ブンボーフエ
c0200671_06561526.jpg
ぶっちゃけ、ハノイでもホーチミンでも食べたことない上に、フエに行ったことないから、現地の味との比較はできないんだけど、ブンとしては美味しかった。春巻きみたいに見えるさつま揚げが旨い。

となりに座った女の子が、バインミー頼んでいて、これがとってもおいしそうだったので、次回は頼みたい。

値段はかなり高いと思うんだけど、雰囲気と味と考えると、とても気に入った店。

そして、この店をみると、ベトナムのものって本当にかわいいと思う。香港にあってちゃんとベトナムだ!とわかる個性があるのに、押しつけがましさが無い(好き嫌いは別として、中華圏のは、キッチュながらも押しつけがましい所があると思う)

この店は、ホーチミンの有名なガイドの女性がプロデュースしたそうで、なるほど、ベトナムのキッチュでかわいいところがギュッとしている。

勝手に載せちゃうメニュー。
c0200671_11332287.jpg



# by recipkoinhongkong | 2017-09-04 18:00 | Eat | Comments(2)
2017年 09月 03日

加樂影音@皇后大道中・上環



上環の、皇后大道中と東街、樂古道にぐるりと囲まれている中源廣場
c0200671_09241348.jpg
(画像はGoogle様より)

香港島の山がちの地形を、この建物は上手に生かしている。

皇后大道中に面する表面には、スターバックスや日本城、萬豐、そして、樂古道に面する裏側は、嘉豪酒家の入口になっている。

表面のスタバなどは新参者で、以前はサンドイッチと、カットフルーツ、果汁を売ってる店だった。

さらにその隣にある加樂影は、私が知っている記憶の範囲では、だいぶ前からある(少なくとも2010年にはあった)。

そんなに儲かっているとは思えないのに、淡々と営業していて、もしかしてこのビルのオーナーとか・・・・と勘ぐっている。

だが、私も時間があると、ちょっと覗いてこ、と入ってしまうので、なんだかんだとひっきりなしに人が来てるのかも。

奥はDVDだが、手前にはカセットテープで粤劇なものが売っている。

この日は、通り沿いにワゴンみたいなのが出ていて、お!れ記茶餐廳でかける音楽を選ぼうとみてみると、

c0200671_06561265.jpg
なんじゃこれ!

え?え?なにこれ?今昔乞食物語か?という貧乏くさい、暴行を受けた後のような、オッサンなのかオバハンなのか一瞬分からないジャケット。

ジャケ買いどころか、あまりにインパクトあり過ぎて手が出ない!

ツイッターで(勝手に)頼りにさせてもらっている方の調査により、超有名な新馬師曾(サン・マーシーチャン。4人も嫁さんいたらしいです。金あるどー!)という粤劇俳優がやってるものとわかる。

次回は買ってくる!

さて、テープは5本買ってきた。

まずは、六號門
c0200671_09173052.jpg
そして、残りの4本は香港の江南唱片公司というレーベルが出している香港製造。ラベルがかわいくて、ジャケ買い!

客家山歌
c0200671_09173126.jpg
穆桂英・梁紅玉
c0200671_09173116.jpg
穆桂英は私的にはイマイチなんだけど、梁紅玉は、宋代の韓世忠という抗金の名将の奥さんで、この人自身も女将軍として夫とともに戦場に赴いてた女傑。

韓世忠はあの岳飛と同僚で(もちろん韓世忠のほうがずっと年上)、秦檜の悪辣な策で殺された後に、唯一、秦檜を研いだたして、莫須有(あったかも)とゲロさせた人。

羅衫記
c0200671_09173272.jpg
洛水神仙
c0200671_09173322.jpg

江南唱片公司のは全部あつめたい。


# by recipkoinhongkong | 2017-09-03 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 09月 02日

華樂冰室@東街・上環


c0200671_14494586.jpg




九龍城から、113バスで戻ってきて、大量の荷物を抱えていたから、とにかくいったんホテルに戻り、荷物を置く。

置いた途端に、再度部屋を飛び出し、まず向かったのは、わがテリトリー東街の華樂冰室。

まずは、命の水、凍檸茶
c0200671_14494483.jpg
夕飯は、絶対に食べに行きたい所があり、早い時間に取るつもりだったので、今からガッツリランチを取ってしまうと食べれない。

でも、なにか食べたい・・・・なんてときのは、迷わず奶油多!(いつもだろ!)
c0200671_14494513.jpg
お客さんのいない、狭間な時間帯で、ゆっくりと食べながら次のルートを検討。


# by recipkoinhongkong | 2017-09-02 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 09月 01日

れ記茶餐廳 ~ 飯麺 ・ 焗芝士蝦仁飯  ~

c0200671_16344811.jpg

豬扒、肉醬、粟米ときて、ついに4種類になった焗シリーズ!

