菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 02日

<香港老字型陶瓷>  蘭海棠花平皿

c0200671_06514901.jpg

[柄] 双青花。蘭海棠花柄。印判とプリントだと思うがもしかしたら一部手書き。

[形] 碟(プレート)

[底款] 印判。LILING・CHINA 群力制造
c0200671_06515081.jpg
[購入した店] 上環・兆和貿易有限公司


景徳鎮とならぶ中国2大官窯である、湖南省醴陵市にある醴陵群力芸術陶瓷有限公司製造。

バックスタンプから、70年代から80年代に作られたと思われる。このキモカワ絵文字みたいなマークは醴陵群力の特徴。

香港では、リムがあるものもないものも、平らなプレートを「碟」と呼んでいる。

購入したのは直径16cmくらいと19cmくらいの2枚。2枚で10HKドルだった。


かってにブルーフラワーシリーズと呼んでいるこの青花柄だが、この2つの花弁が並んでいるモノをよく見るけれど、変則もので1個だったりとか、菊みたいなのとかさまざまにある。(海棠花らしい)

青花シリーズの場合は、縁が金彩仕上げになっているものは見たことない。




by recipkoinhongkong | 2016-09-02 18:00 | Goods | Comments(0)


<< 今日何作る!?(2016年9月...      れ記茶餐廳 ~厨師推介・蒜茸蒸茄子~ >>