「ほっ」と。キャンペーン
2017年 02月 25日

章利號@永安街・坪洲

c0200671_14155217.jpg

日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★★★★
香ばしさ度  ★★★★★
お宝発見度 ★★★★★ 

[地区] 坪洲
[エリア] 坪洲
[住所] 永安街69號B



先月、探索し残したものを探しに、ちょっと強引な行程だったけど来てしまった章利號

片付けたのか、だれか買う人がいたのか?いくつかなくなったものがあるから不思議です(でもないか)


この日は、爺ではなく、が店番。

物色していると、これは?あれは?と

ぜんぜん関係ないものを持ってくる

その度に、唔要ンイウンイウ返すのだが、全然懲りないところがいい。
c0200671_12563626.jpg
いくつかチョイスがおわり、前回も覗き込んだ奥のさらに奥をみると・・・・
c0200671_12563730.jpg

!!!!!

なんじゃここは!!
c0200671_12563957.jpg
煉瓦と石造りじゃないのよぅぅぅ!!!
c0200671_12563889.jpg
狭いと思っていたこの店、奥までずっと続いて、おそらく1本裏の通りが裏口に面している。

昔は、ここにもなにかいっぱい置かれていたのかもしれない。

坪洲に住むなら、ここに間借させてもらいたい!と思うくらい、ツボでツボでどうしようもない作りだった。
c0200671_12563793.jpg


# by recipkoinhongkong | 2017-02-25 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 02月 24日

超記瓷器@坪州

c0200671_12545389.jpg
そういえば、そもそも一番最初に、坪洲に行こうと思ったのはなんでだっけ?

と、よくよく思い出してみれば、超記瓷器という店に行きたかったからだった。前回、すっかりその場所を忘れていたけれど、今回、坪洲でATM(HSBC)によると、ちょっと行ったところに店がまだあった。

お金降ろした後、通り過ぎつつ、中を覗いたら、絵付け体験をしている人がいた。まだあった良かったなぁ。


# by recipkoinhongkong | 2017-02-24 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 02月 23日

生活物資運搬船

島嶼へ向かうフェリーは、現地の生活物資補給船も兼ねているから、一緒に食料品が載ってたりするのが楽しい。
c0200671_12534845.jpg
時には、工事用の資材も乗るから、当然といえば当然なんだけど・・・・


ドラム式洗濯機も運搬中だった。
c0200671_12534848.jpg
しかも、オッサン一人で、下の台車だけで運んでいた。


・・・・その台車ほしい・・・・

(と、この後言った場所で、同様のモノをみつけたが、よく考えたら日本のホームセンターでも売ってるし、パパンに自作させてもいいなと、買うのはやめておいた。確か90HKドル位だったように思う)



# by recipkoinhongkong | 2017-02-23 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 02月 22日

坪州へ

c0200671_12525809.jpg

早朝6:30に羽田空港を出発する便だったので、香港到着予定は11時ごろと踏んで、12時前ぎりぎりに中環につけるのでは!?と、相変わらず無茶な行程を組んでみた。

前回(先月)いった、坪洲にやっぱりもう一度行きたくて考えるが、フェリーの移動時間がネック。

あー、いっそあきらめるか!?いやしかし、明日を島行に使うのはもったいない気もする!

など悩んでいたが、結局、香港到着が予定よりも遅くなり、中環状到着が12時過ぎることが確定になった。

・・・・だが、次のでもいけないことはないぞ!

と、結局、12:15発のフェリーは無理だけど、13時発のフェリーなら余裕だ!と行くことにした。
c0200671_12525898.jpg
余裕だった割には、フェリー到着の10分ぐらい前に、フェリー乗り場へと付いた。
c0200671_12525980.jpg
こういうところに使われているフォントが、いちいちかわいい。
c0200671_12530003.jpg
まかれたロープの置き場所。素敵なごみ好きとしては、じろじろと見てしまう(そして、さりげなく「どうやったら持って帰れるか?」とか考えだしてるから怖い)

さ、搭乗です。
c0200671_12530103.jpg
香港ついたのに何も食べてなくて、おなかすいた・・・



# by recipkoinhongkong | 2017-02-22 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 02月 21日

AELのとってつけた電源

c0200671_12500766.jpg

エアポートエクスプレスに電源サービス始まったの、いつからなんだろ。

もともとそんなのつけてなかったので、取ってつけたかのように、いや、

とってつけたスマホ・PC用電源供給部分



# by recipkoinhongkong | 2017-02-21 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 02月 18日

福建日報 1995年8月1日版

今回は、タオバオッたモノを引き取りに香港へ行ったようなものですが、梱包を説いていると、それはそれはもう

なんか・・・ありがとうございます!