焗こそは、茶餐廳の誉!と思っているので、あるとうれしくなるメニュー(ryanさんありがとう!)。

4種類目は、最もベタなだけに、大した期待も起きなかった白汁

ベタということは、それだけ好きな人も多く、応用も利く訳ですね。

記事のUPのほうが後になりますが、先日、HKIAの茶餐廳で食べた白汁系の焗が、これぞ!という味で、本気のグラタンにしては塩気が薄く、ベシャメルにしてはコクが薄く、

こりゃー、缶詰のホワイトソース使ってるでしょ!そうでしょ!

と思わせる、ほんのりとチープさを感じる味に、心を撃ち抜かれた。

いざ、再現してみようとすると、ついつい本気のグラタンベシャメルにしてしまい、大失敗(そもそも西洋料理を久しぶりに作ったから、という噂もある)

ちがうんだよ!ここはやっぱり違うんだよ!と、再度レシピを検討し直した。
c0200671_16344956.jpg
再度、チャレンジしてみると、これ!という味になった。

が、そういう時に限って、レシピをちゃんととってなく(検討はしたけど、作るときの分量が適当)、後から大変だったけど・・・・・
c0200671_16344722.jpg
もちろん、ご飯は卵炒飯にしてあります。


[材料]焗ステンレス皿 2皿分程

白汁
バター 30g
小麦粉 30g
スープ(鶏粉1/2匙+湯) 100cc
牛乳  600cc程度
塩  多め一つまみ
胡椒 一つまみ
砂糖 小1/2~2/3
ごま油 小1

むき蝦   18尾
たまねぎ(薄切り)  大1/2
とろけるチーズ  適量

米(できればタイ米)  1.5合
卵 2個

[作り方]
白汁
①牛乳を鍋にいれて中火にかけ始める、
②フライパンを中火にかけ、バターを溶かし、そこに小麦粉を加えてさらっとするまで炒める。
③フライパンを一度濡れふきんに置き、底に沸かした牛乳を加えて泡立て器などでよく混ぜる。
④再度、弱火にかけて常に混ぜながら、スープを加えて伸ばし、調味料を加えていく。

炒蛋飯
①フライパンに油大1をいれて熱し、炊いた米と溶き卵(2個分)を加えて、ターナーでよく炒めて、炒蛋飯を作っておく。
※意粉(パスタ)にする場合は、この作業はいらない。

仕上げ
①オーブンは250℃で余熱を始める。
②フライパンに少しの油を入れて熱し、そこにむき海老をいれて炒め、色が変わり始めたら水を加えて少し蒸し煮にする。
③焗ステンレス皿に、炒蛋飯を9分目程いれ、上から、1の蝦、薄切りして玉ねぎを散らすようにのせ、白汁をたっぷりとかける。
④オーブンの予熱が完了したら、チーズをのせて、オーブンに入れる。250℃の上火で5分、上下火で10分程やき、表面にきれいな焼き目がついたら出来上がり。

※たまねぎは中玉なら1個つかう。


# by recipkoinhongkong | 2017-09-01 18:00 | れ記茶餐廳 | Comments(2)
2017年 08月 31日

タイ食品店@城南道・九龍城

c0200671_14494388.jpg


九龍城はタイ料理店が多い。なかでも城南道沿いは、特に多く、泰食品店も充実している。

日本でも、大久保のアジアスーパーストアに行けば大抵のものは手に入るが、やはり香港のほうが安いし充実している。

ナマモノや日持ちしないもの以外は、九龍城に来た時に買うようにしているけれど、店ごとにも品揃えが違っていて、この通りをウロウロウロウロしている。
c0200671_14494352.jpg

