菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Flight( 17 )


2018年 11月 08日

GWの香港


超いまさらですが、今年のGWは10連休してたので、ちょっと長めに中国(大陸)と香港に行くことにした。

GWのチケット代なんて、もうどこでも高いので、ここは思い切って、おJALでいく(めっちゃ高かった)
ということで、羽田のラウンジで朝ご飯。
c0200671_14465543.jpg
まずは、キャセイパシフィック航空のラウンジへ。
c0200671_14470374.jpg
キャセイはお金持ちだからラウンジは豪華なんだけど、できたばかりの時にいったら、それはもうハテナな対応。でも今は安定してた。
c0200671_14470593.jpg
これから香港に行くというのにワンタンメン(香港では食べないから)。
c0200671_14470736.jpg
でも一番感動したのは、炭酸水のサーバーがあったこと。

で、朝ご飯にパンとワンタンメン食べた後で、

明太子で白飯がくいてぇぇぇぇ!!

となり、JALラウンジにもいく。
c0200671_14470997.jpg
明太子で白飯どころか、カレーまで食べた。
c0200671_14473078.jpg
今回は、香港の空港で、職場のとってもエライ方ご家族のアテンドが一瞬だけあったので(幸いほぼ同じ時間につく便だった)、
到着ゲートでご挨拶して、オクトパスと、夕ご飯の予約の状況を伝えて別れ、私はメインランドチャイナへ。
c0200671_14473246.jpg
といっても、空港からバスで上水へ行ってから、羅湖へ向かうルートだけど。
c0200671_14473498.jpg


by recipkoinhongkong | 2018-11-08 18:00 | Flight | Comments(0)
2017年 07月 27日

7月の香港

今回は、久しぶりにJALを利用しての香港。

10時発だったのが、羽田空港から香港国際空港向けの便が多いということで待たされ、その間に急病人がでて降機し、その荷物もおろすために遅れ、到着が1時間程遅れた(でもずいぶん頑張って遅れを取り戻したんじゃないかと思う)。

もう、明らかに遅れるのがわかっていたし、前回残したAELの切符が「30日以内に使ってね」というもので、30日以上たっちゃってるから使えるのかなぁというのも試したかったし、でホテルに直接行く行程でいたので、問題なし。

これぞ真夏の空という天気。
c0200671_12574487.jpg
AELで、香港站についたら、念のためAELのサービスカウンターでカードが使えるか確認すると、大丈夫とのことで、そのまま改札を通過。

30日たっても大丈夫だと思ってたけど、やっぱり(笑)

今回も、ホテルは上環のIBISを取っていたので、そのまま左手にあるAELのシャトルバスを利用する。

金曜日の夕方だと最悪だけど、日中のこの時間帯ならさほど時間かからずにホテルにつけるから。

IBISの便利な所は、このAELのシャトルバス(ルート2)の停車ホテルであるところ。

スーツケースを置いて、そこから相棒のコロコロを取り出して、さっそくお昼食べに行こう。
c0200671_12574466.jpg


by recipkoinhongkong | 2017-07-27 18:00 | Flight | Comments(0)
2017年 02月 17日

香港國際機場北衛星客運廊


この時の帰国便は、18:10発。

直前までマックでのんびりしていて、そろそろ移動しましょうかね・・・・と搭乗口を確認。

珍しいことに、搭乗口508となっていて、

やっぱあれか、いくら本拠地といえども、LCCは沖止めかw

と笑っていた。

508って、いったことないなーと歩いていくと、シャトルでもなく、バスで行く北サテライトの搭乗口だった。

シャトルバス乗り場前には、旧正月前だったので、かわいい鶏。
c0200671_07482431.jpg

シャトルバスに乗り込み、出発。SQ(シンガポール航空)の飛行機をながめつつ、アッという間に到着。
c0200671_07482523.jpg
北サテライトは、めちゃくちゃキレイ。
c0200671_07482604.jpg
真ん中にスターバックスもあり、搭乗口22手前にある混雑したスタバに比べると、ゆったりのんびりできるつくり。

ここには、中華書局の本屋もある。

さて、そろそろ搭乗かなーという時間に、搭乗口にいってチケットを見せると、小姐が、


!!!!!

あなたの搭乗口は違う場所よ!

