菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Foods( 99 )


2017年 09月 15日

楊枝甘露

c0200671_07050035.jpg


滿記甜品で、まさかの美味しくない楊枝甘露が悔しかったので、ないかな?と探していたところ、食東西があった場所に、テイクアウトのコーナーもあり、ここで楊枝甘露も売っていた。


メチャウマー!



by recipkoinhongkong | 2017-09-15 18:00 | Foods | Comments(0)
2016年 08月 10日

薑と葱と花生油と。


まだ数回め位だった、羅富記でお粥を食べていると、私の目の前に並べられているものと、向いのテーブルに並べられているモノが違うことに気付く。

なんであそこには小碗があるのだろうか?


椅子に座りなおす風を装いながら、少したってチラッとみてみると、小さなお椀の中に入っているのは葱と生姜だった。



その日、皮蛋痩肉粥を食べていた。

向いの人は、鯇魚腩粥を食べていたので、薑葱がでてきたのだ。

私もあれが欲しい!とお願いし、薑葱がやってきた。

c0200671_10500260.jpg
ただ単に、白髪ねぎのように細切りにした葱と、千切りの生姜と、花生油が入っているだけ。

でも、ここに卓上の生抽(醤油)をちょろりと垂らして軽く混ぜると、それだけでおかずになる素敵な組み合わせ。

一気に入れずに、レンゲにお粥を掬い取って、そこに薑葱をちょんと少量のせて食べるのが幸せである。

香港で使っている葱は、日本の万能ねぎとも、わけぎとも違うのだけど(時々似たようなのを見る)。

香りはあるが、辛みが控えめで生食するのにとても合う。街市などでは野菜を買うとおまけでつけてくれる。

日本で手に入らないので、九条ネギやわけぎに、生姜を千切りにして、ココにさらに香菜なんかもいれちゃってる。

ピーナッツオイル(花生油)を加えれば出来上がり。サラダ油でも米油でもなく花生油。

生抽は日本でも買えるが、なければ普通の醤油で構わない。







by recipkoinhongkong | 2016-08-10 18:00 | Foods | Comments(0)
2016年 08月 03日

新界のはちみつ


香港の土地は狭いけれど、実は2/3以上は自然のまま。

新界エリアの東西のいたるところで、大規模な農場があったり、養蜂をやってたりする。

で、それを使ってる店もあるわけだけど、灣仔街市脇の灣仔道か、銀幕街かの有機モノの店で買ったはちみつ。
c0200671_10483026.jpg
これはちゃんとパッケージされているけれど、北葵涌街市には明らかにそれドレッシングとか入ってたやつ手作り感いっぱいな瓶に入っている。

でも味はいいんだよね。


by recipkoinhongkong | 2016-08-03 18:00 | Foods | Comments(0)
2015年 11月 17日

源興香料公司@東街・上環

│位置図
c0200671_17120262.jpg


日曜日以外に、上環の東街周辺をうろうろできるなら、絶対によるのがスパイス問屋の源興香料公司

唐辛子、粒白胡椒、粒黒胡椒、胡椒粉、普通の花椒よりも香りがよい四川省の川花椒などはもちろん、お菓子やコンポートに使うシナモンスティックや、バニラスティックもここで調達している。

そりゃ、富澤商店に行けば全部そろうし安いけれど、こちらの品物もいいし、何よりOXマークのシールを貼ってくれるのがかわいくて、たとえ在庫があったとしても寄らずにはいられない

荷李活道からなら、文武廟先の東街で坂を下り階段を下りていくと左手側にある。店が開いているならばあたりに広がるスパイスの香りでわかるはず。

皇后大道中を歩いているならば、新しく338アパートメントにできたMOSバーガーのところで東街の階段を上がり、樂古道をそのまま横断してもう一つ階段上ったすぐのところにある。
c0200671_06554032.jpg
(ここでもう目に来る程の香り!)

正面に屋台風の板金やさんがあり正面から全貌を見ることはできないけれど、それがこの東街の素敵な所。

店の前で少しだけ息を深く吸い込んだならむせてしまうほど、すごいカレー臭。刺激のある唐辛子や胡椒、花椒が店先に並び、奥では本当にカレー粉を袋詰めしてたりするので注意が必要。

お店の商品は見える物すべて小売可能。

小量でも快く袋詰めしてくれる。グラムでも両でもいいし、ジェスチャーでこの位としても大丈夫。
c0200671_06554051.jpg
(回転がいいので品質に心配なし!)