というような香ばしい新聞紙で包まれていた。

なかでも、これが特にすごい。

c0200671_11543441.jpg
福建日報 1995年8月1日版 (どんだけ物持ちいいのよ)

もしかしたら、人民日報あたりで梱包してくれてるかなーと期待してた。

元々の色なのか、20年以上たっているために紙が黄色くヤケたのか(たぶんもともと)わからないけれど、1995年のでくるまれているとは思ってなかったわ。

送り相手が日本人とわかっての、あえてのチョイスなのか、天然なのか微妙すぎてわからないが、私的には香ばしさが突き抜けていて、感謝感激だ。

8月1日といえば、そう、抗日民族統一戦線ですよ!
c0200671_11543597.jpg
しかも、60周年ということで、人民解放軍のみなさん、ごいすー!(なんでこのポーズなのかわからんけど)

c0200671_11543688.jpg

もうすべての記事が、抗日プンプンで、もう香ばしくて香ばしくて愛おしいです。

c0200671_11543656.jpg

当時の社会党が、中国共産党とズブズブだったのがよくわかる取り上げられ方(ま、今もズブズブだけど)。

c0200671_11543782.jpg

c0200671_11543869.jpg
このイラスト!もうなんなの!?なんでこんなにキッチュでかわいいのだ!?

ちくしょー!このイラストがはいったTシャツとか作りたいよ!

c0200671_11543902.jpg
フォントもたまらんです。
c0200671_11543965.jpg
がんばれ!抗日がんばれ!


と、もう新聞紙の紙質といい、印刷されている内容と言い、キッチュさ前回で、ありがたく私の妄想食堂で使わせてもらいますよっ!


# by recipkoinhongkong | 2017-02-18 18:00 | Goods | Comments(2)
2017年 02月 17日

香港國際機場北衛星客運廊


この時の帰国便は、18:10発。

直前までマックでのんびりしていて、そろそろ移動しましょうかね・・・・と搭乗口を確認。

珍しいことに、搭乗口508となっていて、

やっぱあれか、いくら本拠地といえども、LCCは沖止めかw

と笑っていた。

508って、いったことないなーと歩いていくと、シャトルでもなく、バスで行く北サテライトの搭乗口だった。

シャトルバス乗り場前には、旧正月前だったので、かわいい鶏。
c0200671_07482431.jpg

シャトルバスに乗り込み、出発。SQ(シンガポール航空)の飛行機をながめつつ、アッという間に到着。
c0200671_07482523.jpg
北サテライトは、めちゃくちゃキレイ。
c0200671_07482604.jpg
真ん中にスターバックスもあり、搭乗口22手前にある混雑したスタバに比べると、ゆったりのんびりできるつくり。

ここには、中華書局の本屋もある。

さて、そろそろ搭乗かなーという時間に、搭乗口にいってチケットを見せると、小姐が、


!!!!!

あなたの搭乗口は違う場所よ!

と、あわてて確認してくれて、急いで!!と言われる。


ええ、搭乗口間違っていました・・・・・

(北サテライトって、香港エアラインがメインで使ってるはずなのに、おかしいなぁとは思っていた)


# by recipkoinhongkong | 2017-02-17 18:00 | Flight | Comments(0)
2017年 02月 16日

McDonald's 麥當勞@香港國際機場

c0200671_07035925.jpg


出国手続きが済んだら、そのまま右方向にあるフードコートへ。

いろいろ並んでいるけれど、下午茶したいから絶対マクドナルド

香港のマクドナルドで食べるものは、ほぼ決まっていて、チキンナゲットフライドポテト

フライドポテトに関しては、マクドナルドのポテトが至上と思っているが、香港のマックは日本のようにサイズよりもやや多い?とうれしくなるほど突っ込んでくれずに、たとえLでもSぐらいしか入ってないだろ!ゴルァ!と住んでいた時からずっと文句のツイートしていた程、ガバガバな量なのが残念だけど・・・・

(しかもフニャっていること多し)

が、それでもポテト好きなので、頼んでしまうわけですが、相棒はやっぱりチキンナゲット。

日本で食べるならマスタードソース一択だし、香港でもそうだったけれど、スイートサワーソースが香港でも選べるようになっていた(というより、選ぶ以前にすでに置かれている)

一人でシンセンに行くようになって、小腹がすくとマックに行ってた(何せ味が安定しているから)。そこでももちろん、ポテトとチキンナゲット(小腹なのか?)を頼んでいたが、中国のマックでは、ナゲットのソースにプラムソースなるものがあり、初めて食べたのはマスタードを頼んだらプラムソースがついてきた事故のおかげだった。

このプラムソース。いわゆる蘇梅醤みたいなもので、梅(プラム)というか見た目アプリコットジャムみたいな甘くてほんのり酸味のあるソース。
c0200671_07040005.jpg
これが、ナゲットにぴったりで、中国のマックずるい!と思うくらいお気に入りだった。

その頃は、まだ香港のマックではこのソースが選べなかった(と思う)。シンセン行く楽しみの一つだった位お気に入りだったソースなのです。

それが気が付けば香港でも選べるようになってて、うれしい。9個入りは2つ付いてくるので、1つ使って1つパクってきた。
(ただし、味は、私が当時食べていた中国マックのものと少し違うように思う。)

最後に、下午茶の主役といえば、紅茶

暑いかったので、凍檸茶にしたいところだけど、マックにはないもんなぁ・・・・

と思っていたら、

新鮮檸檬 凍檸茶!

