菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 14日

金園茶餐廳@青山道・長沙灣


33Aバスの昌華街で降りて、福が付く福華街、福榮街を通り、青山道へ向かう。

下午茶をしに向かったのは、金園茶餐廳。
c0200671_06341322.jpg
香港人情味小吃で載っていた、この店の雰囲気が、行ってみたいなぁと思わせるもので、ちょうどエッグタルトをお土産に買いたいこともあって、寄ってみた。

すぐそばに元州邨もあり、買い物通りなせいか、店周辺は人通りが絶えない。

お店の前には、焼きたての蛋撻やクッキー、餐包などが置いてある。

この店は、店の奥の厨房ですべて焼き上げているそうで、店内を通り抜けてパンやエッグタルトを運んでいく姿は、買わないわけにはいかなくなる。

店内は典型的なやや大きめ茶餐廳。明るくてピカピカだ。

従業員の数も多くて、店頭ではパンやエッグタルトの注文をさばき、店内の注文もひっきりなしに回っている。
c0200671_06341885.jpg
さて、注文は、悩んだけれど、特製豬扒包奶茶


注文したものが来る間に、店頭へいってお土産用に蛋撻、クッキーやパイなどを注文。
c0200671_06341969.jpg
中で食べてますと伝えたら、箱に詰めて席までもってきてくれた。

きました、特製豬扒包
c0200671_06341597.jpg
香港のパンを食べると、なぜか給食のパンを思い出してしまうのだが、今回もロールパンにあたるのかな、牛油餐包で挟まれている、何とも美しいトンカツ。
c0200671_06341677.jpg
5mm程にスライスされたトマトが2枚と、きゅうりのコーニッションが挟まれている。

中にたっぷりとケチャップやソースがかかっているわけではなく、豚に施された塩コショウだけの味ながら、サクッとして柔らかいカツと、トマトの酸味、コーニッションがとてもあっている。またパンが少し甘めのところも美味しい。
c0200671_06341793.jpg
奶茶は、普通に美味しい、安定の香港の奶茶。
c0200671_06341849.jpg
待っている間、食べている間に厨房をみていると、厨房(飲水部)には3人ほど男性がいて、それぞれ自分が担当する部分を黙々とこなしている。その時手が空いてる人は店内の状況を見てたりして、茶餐廳のオッチャン達のプロフェッショナルさを飽きずに見ていた。


さて、お土産用に買ったものは、量があったので、こんなふうに箱入りに。ピンクのリボンがかかっていて、日本の洋菓子店見たいでかわいい。
c0200671_06341909.jpg
< 餐牌 >
c0200671_06341414.jpg


c0200671_06341528.jpg




[お店の場所]
金園茶餐廳
長沙灣青山道314號地下


by recipkoinhongkong | 2017-04-14 18:00 | Eat | Comments(0)


<< 香港では巴士に乗れ!  [ 9...      香港では巴士に乗れ!  [ 3... >>