私は店先たっぷり入っている麻袋から、欲しいものを指さして、1両(ヤッリョン)とか100gとか言って買っている。

奥ではカレー粉などの袋詰め作業を行っている。時々店先で揚げニンニクを袋詰めしてたりすると香りがたまらない。
c0200671_06554176.jpg
(この画像の左手に映っているプラケースの中に、商品名のスタンプがギッシリ。全ての商品名があるっぽい)

収錢台後ろにも小分けした商品がたくさん。
c0200671_06554149.jpg
(あれー!とか指させば取ってくれる)

一番上の段右から、陳皮、玉桂皮(シナモンスティック)、カルダモン2種類、バニラスティック。
その下の段のブリキ缶みたいに入っているのは各種粉状になった香料。カウンターの入り口側には、古月粉と書かれた白胡椒粉や、カレー粉が置いてある。

バニラスティックは1本単位の価格。この時は20HKドル/本だった。

この日買ったもの(全部で87ドルくらいだったように思う)
古月粉(白胡椒の粉)
c0200671_06253755.jpg
川花椒
c0200671_06253891.jpg

バニラスティック2本
c0200671_06253803.jpg

丁香(クローブ)
c0200671_06253970.jpg

玉桂皮(シナモンスティック)
c0200671_06253900.jpg
唐辛子
c0200671_06254000.jpg



[お店の情報]
源興香料公司
上環東街19號



by recipkoinhongkong | 2015-11-17 18:00 | Foods | Comments(0)
2015年 04月 26日

港式奶茶と港式鴛鴦

素敵なごみ・・・じゃなかった日用品の店は用がなくてもよるのに、セブンイレブンへはオクトパスへチャージするときくらいしか入らない。

この日も、オクトパスへのチャージがてら、部屋で飲むシュエップスのソーダウォーターを買いに入ったセブンイレブン。

そこで、見たことのない飲み物を買ってしまった・・・・(で、肝心のシュエップスななかった)。

港式奶茶を出しているVITA維他から。

まずは、港式奶茶
c0200671_16235030.jpg

そして、ついに港式鴛鴦もでた!
c0200671_16235137.jpg

(港式っていうけどさー、これ香港(せめて広東)以外でもあるわけ?)


維他といえば豆乳シリーズ。紅茶奶沫
c0200671_16235194.jpg

緑茶奶沫
c0200671_16234998.jpg

セブンイレブンのほかに、恵康ウエルカムでも売ってた。

でも、私的にはちょーっと量が多いんだよね・・・紙パックの方がちょうど飲みきれる。

by recipkoinhongkong | 2015-04-26 18:00 | Foods | Comments(0)
2015年 04月 14日

金像牌菠蘿包預拌粉 (菠蘿包ミクス)

香港でパンといえば、真っ先に思いつくのが菠蘿包

パイナップル成分は一切入ってないメロンパンと同じインチキさだけど、やっぱりこれ食べないと香港来た気がしないと思うこともある。

大抵の茶餐廳で自家製が焼かれているけれど、どこで食べても一定以上の美味しさ保証付きという、日本の中華定食屋のタンメンみたいなクオリティ。

たとえ頼まなくても、メニューにないとガッカリする。

そんな菠蘿包だけど、今までなかったのが不思議な菠蘿包ミクスがあった。
c0200671_15462582.jpg

パンのドゥとなる粉が2包、イーストが2包、上に乗せるクッキー生地の素が1包。
c0200671_15462641.jpg

どうせならクッキー生地も2つにわけてくれれば半分量でつくれるのに!と微妙に不親切なところが、いかにも香港らしいセット。

イーストなんて、サフ・インスタント(しかも金)の2.5g包がそのまま入っている。これにはびっくりした。

用意しなくてはいけないのは、

パン生地用は、


卵(照りだし用)


クッキー生地用は、
バター


c0200671_15462468.jpg

作り方は、裏に書いてある通りだけれど、
①ボウルにミクス粉とイースト、水210ml、油28gをいれてよく捏ねる。 ⇒ これはいい
②生地が滑らかになるまで捏ねる。 ⇒ ドロドロ生地で台に出して捏ねることができず。ボウル内でひたすら捏ねる。
③ラップをして1時間ほどおいて倍の大きさになるまで発酵させる。  ⇒ ゆるゆるで倍になってるかわからんw
④8等分にして丸めて、天板の上で1時間程2.5倍の大きさになる程度に発酵させる ⇒ だからゆるゆるで上に膨らんでくれないw
⑤その間にクッキー生地を作る。クッキー生地ミクスをボウルにいれて、バター36g、卵12gを加えてよく混ぜる。 ⇒めちゃ簡単。
⑥8等分にしてまるめ、麺棒で直径丸く延ばす(この時ラップなどを挟むと作業しやすい) ⇒ パンの大きさにあわせる
⑦4の発酵がすんだら⑥をのせて200℃に温めたオーブンで15分程焼いて出来上がり。

という、めちゃくちゃ簡単。

ただ、上にも書いた通り、分量通りいれると生地がゆるゆるダレダレな状態で、普通のパンを作る時に丸くして発酵させるとかができない。

どうしたもんか?と思っていたが、この絵をみるとダラーーっと天板ぽいのでダレているので、ヨシとした。

焼き上がりは、見事に菠蘿包。

いつも菠蘿包の横部分に、くっつたのを割ったような痕があるなぁと不思議に思っていたのだけど、理由がわかった気がした。

たしかこのミクス38HKドル。買う価値あり!