今回、やっぱりなくなってる!?となったものが、マナーオ(タイライム)の粉。

マナーオの果汁を、フリーズドライだかして粉砕した粉で、水でもどすとマナーオ汁になるという優れもの。

これは、カトン風ピクルスを作るときに必要だが、今現在。大久保でも見付けることができなくて、香港なら!と探したのに・・・・


# by recipkoinhongkong | 2017-08-31 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 08月 30日

茗香茶荘@候王道・九龍城

c0200671_14494223.jpg


九龍城経由にしたので、お茶屋さんにゆっくり寄れた。

今年の龍井茶が欲しかったので、明前獅峰を2両、台湾で買ったジャスミン茶が驚く程まずかったので、ジャスミンのそこそこ良いの(茶葉にジャスミン花弁が入ってないやつ)、れ記茶餐廳でつかう西冷紅茶を1kg。






茗香茶荘
九龍城候王道76號


# by recipkoinhongkong | 2017-08-30 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 08月 29日

れ記茶餐廳 in 雑貨と喫茶 ビルカーベ


8月26日、荻窪の雑貨と喫茶 ビルカーベさんで一日限定開店させてもらった、れ記茶餐廳


なんとか終了することができました。

ご来店いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

入店前、入店後お待たせしたり、ご予約いただきながらお待たせしてしまったために、お入りいただけなかったお客様、まことに申し訳ありませんでした。

時間変更に快く応じてくださった知人友人の方々、本当にありがとうございました。

私もビルカーベさんも、全く余裕がなく、皆さんとお話しするどころか、お顔もろくに拝見できずに、本当に申し訳なく、残念でした。

それでも、厨房にいる間中、店内から聞こえてくる話し声に、お待たせしている状況の中不謹慎とは思いつつ、心の中は、とてもにこやかでした。

次回は(もちろんやる気満々ですよ!)、今回の轍を踏むことなく、なるべくお待たせせずに、ゆっくり過ごしていただけるように、改善策を考えたいと思います。


さて、こういったイベントの最初って、大抵は、

「れ記茶餐廳 in 雑貨と喫茶 ビルカーベ、開店前の様子」

だとか、

「れ記茶餐廳 in 雑貨と喫茶 ビルカーベ ただいまオープンしました!」

とか、

「れ記茶餐廳 in 雑貨と喫茶 ビルカーベ お客様がいらっしゃってる様子」

そして〆は、

「れ記茶餐廳 in 雑貨と喫茶 ビルカーベ  無事終了しました!」

だとか、ツイートもしくはインスタにあげるものですが、

れ記茶餐廳 は、一切なし!超クール!

(実際は、余裕が一切なく、できなかっただけですけど)

ツイッターやインスタで皆さんが上げてくださった画像が、この夏の宝物です。


自分の好みの味に作っているから、自分が美味しいと思うのは当たり前なのだけど、そんなのほかの方は食べたいかなぁ・・・と不安でしたが、ご祝儀(?)替わりとしてもいろいろな方から、美味しいと言っていただくことができて、ホッとするとともに、嬉しかったです。


本当にありがとうございました。




---------
謝辞

雑貨と喫茶 ビルカーベ様、まさかのリアルで、れ記茶餐廳を開店する貴重な機会をいただきありがとうございました。

頼りない我々を見かねて、助っ人いただいた、もりもりみつみつ様、ご友人のS様、本当に本当にありがとうございました。お二人はスーパーヒーロー(ヒロイン?)です!
強力なブレインとして今後ともよろしくお願いします(ニヤリ)

ご予定が合わなかったり、ツイッターやインスタで見守っていてくださった皆さん、ありがとうございました。


そして、香港から戻ってきて7年の間に、いろいろな所で見つけてきては、私の食器棚で待機してきた、素敵なごみ・・・じゃなかった日用品や、愛しの中国制造モノたち。陽の目を見る日がきて、本当によかった。

----------



まぁ、また懲りずにやりますけどねっ!