と書かれているではないか!

こ!これは一時でていた、ちゃんと檸檬が入っているやつだ!

3HKドル追加して、凍檸茶へ変更。

輪切りの檸檬が3枚入った紅茶と、別添えでガムシロップがついてくるタイプ。

このガムシロップが、日本で見かける量の倍量位あるが、

凍檸茶のおいしさはガムシロップの量のバランスにあり!

と、それまで当たり前のように飲んでいた凍檸茶を、れ記茶餐廳で出すようになって、痛感したので、マックのこのガムシロップの量に感心。

カップを開けて、ガムシロップを入れつつ、レモンをガシガシすると、その辺の茶餐廳で飲むのと変わらない位、おいしい凍檸茶なのです。



# by recipkoinhongkong | 2017-02-16 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 02月 15日

香港では巴士に乗れ!  [ A43バス 聯和墟總站 → 機場(地面運輸中心) ]


九龍でインタウンチェックインしてから、上水へと行ったので、空港へはA43に乗り込んで向かう。
c0200671_07020561.jpg
上水から、粉嶺公路にまず入るルート。

元朗からは青朗公路にはいり、青馬大橋を通っていく。
c0200671_07020649.jpg
ちょうど1時間で着いたので、実は紅磡から機場へ行くのと変わらない位の時間。
c0200671_07020615.jpg
しかも、バスは出発階につくので、降りたらそのまま出発ゲートへ行けるというのも便利。



# by recipkoinhongkong | 2017-02-15 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 02月 14日

何俊記燒臘店@石湖墟街市熟食中心・上水


お腹が空いた状態で、昼食(朝食でも夕食でも)に行ってはいけない。

なぜなら、迷うだけだから。

明確にあれが食べたい!という意思を持たずに、熟食へ足を踏み入れると大変なことになる。

経験から言えば(偉そうに)、こういう時は、目移りして迷って、結局いまいちなものを選びがち。

この日もとりあえず熟食に行こうと、大好きな石湖墟街市の熟食中心に行ってみた。
c0200671_07004082.jpg
いろいろ見れば見るほど、目移りするが、燒臘だ!と決めていたので、人が多く入ってそうな店にあたりをつける。

というか、昼食の時間だったのでどの店もいっぱいだったから、人が多く入ってそうという判断はできなかったけど・・・・
c0200671_07004164.jpg
座ったテーブルにすでにいた兄ちゃんたちの食べているのがおいしそうで、同じものに。それは、お碗か、プレートにごはんが盛られて、好きな燒臘を2品選ぶもの。
c0200671_07004014.jpg
ここはやはり・・・

叉焼 と 切鶏

油鶏 と 燒肉


でしょう!!!

例湯つき。
c0200671_07004240.jpg

叉焼と切鶏
c0200671_07004278.jpg
碗で頼んだので、お碗にごはんが盛られて、茹でキャベツが載っている。

その上に、切鶏と叉焼。切鶏なのでもちろん蔥油つき。この蔥油がとても美味しかった。

もう一つの油鶏と燒肉
c0200671_07004350.jpg
同じく碗で頼んだので、お碗にごはんが盛られて、こちらは奈良漬みたいな色をした甘めの漬物とキャベツ。この甘めの漬物がすごく美味しくて、何の漬物だったのか聞いてこなかったのを後悔している。

特別じゃないんだけど、普通においしい燒臘だった。

普通においしいからすごい。



# by recipkoinhongkong | 2017-02-14 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 02月 13日

石湖墟超級市場(家庭用品)@新勤街・上水

c0200671_15592536.jpg


日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★☆☆☆
香ばしさ度  ★★★☆☆
お宝発見度 ★★☆☆☆ 

[地区] 新界
[エリア] 上水
[住所] 新勤街20號地下


新勤街はちょっと怪しい通りでわくわくする。

その怪しい通りの途中にある素敵なごみ・・・じゃなかった日用品店。
c0200671_06580102.jpg
以前ふらっと入った時、そこまで素敵なごみ探索をしてなかったので(?)、そういえばあそこの店!と、今回は上水に来なくては!の理由となった店だ。
c0200671_06580292.jpg
超級市場(家庭用品)となっているとおり、普通のごみや・・・じゃなかった日用品店よりもごちゃごちゃ感が少なくて、どちらかというと文記や萬豊の雰囲気。

c0200671_06580365.jpg
このエリアは、文記家庭用品もあるので、私はそちらをみてしまうのだが、この店は、文記よりもやや北にあるせいか(130mくらい)、大陸のセンスが押し寄せてきてる。
c0200671_06580375.jpg
中国制造大好きな私ですが、最近のモノは何かが違う・・・・



# by recipkoinhongkong | 2017-02-13 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 02月 12日

欧永源@新勤街・上水

c0200671_15481330.jpg

日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★☆☆☆
香ばしさ度  ★★★★☆
お宝発見度 ★★★★☆ 

