菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 15日

ROKA @ 金鐘

このところ日本人が経営orシェフで居ない日本料理店(?)が流行っている。
ロンドンで美味しかったというROKAが香港にもあったということで連れて行ってもらった。

日本人が経営しててもNOBUとかいやな予感な所もあるけれど、ここはNOBUよりはいいかなw

金鐘のパシフィックプレイスの地下にできてたROKA。

大きな炉端焼きキッチンが設置してあって気分を盛り上げてくれる。
そもそも白人てこういう雰囲気好きなんだよね。

c0200671_13544548.jpg


頼んだのはてんぷら
c0200671_13545294.jpg


コーンのグリル
c0200671_13545887.jpg


さつまいものグリル (といってもアメリカのスイートポテトだけど)
c0200671_1355659.jpg


Tボーンステーキ
c0200671_1355158.jpg


デザートにフルーツの盛り合わせ
c0200671_13552291.jpg


焼いた野菜が好きなのでとても満足!
正直NOBUより絶対に美味しいと思う。

ただ、日本人の私としては日本食かと言われるとちょっと考えてしまうw


ROKA
Shop 002, Level LG1, Pacific Place, 88 Queensway, Hong Kong

by recipkoinhongkong | 2011-06-15 22:00 | Eat | Comments(0)
2011年 06月 05日

梅家塢龍井茶@上海

日本では梅雨の時期だけれど、5月後半をすぎると待ちきれないのは新茶。

既に日本でも新茶が出ていると思うけれど、上海にいって最も欲しかったものは上質な龍井茶。

中国茶というととかく「烏龍茶」が思い出されるけれど中国で最も消費されているのは緑茶と言われている。
烏龍茶類は南方のものなので中国全体の市場からすれば少ないのだろうけれど。

基本的にここ数年の好きな中国茶は、台湾の「東方美人」と「文山包種」と、「龍井茶」。
とくに緑茶系が好みとなってしまっている。

龍井茶は、杭州の西湖の側にある龍井という村で作られる(もっとも今はかなり広範囲になっているようだけど)お茶で中国の2大緑茶と呼ばれる。
清明節前に摘まれたものが最も良いとされて、普通の龍井茶よりも高額だ。

欲しかったのは「清明節前に摘まれた」「雀舌以上のもの」で、できたら「獅峰」か「梅家塢」のもの。

上海の老街の茶商で「お店で一番いい龍井茶を見せて」といって出てきたのは、明前の梅家塢龍井茶だった。なんと50g180元。いくつかグレードが異なるものを試飲させてもらって高くてもしょうがない!という味だったので購入した。

茶葉
c0200671_19542955.jpg

1煎目の後
c0200671_19543084.jpg

上品な淡い黄緑色。上質なお茶には羽毛のような細かい毛羽が入っている。
c0200671_19543320.jpg


龍井茶の場合は蓋碗もいいけれど、グラスに入れて湯を継ぎ足しながら飲むのも美味しい。

by recipkoinhongkong | 2011-06-05 22:00 | Foods | Comments(0)