# by recipkoinhongkong | 2017-08-29 18:00 | れ記茶餐廳 | Comments(6)
2017年 08月 28日

香港では巴士に乗れ!  [ 75Xバス  富善邨總站 → 九龍城碼頭 ]


今回は、九龍城でお茶も買いたい!と思っていたから、大埔から九龍城を目指す。

結構な距離があるけれど、こういったアクセスがいいのも、香港の巴士ルートのシビレるところ。

ここ廣福邨街市は75Xのルートがあるので、これを使って九龍城を目指す。
c0200671_14494144.jpg
75Xバスは、乗ったあと次の巴士站を止まった後は、大老山隧道を一気にめざす。

トンネル前の巴士站に泊まれば、あとは、新蒲崗四美街までノンストップなので、気が付けばほぼ九龍城の範囲にいるような感じ。

黄大仙から樂富をこえたら、衙前圍道で降りれば九龍城。


# by recipkoinhongkong | 2017-08-28 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 08月 27日

McDonald's 麥當勞@廣福邨・大埔


気力体力がなくなっているときに、目の前にマクドナルドがあったら(茶餐廳が無い場合)

そりゃー入っちゃうというものでしょう

で、やっぱり食べている、私的下午茶の、凍檸茶と、ナゲットと写ってないけどもちろんフライドポテトL。
c0200671_14494076.jpg
マクドナルドに、凍檸茶のある幸せ。

命の水を補給し、ポテトとナゲットで小腹(あくまでも小腹)を埋めたら、次のルートのチェック。




# by recipkoinhongkong | 2017-08-27 18:00 | Eat | Comments(2)
2017年 08月 26日

超宜五金@廣福邨・大埔

c0200671_16160329.jpg


日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★★☆☆
香ばしさ度  ★★★☆☆
お宝発見度 ★★★☆☆


[地区] 香港
[エリア] 大埔
[住所] 新界大埔廣福邨街市2樓P201-202號舖
c0200671_14493918.jpg


重い荷物を持って2階分階段を上がった先にあった素敵なごみ屋・・・じゃなかった日用品店。
c0200671_14035532.jpg
品揃えは、公共団地の中の日用品店という普通さ。
c0200671_14035312.jpg
特にめざす中国制造モノはない。
c0200671_14035481.jpg
でもクロス類が充実してたので、もっとここを探してみればよかった。
c0200671_14035374.jpg

(この時すでにお腹すいてて、気力がダウンしていた)
c0200671_14035520.jpg


# by recipkoinhongkong | 2017-08-26 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 08月 25日

廣福邨街市


廣福邨という公共団地内にある廣福邨街市。ここは香港食物衛生管理署が管理している街市とは管轄が異なる私設街市。

小西灣街市のように、新しく『作られた感』がない、ナチュラルに団地の中の街市で生活に密着しているので、ちょうどたぶん14時ぐらいに訪れたので、午後のけだるい感じが出ている。
c0200671_14035167.jpg
廣福邨は結構大きく、街市も3階くらいまである。しかも一部が現在改修中のようで、お目当ての店を探すのも結構大変(エスカレーターが無い)。
c0200671_14035224.jpg
(すんごく暑くて日当たり部分を通るのに勇気がいる程)
c0200671_14494163.jpg

でも、こういう雰囲気、すごく好き。


# by recipkoinhongkong | 2017-08-25 18:00 | Market | Comments(0)
2017年 08月 24日

興發五金家庭用品@富善街・大埔

c0200671_16011817.jpg

日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★☆☆☆☆
香ばしさ度  ★★☆☆☆
お宝発見度 ★★☆☆☆


[地区] 香港
[エリア] 大埔
[住所] 新界大埔廣福村廣仁樓S3號地下

場所を廣福邨に移し、素敵なごみ屋探索はまだまだ続く。
c0200671_14035038.jpg
まずは、廣福邨街市入ってすぐのところにある興發五金家庭用品。
c0200671_13561695.jpg
c0200671_13561518.jpg
が、これと言って、特に萌え上がる品物には出会えず。
c0200671_14034926.jpg
ただ、瓦煲の種類が多くて、なんか写真撮りまくってた。
c0200671_14035022.jpg


# by recipkoinhongkong | 2017-08-24 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 08月 23日

香港では巴士に乗れ!  [ 71Kバス  大埔墟鐵路站 → 太和總站 ]


降りたバス停である大埔南盛街から、もう一度同じバスにのって、廣福邨へと向かう。
c0200671_13561384.jpg

この廣福邨にも街市があって、この中に素敵なごみ屋がある?
c0200671_13561430.jpg


# by recipkoinhongkong | 2017-08-23 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 08月 22日

順泰家庭用品@富善街・大埔

c0200671_15211600.jpg

日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★★★☆
香ばしさ度  ★★★★☆
お宝発見度 ★★★★☆


