人気ブログランキング |

菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 25日

科記咖啡餐室@太平山街・上環

午後3時から4時くらいに、香港の街中にいるとしたら何をするか?

そりゃー、もちろん下午茶をするでしょ。

ホテルにチェックインを済ませて、身軽になって街に出る。この日は荷李活道のアンティークショップを回ろうと思っていたので特別に急ぐ必要もない。

皇后街を通り過ぎて、荷李活道へ入り、いつものように坂道を上る。

このあたりで下午茶をするとなると、興記咖啡室、華樂冰室、科記咖啡餐室の3択。今いるところから最も近いのが科記咖啡餐室。この頃行ってないから科記咖啡餐室に行ってみよう。

荷李活公園前の角をまがり太平山街へ入る。百姓廟を向かいにみるとことに、科記咖啡餐室がある。
c0200671_12513427.jpg


入り口にはいつも猫。猫ってなんで腕をチョコンと揃えて座るんだろう。
c0200671_12513847.jpg


なんだかいつも座ってしまう入り口すぐの席。入り口左手には大きなガラスケースの冷蔵庫、その前にあるテーブルの上には、茶餐廳なポットと、エバミルクの缶、上にはレモンが入ったグラス。
c0200671_12514143.jpg

美しい茶餐廳の風景にうっとりしながら、出来上がりを待つ。

5月にもかかわらず、サウナの中を歩いている様な陽気のこんな日に飲むお茶は、凍檸茶でしょう。
c0200671_12514319.jpg

しまったー!少甜でお願いすればよかったーと思うほど、シロップ厚1cm。

が、不思議なことに、レモンをガシガシして飲むと程よかったりするのである。

そしてもう一つ待つのはこの店の売りの一つ厚多士。もちろんコンデンスミルクをかけてもらった奶油厚多士だ。
c0200671_12514664.jpg

4枚切りまではいかない5枚切りくらいの厚さ、一口かむとシャクッ!という香ばしさと焼き加減、アツアツの上に塗ったバターもしっかり溶けていて、コンデンスミルクとの混ざったところのムラが美味しくてあきない。

どこの店で奶油多を食べても幸せなのだが、この時は鼻に抜ける焼けた小麦のいい香りが本当に幸せ。





[お店の場所]
科記咖啡餐室
上環蘇豪荷李活道200號J-K舖

by recipkoinhongkong | 2014-05-25 18:00 | Eat | Comments(2)
Commented by hongkonggaffe at 2014-05-30 21:02
科記って、香港の店らしくなく、開店時間7時きっかりに店を開けます。
掃除をひととおり終えると、朝担当のお兄ちゃんが店の奥からこのネコを外のケージに出しますが、12月に行ったときには、2匹目はまだ子猫でした。大きくなっちゃった。
いつかチャンスがあったら大きい方の猫の名前を聞いて来てください。(笑)
前回尋ねた時は「マーウーだ!」と言われましたが、廣東語で「猫=マウ」だそうで。「猫だ!」と言われたのか「名前はマウじゃなくてあくまでもマーウーだ!」と言われたのか、不明のままなんです。英語で「名前はなんていうの?」って尋ねたんですけど。。。
Commented by recipkoinhongkong at 2014-06-03 16:42
>> こえださん
香港人ですねぇ。

犬の名前が「がう」だったりとか意外と適当なんで、やっぱり「まう」なんじゃないでしょうかねぇ。2匹いるけれど(笑)


<< 今日何作る!?(2014年5月...      香港なモノ、香港のモノ 八達通... >>