[地区] 新界
[エリア] 上水
[住所] 新勤街

c0200671_06563086.jpg
上水、新勤街への入口にある素敵なごみ屋。

ここは本当に狭くて、中にもものがぎゅうぎゅうで入って探索できない悔しいみせ。

多分、おじさんに「●●ほしいんだけど」というと、取ってくれるシステムなんじゃないかと思うくらい、ものがあふれていて何があるかわからない(しかも暗い)。

でも、絶対にありそうな予感の店。
c0200671_06563000.jpg


# by recipkoinhongkong | 2017-02-12 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 02月 11日

上水、新勤街



街とついてるが、車の通れない、道幅1.5m程度の通り。
c0200671_06591518.jpg
大体上に、帆布がかぶさってたり、いつ行っても鬱蒼として、香ばしくて面白い。
c0200671_06591577.jpg


# by recipkoinhongkong | 2017-02-11 18:00 | Street | Comments(0)
2017年 02月 10日

益記號@正街・西營盤



日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★★★★
香ばしさ度  ★★★★★
お宝発見度 ★★★★★ 

[地区] 香港島
[エリア] 西營盤
[住所] 正街44號 正街街市


定番の場所チェックに、荷李活道~皇后大道西を経て、正街へ。

鄺林記のチェックするために、正街にむかったが、ふと、珍しく正街街市内を見てみようという気になった。特に正街街市に用がなく、どちらかといえば西營盤街市で買い物してるほうが多かったのに。

今思えば、これは、

素敵なごみの神様(どんな?)が呼んでくれたのではないか?

とも思える。

まぁ、よくよく思い出してみたら、正街の坂を数メートル上るのが嫌で、街市に入ってエスカレーター使おうと思っただけでした・・・・

エスカレーターを上って、フロアを見渡すと、アマさん斡旋だったり、下着屋だったりしかないのだが、ふと視線を右奥に向けると、赤いものがちらり・・・

あれ、バケツじゃないか?

バケツがあるということは、素敵なごみ屋(候補)があるということ。

そういえば、前来た時、昼時で閉まっていて見なかった店があったような・・・

と向かってみた。
c0200671_09003860.jpg

街市規格の一間間口な店舗に、モノが沢山ぶら下がってるのは、素敵なごみ屋の証。

しかも、店頭にわかりやすくお目当ての器たちが乗っかり放題乗っかっている。

まぁ、とか言っても、最近のものばっかなんじゃないのー?

と期待しつつも、疑いの目で店のおばちゃん(というにはキレイ目)が出てくるのをまって、中まで入っていったら・・・

ある!ここは絶対に何かある!

という、在庫管理がされていなさそうな(褒めてる)、宝の山を目の前にした感覚が湧き上がる。

こうなると、とりあえず怪しそうなところから、引っ張り出しては戻し、引っ張り出しては戻しと、おばちゃんに「なんでそんなところから・・・」という視線をうけつつ、発掘作業開始。

しかし、この店、狭い店に、荷李活道の協和號や、すぐそばの鄺林記くらいの商品が詰まってるんじゃないかと思うぎゅうぎゅうさで、この私をもってしてもなかなか進めない。

私も、まさかこんなところで発掘作業できると思ってなかったので、後の予定もあるしなーと適当なところで手を打つことにした。

それでも、これまで一度もどんな媒体でも見たことがなかった中国制造な新柄が見つかったりして、大興奮。



では、正街の益記號での恒例のアレ、行きたいと思います。

まずは、坪洲の章利號で見つけたソーサーに似た柄のお碗(よく見ると違うんだけど)。1つしか発掘できなかったけど、まだあるんじゃないかとニラんでいる。

c0200671_09004171.jpg
ランタンの中にダブルハピネスが、蓮のような花の額に萬壽無彊の文字。縁の周りには2種のダブルハピネス。バックスタンプは、定番なひし形の中に、カップのマークと中国制造 MADE IN CHINA 入り。

店頭の小皿の山からは、大好きな小薔薇柄を。
c0200671_09004230.jpg
少し縁が欠けているが、欠けいるからこそ家にいらっしゃい!という気になる。

c0200671_09004308.jpg
同じく、店頭のテーブルの下に置かれていた、レンゲがたくさんはいった籠から見つけたのは、小藍花柄の小さなレンゲ。レンゲは、柄の部分に穴が開いてないものが古いもの(だと誰かに言われたのだか、何かで読んだのか?を信じて)しか欲しくないので、ザッとみたら、この小さな小さなレンゲがあった。

そして、この店で初めて見た、ツバメエイ(違っ)
c0200671_09004102.jpg
c0200671_09003998.jpg


c0200671_09004041.jpg
c0200671_09003811.jpg
STのモノと、汕頭で作られた3種類の碗が見つかり、汕頭のものと絵柄が一番近いバックスタンプが中国制造となった小皿が見つかった。

年代的には、バックスタンプから、

中国制造≒汕頭>>>>ST

と思う(このSTもSTでは古めの記載方法だけど)

絵柄を見ても、中国制造と汕頭はツバメの柄とその下の絵柄がきちんとしているが、STは、絵柄パックったけど細かい所はいいから、もう抜きとベタ塗りでいこーぜという感じ(笑)