[地区] 香港
[エリア] 大埔
[住所] 新界大埔墟富善街67號地下

c0200671_13561102.jpg
富善街の素敵なごみ屋めぐり、最後は、順泰

前回もここは大好きだったけど、今回もほとんど変わること店頭のベビーバスと店内に安心する。

ここは、きちんと整頓されているんだけど、でも程よく雑然としてる、バランスがいい。

あまり整頓されたところは、探索する気持ちが削がれるが、この位の雑然とした感じだと、雑然としたところに中国制造ありという感じがして、探索意欲が上がる。

まずは陶瓷群からのチェック。

古いのがありそうで中途半端に新しいものが多い印象。ここも奥にストック部屋があったので覗いてみたけど、なかった。
c0200671_13561360.jpg
とおもいきや、集めている中國制造のひとつ四色花柄のボウルが見つかる。ひゃっほー!
c0200671_15004407.jpg
レンゲの棚もつまれているものの、お目当てはなかった。

こちらの棚は、豚の視線にひるんで、あまり探索しなかったところ。
c0200671_13561296.jpg
でも、テーブルのクロスがかわいい。

鍋のコーナーを見ると、前回来た時と全く変わってないように思えた。

前回の店の様子
http://recipkinhk.exblog.jp/21019198/

その中から、汕頭産のアルミの鍋をまた買う。同じヤツの16cmサイズを持っていてとても使いやすいのだが、今回は23cmを購入。丸鶏も茹でることができる頼もしいやつ。しかもめちゃくちゃ安くて36HKドル。ちなみに16cmサイズは北角の何蘇記で110HKドルで買った気がする(それでも安かった)。
c0200671_15004364.jpg
大好きな香港グリーンのメラミン樹脂ものがすっごい置いてある。あり過ぎて選べない位おいてあるので、今回も選べなかった。




# by recipkoinhongkong | 2017-08-22 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 08月 21日

華美家庭用品@富善街・大埔


c0200671_15153656.jpg

日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★☆☆☆
香ばしさ度  ★★★☆☆
お宝発見度 ★★☆☆☆


[地区] 香港
[エリア] 大埔
[住所] 新界大埔墟富善街36號地下

c0200671_13533332.jpg
店内とてもきれいに整頓されたお店。
c0200671_13533425.jpg
が、そういう所は、イマイチ萌えないため、やはりここも定点観測というか、チェックだけで終わる。
c0200671_13533497.jpg
メラミン樹脂モノの品ぞろえもよいんだけど、どうもいまいち手に取る決め手に欠けるのよね。
c0200671_13560999.jpg
でも、見やすいし、お店の人もいい感じ。



# by recipkoinhongkong | 2017-08-21 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 08月 20日

新聯什品店@富善街・大埔

c0200671_15065667.jpg

日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★★★☆
香ばしさ度  ★★★★☆
お宝発見度 ★★★★☆


[地区] 香港
[エリア] 大埔
[住所] 新界大埔墟富善街19號地下

c0200671_13532844.jpg
婆ちゃんと息子のオッチャンと、孫の兄ちゃんがやってる店(この日は)。

入口脇(レジの後ろ)に駱駝牌が並んでおり、この駱駝牌がまた古いタイプのでいい。上環のクソ朱榮記では非売品とか言われるものが、ここでは普通に売っており、しかも価格も優しい。
c0200671_13532994.jpg
向かい側の棚にも、駱駝牌ではなくても熱水瓶がおいてあり、ここはもしや鹿牌があるのではないか?という期待を持たせてくれる。
c0200671_13533035.jpg
奥に行くと、いい感じに陶瓷ごちゃごちゃしている。

残念、中国制造なものない・・・・あった!
c0200671_13533046.jpg
ほぼ新しいものばかりだけど、なぜか1枚だけ薔薇柄の中国制造があった。周辺も探索したけれど、とりあえず欲しいのはこの薔薇柄のみ。あと香港グリーンなメラミンの小皿も。

このさらに奥、見えているレンゲの山が発掘し甲斐があった。
c0200671_13533196.jpg
というのは、この画像では写ってないけれど、ちらりと映日紅花柄のレンゲが見つかる。