と、あわてて確認してくれて、急いで!!と言われる。


ええ、搭乗口間違っていました・・・・・

(北サテライトって、香港エアラインがメインで使ってるはずなのに、おかしいなぁとは思っていた)


by recipkoinhongkong | 2017-02-17 18:00 | Flight | Comments(0)
2017年 01月 05日

香港國際機場 523搭乗口


LCCは、第2ターミナルから入ってというパターンが多いと思うが、昔、友人が来た時に2タミへ見送りに行った時の、手荷物検査の厳しさが忘れられずに、いまだに入ることができない(大げさ)

幸い、友人はスーツケースは受託荷物にしたので、バッグ1つだったが、その前に並んでいた大陸小姐のスーツケースが、機内に入れるにはぎりぎりかやや大きいか?というサイズだった。

JALではバンバン持ってこられちゃうサイズなので(その時はそれほど煩くなかった)、気にしてなかったが、第2ターミナルの手荷物検査場へ入る前に、さらに手荷物の大きさチェックをしており、あっさりとそんな大きさじゃ通せないから受託荷物にしろ!と追い返されていた。

大陸小姐の舌打ちとともに吐き捨てるように大声で発した、

Shit!!!

という言葉がいまだに忘れられない。


と、いうわけで、私はいまだに1タミから入るのだが、今回の香港エクスプレスでの帰国便では、ゲートナンバーが523となっていた。

500番台!?

って、しゃーねーな、シャトルに乗るか、とスタバで買い物してそのまま一番近いエレベーターで下におりた。

HKIAのシャトルは2回ほどエスカレーターを乗り継ぎ降りていくので、ここからエスカレーターに乗ろうとおもったら、

523の搭乗口はここにあるらしい。

え?ここ?こんなところに搭乗口あったっけ?

と、そのままエスカレーターに乗らずに、右方面へ歩いていくと、給湯スペースとトイレがあり、その奥に搭乗ゲートが広がっていた。
c0200671_07003246.jpg
へー!こんなところあるんだ!はじめてきた!
c0200671_07011012.jpg
手前に小販スペースがあり、サンドイッチやら寿司(巻物)やら売っている。さらに、イミグレを抜けてしまうともう味わえなくなる、港式奶茶まで売ってるではないですか。
c0200671_07021351.jpg
高いけど。

ちなみに、港式奶茶どころか、コーヒー、鴛鴦も売っていた。
c0200671_07015704.jpg
香港エクスプレスの場合、飲み物は持ち込み禁止なので、搭乗前に飲んでしまいましょう。





by recipkoinhongkong | 2017-01-05 18:00 | Flight | Comments(0)
2016年 10月 05日

香港エクスプレス UO 625便


香港に行こうと、JALでの予約を済ませて、ふと香港エクスプレスを見に行ったら、旅行予定日の運賃が、

580円だった。

え!?

またまた、580円引きとかでしょう?と改めて、ウエブの予約システムをつかって確認してみると、

580円

なんじゃそりゃぁぁぁーーーー!

と取ってみた。

運賃  580円×往復 = 1,160円 ← ちょっと引く
空港諸税とか手数料  6,030円 ← すっごい高く感じる。香港の空港建設税ってなんだよ・・・
手荷物  5,450円 ← 帰国便のみ。MAX30kgなのが残念無念。
手数料 1,360円 ← なんの手数料だよっ!
で合計、14,000円。

なんか、1,160円にいろいろ乗っかって、この値段がよくわからないけど高く感じ始める前にお会計を済ませる。


ということで、香港エクスプレスをはじめて使った香港行きは、
c0200671_17453574.jpg
580円ならあり!

という感想だけど、香港エクスプレスはインタウンチェックインができるので、そこはありがたい。
(もちろん、580円な私だって可能)

早朝の羽田空港を6:35発(搭乗開始 6:05)にのって、到着は香港時間の9:55。

沖留めになりバスでの移動だけれど、ヘタに歩くよりもバスでイミグレの目の前まで行ってくれるので、便利で好き。
c0200671_17453602.jpg
ピックアップする荷物もなく、入国に並ぶ必要もないので、そのままでてすぐにエアポートエクスプレスへ。
c0200671_17453745.jpg
この軽快さが、香港だなぁと改めて感心する。





by recipkoinhongkong | 2016-10-05 18:00 | Flight | Comments(2)
2016年 06月 22日

帰国@成田空港 第三ターミナル


この時に使った航空会社はバニラエア。

九龍站や香港站でのインタウンチェックインができないから、タクシーでHKIAへ向かう。

そして、チェックインも2時間前からなのでしばし空港で荷物の梱包状態をチェックしたり・・・待ち時間ながかったり・・・と面倒くさいこともありますが、

バニラエアのいい所は、受託荷物の悩みをお金で解決できること(私にとっては死活問題)

往路は受託荷物ゼロだったが、帰りは50キロを購入して挑む。もう一ついい所は合計が50キロ以内なら荷物は何個になったも構わないというところ。

そうなると梱包が格段に楽になる。


成田空港に到着後、第3ターミナルの税関は初めてだったので、どうかなー?と思っていたら、他のターミナルよりも厳しい(というか細かくチェックしていた)のでびっくり。


スーツケース無しで怪しい大陸袋3つと、なんかコロコロっぽいのをカートにのせた女がチェックされないわけがありません。

c0200671_06574253.jpg
「お仕事ですか?え?旅行?その荷物は・・・?」といわれて、鍋とか食器とか日用品です(多いですが何か?)と答えたら、

「そのままでいいのでX線に掛けさせてもらってもいいですか?」とカートごと持っていかれたw

(というか、カートそのままで検査できるらしいのにびっくりした!)