ちなみに、ツバメは、尾が二股になってるのでツバメに間違いないと思うけど、その下の柄が、私にはエイに見えてしょうがない・・・・なんだろ、この柄。

そして、お約束の手條。これだけ全部で40HKドル。
c0200671_09430520.jpg


ということで、たぶん、今日の今ごろは、この店で本格発掘した結果が出ているはず



# by recipkoinhongkong | 2017-02-10 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 02月 09日

上水新康街から巡撫街


大陸にもっとも近い普通の駅である上水。

香港的には辺境の地であるにもかかわらず、羅湖のイミグレーションから一駅ということもあり、イナゴ襲来というまさかの需要に、元朗よりも活気がある。

上水の駅前は、上水廣場は今っぽいけれど、その裏側に行くと、大陸っぽさが出てくる。

イナゴたちの集う通りの一つ、新康街。ほとんど薬局ばかりなんだけど、いるいる大陸からの買い出し部隊。
c0200671_06542419.jpg
買い出し部隊はさておき(人のこと言えん)、歩行者天国状態になっている新康街。
c0200671_06542504.jpg
ここから巡撫街をとおって、新成路。香ばしい感じー。遠くに見えるのは、石湖楼か。この通りの茶餐廳も懐かしい感じでよい。混んでいては入れなかったのが残念!
c0200671_06542446.jpg


# by recipkoinhongkong | 2017-02-09 18:00 | Street | Comments(0)
2017年 02月 08日

香港では巴士に乗れ!  [ 978バス 灣仔北總站 → 華明 ]


今回、帰りのフライトが18時なので、ほぼ一日使えるといっていい。

朝、九龍站のインタウンチェックインで荷物を預け、さて、どこにいこうか?と計画してた時に、


そうだ!上水行きたいわ!


上水は、石湖墟街市があるから、時々行きたくなる。

いくつか調査しなくてはいけない部分も残してたし。


紅磡から上水にいくなら、東鐡使ってくださいねとグーグルさんに言われるところだが(使わんけど)、九龍站あたりにいるなら?

もちろんバス!

九龍站のあるICC脇には、香港三大海底トンネルの西の雄(?)西區海底隧道の巴士站がある!

紅磡からの海底隧道、東區海底隧道に比べると、西區は通行料が高いから交通量が少ないとまことしやかに噂されている道だが、確かに海底隧道の阿鼻叫喚の混雑具合と比べると、いつも空いているイメージ。

西區海底隧道の巴士站をチェックしてみると、あるある、上水方面行。

タクシーや車が九龍站のインタウンチェックインに行くときに下してくれる場所から、西區海底隧道の巴士站がちらっと見えるので、そちら方面へと歩く。

いったん、雅翔道へでて、横断歩道を渡ると、西區海底隧道への道に上がる階段。

上水方面にいくなら道路の反対側なので、いったん隧道側へ向かうと、行人天橋があるのでそれを渡る。
c0200671_06513280.jpg
ここからの眺めはちょっと爽快。

この海の景色も、海(灣)といえば夜景!な香港からすると、ちょっと珍しい普通の海な感じ。
c0200671_06513203.jpg
少し待ったけど、978の粉嶺(華明)がやってきた。
c0200671_06513352.jpg
ここを出発すると、大好きなHITの脇をとおり、青衣を通り過ぎたら、一気に大欖隧道へ。


# by recipkoinhongkong | 2017-02-08 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 02月 05日

生記粥店@差館里・紅磡


ド住宅街である紅磡なので、こういったお粥やは、ほかのエリアに負けずにいろいろお店がある。

以前、まだ住んでいた頃に、同じ紅磡住まいの方にいろいろ伺ってみると、特定の1軒ではなく、平均的にどの店も名前が上がっていた。

大体、どこも美味しいから、歩いているルート上の店に入ればいいかなと思っている。

この日も、紅磡街市に買い物行くついでに、上の熟食で食べようかと思って出かけたが、あそこでお粥食べよう!と思い立った。

差館里をはさんで反対側には、叉焼や焼肉、鼓油鶏などが売ってるロースト屋さんや、肉屋、パン屋さん、餃子の皮や乾麺を買っている張榮記とともに、粥屋もある。
c0200671_09070558.jpg
生記粥店は、上環にある上記と関係あるのかどうか知らないけど、いつ行っても人が入ってて(かといって満席なわけではない)、店員さんも多くて活気がある。

店頭には、粥屋さんらしく、油炸鬼と呼ばれる油条や、油器と書かれているサーターアンダーギーや揚げドーナツに似た味のデッカイやつ、紅腐乳が練りこまれたの、豆漿が置かれている。

入口脇には、炒麺や、炒米粉などを作るブース、反対側にはお粥を作るブースと、典型的な粥やの様式となっていて、お粥を食べようと入る間に、目の前に炒麺などを見せつけられて、結局座ると頼んでしまう。