ということで、れ記茶餐廳で出す菠蘿包はこれです(笑)
c0200671_15462397.jpg


by recipkoinhongkong | 2015-04-14 18:00 | Foods | Comments(2)
2014年 12月 13日

金帆牌  雲南普洱茶 ティーバッグ

香港に行く都度、必ず紅磡にある家興超級市場へと繰り出す。

紅磡にあるスーパーをまわる順番としては、

家興超級市場

恵康(ウエルカム)

(その横の佳宝食品超級市場)

百佳(パークン)


としている。

家興超級市場では、

ブラック&ホワイト(黒白淡奶)の缶
ネスレのコンデンスミルク(煉奶)の缶・チューブ
リプトンのティーバッグ(業務用)
花生油
陸羽シリーズのお茶(大箱)


を買う。

そしてこれらに加えて、金帆牌の雲南普洱茶
c0200671_1422637.jpg

恵康や百佳では買えないので、ここでまとめ買い。

会社へのお土産として香港にいく度に補充しているので、部内の人は何気なくこの雲南普洱茶を飲んで「これ美味しいよねぇ」と、別に中国茶好きではないのに、知らず知らず洗脳されている(笑)

飲茶で飲むような茶葉の状態の普洱茶ではなく、ティーバッグにはいっているから、ご飯の時だけではなく朝も午後も夜もいつでも手軽に楽しめ、その上そこそこ美味しい。

家興超級市場では、大体1箱(20PC入り)で5.5HKドル。恐ろしく安いのもいい。

味と安さも気に入っているが、外箱の絵とフォントのかわいさ(なんと英語とフランス語!)、パックの包にメロメロなのである。


さすがにここまで安くはないが、カルディでも手に入る・・・・・

by recipkoinhongkong | 2014-12-13 18:00 | Foods | Comments(2)
2014年 10月 21日

シーズニングソース

日本では殆んど見かけることがない、シーズニングソース。

香港では頻繁にみかけ、スーパーの棚にもかなりの種類がある。
c0200671_13185373.jpg

原料を見ると、大豆、小麦、砂糖、塩と一見醤油とかわらないが、ばっちり書いてあるのが「調味料(核酸)」。

要するにMSG(とはまた違うみたいだけど)と言われるような、日本だと味の素系や、ハイミーとか、いの一番とか、フレーブとかに似た、
タイとかヨーロッパのナニかが入っているソース。

卓上に必ずおかれていたり、料理によってはこれに唐辛子を入れてタレとしていたりと、香港では食べる機会が多い。

小さい時から、極端に味の素系を嫌っていたので今でも絶対に使うことがないが(外食で入っているのはしょうがないと思っているけど)、シーズニングソースに関しては魔がさして時々使ってしまう。

というのは、今でこそMSG入っていません!とか、MSGなんて絶対に入ってません!とか強調している香港でのご飯だけど、やっぱりこれをいれないと何か味が違うという気がすることがある。

香港何てまだましで、タイ料理とか、ベトナムでもこれまで避けていたのが、一気に無意味になりそうなほどたっぷりと入れてくれる。

1本買っても持て余してしまうけれど、とりあえず1本買っておいてある。蕃茄豬扒飯などトマトを使った香港メシ等にちょっとだけいれて。

by recipkoinhongkong | 2014-10-21 18:00 | Foods | Comments(0)
2014年 10月 18日

香港蝴蝶牌烘焙蜜糖花生

c0200671_1143699.jpg



初めてこの豆を食べたのは、紅磡站から広州へ向かう列車の中だった。

初めて向かう広州の列車は、さしておいしくもない、なぜかコーヒーの味がする紅茶と、このピーナツ二つついてきた。

開けると甘くていい香りで、一口食べてなにこれ美味しい!となった。

あっという間にペロリと平らげ、もう一つ開けたら八角味ですっごくがっかりしたのを覚えている。

普通にスーパーでも売っているし、優の良品でも取り扱っているので、時々見かけるとお土産がてら買ってくることにしている。

by recipkoinhongkong | 2014-10-18 18:00 | Foods | Comments(0)
2014年 10月 12日

嶺南茶業公司@上環

c0200671_11343456.jpg

石塘咀街市から皇后大道西を上環方面に戻ってきた坂の途中にある通泰超級市場だったか、はたまた紅磡のお気に入りのスーパーである家興超級市場だったか。


どちらで購入したのか忘れてしまったが、袋に入ったプーアル茶が思いのほか美味しかった。

一瞬、油を処理するときに使うものかしら?と思うほどきれいに長方形に整形された袋。

麒麟と書かれている割には、ずんぐりしていて熊のようなシンボルマークに、嶺南茶業公司 陸元とかかれている字体もかわいらしい。

プーアルの散茶が入っている袋を開けると、ぶわっとややかび臭い。

ポットに適当量いれて、いったん湯を少しいれてすぐに捨て、再度熱湯を入れる。

普段使いのお茶なので、良いプーアル茶の独特の風味というのはないけれど、飲茶や食事と一緒に、はたまた普段使いに飲むのにはぴったりな味。

安いので(確か1袋30HKドルとか)、少しでも味が薄くなってきたらガンガン入れ替えることもできる(もっとも一日変えずにいるけど)。



嶺南茶業公司
香港上環德輔道西49號 高富大廈5樓

by recipkoinhongkong | 2014-10-12 18:00 | Foods | Comments(0)