戻ってきた荷物は特に袋を一旦降ろして、X線に流して、再度のせたという感じがなかったので、本当にできるのね。

にこやかに「ありがとうございましたっ!」と返されたけれど、お蔭でリムジンバスを逃したわ(もともと余裕がなかったんだけど)

しょうがないので、クロックムッシュの朝ごはん。
c0200671_06574327.jpg
(特に感動の無い味。)

さて、怪しい大陸袋3袋に入っていたモノは、こんな感じ。
c0200671_06574307.jpg
紅Aのプラスチック椅子を買ったので、陰陽鍋の壁にして、さらにクッション材代わりにドリトスをのせてぐるぐる巻きにしてきたもの。

気圧の関係でドリトスさんがぺちゃんこになるけど、意外と割れていないので食べるのが楽しみ(?)
c0200671_06574341.jpg
すでにもっているのに、やっぱりかってしまうのは焗芝士肉醤意粉などでおなじみの焗用オーバルステンレス皿。
c0200671_06574401.jpg
これでもか!とオーブン入れて使える頼もしいヤツ。


荷李活道・協和號で発掘してきたタレなどを入れる豆皿。
c0200671_06574438.jpg
豆皿と同じ柄で、少し二回り大きい小皿。
c0200671_06574417.jpg
今回重点的に探していたのは、ブルーフラワーシリーズ(いいすぎ?いいすぎ?)
c0200671_06574544.jpg


觀塘の翠屏街市の素敵なごみ・・・じゃかった日用品店で見つけた盅飯や湯をいれる器。帝華柄。
c0200671_06574586.jpg



これも協和號で買った、甜品店でつかってそうなガラスの器。
c0200671_06574636.jpg


ステンレスの陰陽鍋。
c0200671_06581890.jpg
陰陽鍋自体はいろいろ売ってるが、シンプルな形で持ち手がこのタイプを探していた。



蒸板
c0200671_06581990.jpg
蒸し鍋の中に器をいれてその上にこの板をのせて、さらに皿を置けるスグレもの)



by recipkoinhongkong | 2016-06-22 18:00 | Flight | Comments(2)
2015年 11月 03日

雨の香港国際機場

7月という季節のせいか、帰りの飛行機は雨の中だった。
c0200671_08124327.jpg
搭乗待ちの間は何とかもってくれるかな?という曇空だったが、出発の段階になると強い雨になった。

c0200671_08124397.jpg

外で出発の準備をしてくれる地上スタッフ。
c0200671_08124421.jpg










また、戻ってきます。



by recipkoinhongkong | 2015-11-03 18:00 | Flight | Comments(0)
2015年 04月 23日

4月の香港 行程表

c0200671_11371036.jpg


女性誌に掲載されるような、ホテルにエステに買い物に高級グルメに!という香港の旅もいいけれど、すでにそういう旅ができない体になってしまったので、私らしい香港を楽しむ(ごみ漁りとか、ごみ漁りとかごみ漁りとか?)。

旅の行程を考えるのが嫌いな人はいないと思うけれど、私も大好きだ。

基本的に限りある時間でどれだけ詰め込めるか!というのが大好きなので、分刻み位のギュウギュウ加減で行程を考えるのがたまらない。

一人だから実現できればいいし、できなくてもいいし、その時にしたいことを優先させてもいい。
どうしても時間が外せないところは、しょうがないけれど、それ以外のところは寄り道しても疲れていかなくてもOK。

そうして作る行程表は、ギッチギチなんだけど、それを見るとすごくワクワクしてしまうのよね・・・・


===今回の香港の行程表===


│1日目
この日は空港からホテルに行くだけ。
エアポートエクスプレスの香港站についたら、まだエアポートエクスプレスのシャトルバスが運行している時間だったので、
とりあえずH2にのって花園酒店まで。そこからは歩き。

│Airport Express Shuttle Bus Service
エアポートエクスプレスを使うと、香港站、九龍站から無料シャトルバスが利用できる。
泊まるホテルに停まらなくても近くまで行けるので便利は便利。時間かかるけど。