案の定、今日は、炒干河を頼んでしまった。
c0200671_09070355.jpg
味は焼うどんのそれで、小皿にこんもりと盛られた量がちょうどよい。

肝心のお粥は、魚腩及第粥(だったかな)
c0200671_09070472.jpg
魚のアラ(とはちょっと違うか。)と臓物入り。おいしかったけど、やっぱり皮蛋痩肉のほうが好き。

本当は、白粥に油炸鬼という大人な組み合わせがしたい。

そして、油器が美味しいので是非とも食べたいのだが、超高カロリーなので、ひるんで食べれないというチキンさ。

[お店の場所]
生記粥店
紅磡差館里3號


# by recipkoinhongkong | 2017-02-05 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 02月 04日

328美食@明安街・紅磡



お隣の上海飽餃店で小龍包と豆漿を食べたというのに、買い物済ませてまたこの通りを歩いてしまったら、目についてしまった小食系。
c0200671_09055956.jpg
いつもは、こういったのを食べないのだけど(単に、茶餐廳へ行ってしまうからという理由)、今回は、妙に惹かれるものがあり、店先でじぃぃ~と眺めていた。

店先にある、鶏もも揚げ(炸雞髀)と、ポテトフライ(薯條)おいしそうでおいしそうで、えい!と頼んでみた。

注文を受けてから、お店のおばちゃんが、鶏とポテトフライを再度油で揚げて、カリカリにしてくれる。

そして、油から引き上げると、再度ステンレスパンに漏勺ごと置いて、

塩をドバーーー!

と、掛けてくれる。サラサラの食卓塩だから、それはそれは、思わずヒィッ!と声が出てしまいそうなほどかけてくれる。

あとは、紙袋にいれてくれるので、さらにビニール袋に入れてもらい、ホテルで食べることに。
c0200671_09060087.jpg
ポテトも鶏もももカリカリでおいしいけれど、とにかく塩味が強い。

ただ、強い塩味ながらも、肉を齧った時に、ほんのりと甘さをもった肉汁がジュワッと出てきてたまらない。

骨付き肉のいいところである旨味もしっかり出ていて、そんな高い肉を使ってるとは思えないのに、ヘタなから揚げ店よりも美味しい。

鶏もも揚げは、我が家でも塩をきつめにしたほうが旨いとなっているので、唇の周りをひりひりさせながら、結局ペロリと食べてしまった。


この美味しい炸雞髀と薯條は、れ記茶餐廳でも提供したくて、再現しています。


# by recipkoinhongkong | 2017-02-04 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 02月 03日

上海飽餃店@明安街・紅磡


いつもは大体5時ぐらいに開いていた記憶があったので、前回早朝に紅磡に行ったときに開いてなかったが心配だった上海飽餃店。

今回は普通に夕方に行ったので、開いてた。よかった・・・・
c0200671_09052130.jpg
ちょうど小腹がすいてたので(?)、いつものように豆漿と小龍包を頼む。
c0200671_09052295.jpg
グルマン的美味しさとは関係なく、小龍包食べたい!となったらこの上海飽餃店を思い出すし、豆漿もここの味が基準。

食べている間にも、調理ブースの下から、ふわんふわんの麺種を取り出して、伸ばして葱餅を焼いていた。



# by recipkoinhongkong | 2017-02-03 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 02月 02日

五金陳@紅磡街市


紅磡街市1楼(2階)にある、刃物の店、五金陳
c0200671_09043338.jpg
家庭用品店では、なかなか見ることがない張小泉のハサミが、それはズラッと並んでいる。

珍しいのが鉄なのか鋼なのかステンレス以外のもあること。

このハサミが、これまた美しくて、ハサミは家にたくさんあるのにほしくなってしまう。

五金陳は、刃物関係と挟むもの(トング)などがメイン。包丁も少し置いてあるし、ステンレスの蒸架や、大陸袋もある。

とにかく開
c0200671_18110119.jpg
いている時間にいったら、用もないのにこの店の前を通って、見てきてしまうくらい、飽きない店。

この日は、はさみと、トング(画像なし)をかった。どちらも13ドル。
c0200671_09043352.jpg


# by recipkoinhongkong | 2017-02-02 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 02月 01日

紅磡街市の家庭用品店@紅磡


日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★★★☆
香ばしさ度  ★★★☆☆
お宝発見度 ★★☆☆☆ 

[地区] 香港
[エリア] 紅磡
[住所] 馬頭圍道11號 紅磡街市


c0200671_09034559.jpg
紅磡街市1楼(2階)にある日用品店。

ちょくちょく覗いてるけれど、今回は好みの器があるのか、改めて見に行ってみた。
c0200671_06572827.jpg
写真の撮り方が悪くて、店名がわからない典型・・・・
c0200671_09034510.jpg
残念ながら、古い中国制造ものは見つけられず。
c0200671_09034619.jpg


# by recipkoinhongkong | 2017-02-01 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 01月 31日

れ記茶餐廳 ~ 飯麺 ・ 叉燒三蛋飯 ~

c0200671_21142992.jpg
帰りの空港で、搭乗口を間違えたおかげで手に入れた、香港人情味小吃
c0200671_21160650.jpg
ここに、上環にある孖沙茶餐廳叉燒三蛋飯が載っていた。
c0200671_21160744.jpg
どこからどう見ても、これはまずいわけないじゃないか!という、ごはんに叉焼を盛って、目玉焼きを3つ。