しかも、柄に穴が開いてない古いタイプ。すでに持ってるけれど、映日紅柄は見つけたらできる限り手に入れることにしてるので、何個あってもよい。

この棚にあるレンゲはゴムで一緒になっている文は10支○○元と値札が貼ってあり、これが、え!?というくらいお安い。
映日紅花柄のは一部ゴムが破損し、枚数が足りてないので探し出して一緒にまとめてゴムで結わきなおした。

お店の黒猫ニャー2匹。
c0200671_13533244.jpg
さて、この店のさらに奥、古い在庫置場になってる場所があり、モノ多すぎで踏み入れられないのだけど、そこをググッと体をそらしてみてみると、熱水瓶が転がっている。

あの色の感じ・・・・鹿っぽい。

とちょっとしたロッククライミングばりに、体を変な態勢に伸ばし掴み取ると、やけに軽い。

見てみると、やっぱり鹿牌。キタコレ!と中を開けると残念ながら魔法瓶自体は割れてしまったようでカラであった。

が!そんなことで買うのやめたりしませんよ!ガワだけでもいい、家にいらっしゃい!

ということで、出だし好調だったその流れのまま、この店でもうれしい発見。

買おう買おうと思いつつ、どう使おうか悩んでいたらいつの間にか見かけなくなりつつあった駱駝牌の飯盒。
c0200671_15004529.jpg
富善街価格の128HKドル。
c0200671_15004634.jpg
フィールドワークなので素敵なごみ屋巡りはしているけれど、今回は食材買い出しがメイン。ガチで見つかると困るなぁとか言いつつ、やっぱり見つかるとうれしい中国制造モノ。
c0200671_15004530.jpg
鹿牌のガワ。
c0200671_15004747.jpg
魔法瓶部分がないというだけで、他の部分はとても良い状態だった。
c0200671_15004868.jpg


# by recipkoinhongkong | 2017-08-20 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 08月 19日

萬雄家品公司@富善街・大埔


c0200671_11345763.jpg

日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★☆☆☆
香ばしさ度  ★☆☆☆☆
お宝発見度 ★☆☆☆☆


[地区] 香港
[エリア] 大埔
[住所] 新界大埔墟富善街7號地下山景閣

c0200671_17311176.jpg

とりあえず店内の確認のみ。

普通な品揃えで、特に欲しいものはなし。
c0200671_13532752.jpg
(ただし、この街全体にいえるけれど、駱駝牌は充実していて、価格もかわいらしい)


# by recipkoinhongkong | 2017-08-19 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 08月 18日

宏昇家庭用品@富善街・大埔

c0200671_11160608.jpg

日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★★★☆
香ばしさ度  ★★★☆☆
お宝発見度 ★★★☆☆


[地区] 香港
[エリア] 大埔
[住所] 新界大埔富善街6-14號地下


久々でウキウキする富善街。

前来た時は、この通り丸ごとザッとだったので、今回は丁寧に見ていきたい。

まずは、大埔南盛街巴士站を降りて、左にまがり安富道にはいって宏昇家庭用品
c0200671_17310622.jpg
ここは安富道に面しているといってもいいところなので、入りやすく、明るい店内。

置いてるのも、これぞ家庭用品というもの。

そんな中でも、初めて見たものもあり。これ、アルミのパンチング(良く言うと)のザル?ボウル?
c0200671_17310789.jpg
結構なごみ屋好きなので、いろいろ見てるけど、これは初めて見たわ。もちろん買う。
(2017年8月18日現在特に使ってない)

こういう形状のって鍋に入れてとかいうパターンが多いけど、これもそうかな。出すとき熱そうだけど。

メラミン箸もいろいろ。
c0200671_17310846.jpg
陶瓷類は、残念ながら心揺さぶられるものなし。
c0200671_17310923.jpg
ただし、茶壺でこれが売っていた。やや大きめだったので買わなかったけれど、今にして思えば買っておけばよかった。
c0200671_17310922.jpg
というのも、形が古き良き茶楼仕様だったから。持ち手の形といいかわいい。

さて、宏昇家庭用品での恒例のアレ。
c0200671_15004156.jpg
パンチのボウルとともに、紅Aの醋入れ、砂糖入れ。
c0200671_15004215.jpg
そして、目つきのおかしいパンダが書かれた楊枝も買った。



# by recipkoinhongkong | 2017-08-18 18:00 | Shopping | Comments(0)