夜・香港着



北角






│2日目
この日はフェリーの時間が確定しているため、それに合わせての行程。夜7:30からは高山劇場で粤劇。
ただし、大澳碼頭から屯門行きのフェリーはワンウェイ運行の為1本逃すと次まで時間がすごくかかるため、時間厳守。

北角
↓歩き
港運城巴士站
↓N619バス  順利→港澳碼頭巴士總站
中環匯豐大廈(HSBCビル)巴士站
↓歩き
中環碼頭六號(梅窩往)
↓6:10発 梅窩行きフェリー
梅窩碼頭
↓歩き
梅窩街市周辺
↓歩き
梅窩碼頭巴士總站
↓8:20 ランタオ島バス1 大澳行き
大澳碼頭巴士總站

大澳ぶらぶら
↓歩き
大澳碼頭
↓10:00発 屯門碼頭往
屯門碼頭
↓歩き
屯門碼頭軽鐵總站
↓軽鐵路線614 元朗往
何福堂站
↓歩き
新虚街市

何福堂站
↓軽鐵路線614 元朗往
大棠道站

元朗ぶらぶら

喜利徑巴士站
↓268Cバス 観塘碼頭往
観塘碼頭
↓フェリー 北角往
北角碼頭

ホテル

北角碼頭
↓フェリー 紅磡往
紅磡碼頭

紅磡碼頭巴士總站
↓15バス 紅磡碼頭 → 平田
北拱街巴士站
↓歩き
高山劇場(7:00)

北拱街巴士站
↓116バス 慈雲山(中)→鰂魚涌(祐民街)
港運城巴士站
↓歩き
ホテル


│3日目
あまり遠出せず、香港島(東)から九龍城あたりと紅磡を中心に。

ホテル
↓歩き
港運城巴士站
↓N8Xバス 中環 (港澳碼頭) → 小西灣 (藍灣半島)
南安里巴士站

筲箕灣ぶらぶら
↓あるき
筲箕灣總站
↓トラム
鰂魚涌站
↓MTR港島線 堅尼地城往
西営盤站
↓歩き
高街

三街

德輔道西

上環

林士街巴士站
↓111バス 港澳碼頭巴士總站→坪石
富豪東方酒店巴士站

九龍城ぶらぶら

富豪東方酒店巴士站
↓106 黃大仙 → 小西灣(藍灣半島)
北角・港運城巴士站

ホテル

北角碼頭
↓フェリー 紅磡往
紅磡碼頭

紅磡碼頭巴士總站
↓15バス 紅磡碼頭 → 平田
機利士南路巴士站

紅磡ぶらぶら
↓3Bバス 慈雲山(中)→紅磡碼頭
紅磡碼頭巴士總站

紅磡碼頭
↓フェリー 北角往
北角碼頭


│最終日
朝一番で香港站でインタウンチェックインをして、身軽になってから北角へ戻る。

ホテル

香港站

インタウンチェックイン

北角

チェックアウト

香港站

香港国際空港



│エアポートエクスプレスの時刻表
平日の時刻表
土曜日の時刻表
日曜・祝祭日の時刻表




===========================

by recipkoinhongkong | 2015-04-23 18:00 | Flight | Comments(0)
2013年 07月 16日

インタウンチェックイン@香港站

久しぶりに香港站側のインタウンチェックインを利用した。

MTRが運営するエアポートエクスプレスのサービスの一環で、香港ではシティチェックインが可能となっている。

空港でのチェックインは出発前の何時間かきまっているけれど、インタウンチェックインについては、24時間前からチェックインが可能。

だから、住んでいるときは、前日に荷物だけ預けにいったなんてこともあった(もったいないんだけど)。

チェックインカウンターは、九龍側はエレメンツ下にある九龍站内ある。香港島側はIFCの下にある。

九龍站のチェックインカウンターは、そんなに長蛇の列になるような経験はないんだけど、香港站側はいついっても混んでいる気がする。

香港島側の全ての旅客がつかうかもしれないとはいえ、なんかいっつも大混雑なのは、やっぱりIFCという場所柄なのだろうか・・・・
c0200671_1725357.jpg


by recipkoinhongkong | 2013-07-16 18:00 | Flight | Comments(0)
2013年 06月 29日

フルーツミール

往復またはどちらか、特別食の手配をすることが多い。
c0200671_117796.jpg

日本からの出発便で食べれるフルーツは、日本で積むからか、フルーツの質が良い。

まぁ、だいたい嫌いなメロンがたくさんなんだけど・・・

乗る前に大抵はお腹いっぱい食べてしまうから、フルーツでちょうどいい。

ただし、フルーツ食だとアイスクリームもらえないから、そこはちょっと嫌だ(あまってたらいえばもらえるけど)。

by recipkoinhongkong | 2013-06-29 18:00 | Flight | Comments(0)