香港茶餐廳料理研究家としては、(ここで食べたことないけど)これを再現せずして、香港茶餐廳料理研究家を名乗るなかれ!(いや、そもそも勝手に名乗ってるだけだけど)

叉焼は、れ記茶餐廳の自信作であるレシピがある。
c0200671_21143376.jpg
先日いった香港。石湖墟街市の上にある熟食の焼臘店で食べた時に、焼臘とごはんの脇に、漬物(アルコールっぽくない奈良漬みたいな、甘めのカリカリしたおいしいやつ)がとても素敵だったので取り入れたい。

そうだ!台湾鉄道の弁当でも、豚肉の下のご飯には、刻んだ沢庵が載っていたぞ!

と、さっそく両者のいい所どりをし、今回は甘めでチープな感じのつぼ漬け(安ければ安いほどそれっぽい)を使うことにした。

叉焼を焼いて、ごはんも炊いて、つぼ漬けも千切りにしてセット完了。

あとは、この料理のメインである目玉焼きを焼くだけ。

画像から、黄身はもちろん、白身も完全に固まらせず、ご飯の上にのせたなら、重力でダラーンとなる程度に仕上げなくてはならない。

正直、幼いころから自分で作る目玉焼きは、蒸し焼き派で、茶餐廳で出すのは蒸さないカリカリ焼きタイプなので、作るのが結構ハードル高かったりする(つい蓋して蒸しちゃう)

心を鬼にして、フライパンをカンカンに熱くし、油を少しいれてからさらに煙がでるかでないか!?まで熱くし、そこに卵を落として、淵がカリッと焼けてきたところで、黄身や白身の日の通り具合など気にせずに、サッ!と用意しておいた、ごはんと叉焼の上にのせる。

あとは、鼓油をかけて召し上がれ。

叉焼じゃなくても、スパムでもペーコンでも、ソーセージでもなんでもいいのです。

間違いなくおいしいから。



c0200671_21143093.jpg



[材料]
叉焼の作り方はここを参照ください

好みの甘めの沢庵とか漬物

卵 3個

ご飯(タイ米・1合くらい)


 
[作り方]
1 叉焼を焼き、好みの厚さにきる。
2 沢庵は千切りにしておく。
3 皿にご飯を盛り、半分くらいの範囲に沢庵をちらし、その上に1の叉焼を乗せる(A~C)。
4 フライパンを熱し、油を少しいれて広げて、煙が出そうなくらい熱くしたところで、卵をいれ目玉焼きを作る。
5 ふちがカリカリになり、白身の5割程度が白くなったところで取り出し、3の皿の叉焼の上に載せれば出来上がり。
(A)
c0200671_21143353.jpg



(B)
c0200671_21143256.jpg


(C)
c0200671_21143112.jpg



# by recipkoinhongkong | 2017-01-31 18:00 | れ記茶餐廳 | Comments(0)
2017年 01月 30日

天祐號日用什品零沽批發@濱海街・鰂魚涌


c0200671_09482829.jpg

日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★★★★
香ばしさ度  ★★★★☆
お宝発見度 ★★★★☆ 

[地区] 香港
[エリア] 鰂魚涌
[住所] 濱海街30號地下



前回もいった鰂魚涌の濱海街にある、天祐號へまたいってしまった。

前回買うのをやめたものをいくつか・・・・と思ったら、ここもなんだか整理されてしまっていた。(お正月前だから?)

今回はタオバオッたモノを取りに来たので、あまり大物は買えないし・・・とあきらめ、小皿とレンゲなど物色。

今回の天祐號での恒例のアレ、いきます。

坪洲で4色花柄の湯皿が見つかってホクホクだったが、ここでは同じ柄のレンゲが見つかった。
c0200671_09012815.jpg
一つは、柄オチしているという、かわいさ。

あとは私の中で外賣用箸が気になる存在だったので、いろいろみてたが、パンダ柄があったので手に入れた。
c0200671_09012869.jpg
尻のラインがプリチーなパンダ柄。笹の絵もかわいい。



# by recipkoinhongkong | 2017-01-30 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 01月 29日

香港では巴士に乗れ!  [ 10バス 堅尼地城 → 北角碼頭]


正街での発掘調査が中途半端ななりに成果もでたところで、移動開始。

目的地は、鰂魚涌
c0200671_11151849.jpg
まずは、德輔道西まで下りて、10バスにのり、北角のちょっと手前にある七海商業中心のバス停で一度降りてから、116に乗り換える。

116に乗り換えたら、終点まで行ってしまおう。


# by recipkoinhongkong | 2017-01-29 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 01月 28日

新年快楽

c0200671_09023121.jpg
恭 賀 發 財
萬 事 如 意
身 體 健 康


# by recipkoinhongkong | 2017-01-28 01:00 | Goods | Comments(0)
2017年 01月 27日

華樂冰室@東街・上環



皇后大道中から、西に代わる直前の上環文娛中心で降りる。

ここで降りたら、東街の階段と坂を上っていき、荷李活道まででて、協和號へ。

前回もややニオッていたが、今回さらに洒落っ気が出てきた協和號。

つまらなくなってるじゃないかーーー!

と暴れたい気持ちを抑えて、店内を一応チェック。

思わず樂古道の坂道を下ってしまったので、もう一度グルッと回って東街の階段へ。

源興でスパイスを少し調達。

お客さんの連れていたシェパード、足が大きい!のに、とてもおとなしくてよい子。ほぼ夏日のようなこの日だったので、早く帰りたい・・・という顔が印象的。
c0200671_09021289.jpg
スパイスかったら、向かい側にある華樂冰室へ。

私にとっては香港のホーム茶餐廳といっていい場所だから、入るとホッとする。

この日も、命の水、凍檸茶
c0200671_09021296.jpg
と、1時間前に昼ご飯を食べたはずなのに、お昼何食べよう・・・とか考えながら小腹埋めるように頼んだ奶油多
c0200671_09021301.jpg
一息ついた後で、東街の階段を下りて、そのまま兆和貿易有限公司へもいったけど、なにも欲し物やウハッ!となるものがなかった・・・・



# by recipkoinhongkong | 2017-01-27 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 01月 26日

香港では巴士に乗れ!  [ 7バス 中環碼頭 → 石排灣 ]


長洲からのフェリーは、セントラルフェリーピア(中環碼頭)のいくつかあるピアの中で5號に着く。

船を降りて碼頭を出れば、IFCのビルとバスターミナルがみえ、その先にあるのがバス停。

中環碼頭のバス乗り場はいくつかあるが、一番大きな中環7號碼頭巴士総站から、バスに乗ることにする。
c0200671_09012084.jpg
目的地は、しかも上環だから、歩いても大した距離じゃないけど・・・

いくつかある路線で、早く来たほうに乗るつもりだったので、この日は、7バス 石排灣行き。
c0200671_09012115.jpg
茶をしばきたかったので、上環文娛中心で降りる。



# by recipkoinhongkong | 2017-01-26 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 01月 25日

新渡輪 長洲~中環(五號碼頭)


適当に行動しているようで、(できれば)事前に予定してた通りきっちり無駄なく行動したいので、フェリーの時間を考えてごはんも食べ終わり、10分前には長洲碼頭へ(やることなかったという噂もある)
c0200671_08595471.jpg
ここからは、普通に中環行きのフェリーにのり、しばし熟睡タイム。

この時乗ったのは、タイムテーブルでは高速船ではなく普通船だったはずなんだけど、高速船だった?
c0200671_08595518.jpg
セントラルフェリーピア 中環碼頭に到着。

午前中に離島での調査を終えて、午後には香港島へ戻ってきたかったので予定通り。1時間眠れて自身の充電もできたので、ここからまだまだいくぞー!


# by recipkoinhongkong | 2017-01-25 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 01月 24日

永佳茶檔@海傍街・長洲



3時間くらい前に朝食を食べたような気がするが、ヒトはなんと燃費の悪い生き物なのだろうか。

大きなシートが掛かったいかにも大排檔!という雰囲気の長洲熟食市場

海側ではなく、裏側に回って、適当な店で昼食。
c0200671_08590644.jpg
人もそこそこいて、オープンではないオープンエアな雰囲気が気持ちよくて、この永佳茶檔にしてみた。

命の水、凍檸茶。
c0200671_08590722.jpg
そして、頼んだのは鮮茄豬扒飯
c0200671_08590730.jpg

来た時のこのビジュアルでは、これは!!!というおいしそうさ
c0200671_08590846.jpg
が、明らかに砂糖が多すぎで、砂糖をもう半分減らしてくれたらすごい美味しいのになぁと、残念に思いながらも食べた。

肉とか、トマトの感じとか、とってもよかったのに。甘すぎ・・・・








[お店の場所]
永佳茶檔
長洲海傍街熟食中心14號


# by recipkoinhongkong | 2017-01-24 18:00 | Eat | Comments(2)
2017年 01月 23日

長洲 そぞろ歩き②


長洲では、素敵なごみは発見できなかったが、通りには、時々ドキッ!とするほど、素敵な(私的に)建物がある。

苔むしたグサグサ(腐腐)した壁に弱いので、こういう家並みはたまらん。
c0200671_08581994.jpg
ガラスとかなくなっちゃってるのに、どうやら人が住んでいるっぽい家。たまらん。
c0200671_08582019.jpg
窓枠の色と、壁の色が、もうたまらん。
c0200671_08582168.jpg
入り口わきのタイルハリが、たまらん!なんなの!?もう!
c0200671_08582109.jpg
どうでもいい話だが、れ記茶餐廳を開店する暁には、絶対にこのパタパタ敷き鉄扉をオーダーしようと思っている。

壁に書かれた永利茶餐廳という文字の不揃いさが、他人とは思えないのがたまらん。
c0200671_08582201.jpg


# by recipkoinhongkong | 2017-01-23 18:00 | Street | Comments(0)