人気ブログランキング |

菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 10日

ハリウッドロード(荷李活道)を歩く ~太平山街周辺~

さて、今日もお気に入りの道を歩いてみます。

中環からグラハムストリートを抜けて、ハリウッドロードにでて文武廟へ向かう道は、他の通りとは少し空気がちがう。青空市場の野菜をみたり、ギャラリーを眺めながら歩いくのは大好きだ。
c0200671_10143112.jpg

c0200671_10152119.jpg

たまに、上環の駅から永楽街を通り、
文咸東街をあるいてフランス食料品店のMonsieur Chatteで買い物したり、その向かいにある日用雑貨店の兆和貿易有限公司で宝探しをし、上環街市の建物を見ながら皇后大道中へぶつかったらそのまま脇の細い道である東街をあがっていくというコースも大好き。
c0200671_1020054.jpg

東街を上がっていくと楽古道をとおりすぎハリウッドロードだけれど、楽古道に入ると天然酵母パンやデリ、オーガニックの食材を売っている土匪飽飽や、キッチン用品の宝庫!パントリーマジックがある。
そのまま通り過ぎて東街をあがれば、牛さんマークが可愛い調味料問屋の興源や、昔ながらの冰室など寄り道できる。
c0200671_10202647.jpg

ハリウッドロードにでたら右へ。

道なりにいろいろなお店があるので冷やかし。
c0200671_1016543.jpg

ちょっとまがって差館上街にはいってうろうろしていると、
c0200671_10192772.jpg

c0200671_10161625.jpg

なんか雰囲気のいいお店が多かったりする。
c0200671_10162936.jpg


差館上街の上った手前を右にいくと太平山街へ。

ここは例の香港醫學博物館での戦記によると、それはもうすさまじい衛生状態の場所だった本拠地(いや他にもあったんだろうけど)。

いまでは、いい雰囲気なローカルエリアで、美味しい中国茶のお店もあったり、
c0200671_1016473.jpg

科記咖啡餐室というなんとも魅力的な茶餐廳があったり。
ここは私としたことがまだ入ったことがないので、近々行ってみたい。

地元の神社のような廟があったり。
c0200671_10172649.jpg

こういう香港が大好き。

by recipkoinhongkong | 2012-06-10 22:13 | Street | Comments(0)
2012年 06月 09日

紅磡~北角フェリー



住んでいたエリアの紅磡にはフェリーターミナルが細々とだけれどあり、
以前は中環へのフェリーもあったけど、いまは北角へのフェリーのみ。

でも、北角も大好きなエリアなのでとっても便利だった(フェリーに弱くて酔いそうになってるけど)


いまもこのタイムテーブルでやってるはずなんだけど・・・・
c0200671_9281029.jpg


by recipkoinhongkong | 2012-06-09 18:27 | Street | Comments(0)
2012年 06月 08日

上海街と美都餐室

c0200671_7211224.jpg


久しぶりに上海街をあるいて、ついでに美都餐室でご飯。

c0200671_7211338.jpg


ポルトガルなんちゃらを頼んだらまずかった・・・・orz
c0200671_7211423.jpg


[お店の場所]
美都餐室
油麻地廟街63號地下

by recipkoinhongkong | 2012-06-08 18:00 | Eat | Comments(0)
2012年 06月 07日

大眾粥麵@北角

北角の査華道街市(いわゆる北角の街市)のそばの青空市が多く出ている馬寶道にあるお粥の店。

粥店なので朝早くからやっている。


お約束の皮蛋痩肉粥と油器。
c0200671_1729517.jpg

うま~い♪

粢飯もウマイ!
c0200671_1526168.jpg



[お店の場所]
大眾粥麵
北角馬寶道1E號地下

by recipkoinhongkong | 2012-06-07 18:28 | Eat | Comments(0)
2012年 06月 06日

金源南北雑貨@湾仔

湾仔道沿いにある食品雑貨の店。
c0200671_172261.jpg

看板には「印菲泰食品」と在るように、インドネシア、フィリピン、タイの食料雑貨を扱っている。

加工品が主だけれど、ライムやレモングラスやこぶみかんの葉とか生鮮食品も扱っている。
また店内ではインドネシアやタイの料理もでており美味しそうなニオイが漂っている。

店内を見て回ると、面白い調味料が沢山あってワクワク。

インドネシアの調味料「サンバル」もあり。

by recipkoinhongkong | 2012-06-06 18:00 | Shopping | Comments(0)
2012年 06月 05日

文華咖啡冰廳@紅磡

c0200671_16561128.jpg

紅磡での行動エリア内にある古い冰室(茶餐廳)。
在るだけでただならぬローカル雰囲気をかもし出しており、大好きな茶餐廳。
c0200671_17224957.jpg

店内はお約束の直角の座席、メラミン樹脂の香港グリーンな器。
ブラック&ホワイトのカップとオールド茶餐廳の神器が目白押し!

茶餐廳にきたらやっぱり奶茶と奶多士でしょう!
c0200671_16563449.jpg

伝票も素敵です。
c0200671_16565233.jpg




[お店の場所]
文華咖啡冰廳
紅磡寶其利街2號B-C舖

by recipkoinhongkong | 2012-06-05 18:00 | Eat | Comments(0)
2012年 06月 04日

水冷冷@香港大学そば

香港大學の博寮茶座のある建物前の堅道を挟んで直ぐに茶館がある。

水冷冷というお店。
c0200671_1617549.jpg


雰囲気のよい店内です。
c0200671_16184114.jpg

もちろん中国茶の茶葉や茶器も売っている(高い!)
c0200671_16181332.jpg

今回頼んだのは、ベタに安渓鉄観音。
もちろん茶器も一式で楽しめます。
c0200671_1619625.jpg

クッキーのセットもこんな風に素敵な器で。味もよかった!
c0200671_16192517.jpg


値段は少し高めですがゆっくりと自分の時間を持ちたいときにはお勧め。

[お店の場所]
水冷冷
香港般咸道65號天悦閣地下B舗
+852 3105 1595
月~土 12:30~20:00

by recipkoinhongkong | 2012-06-04 18:17 | Eat | Comments(0)
2012年 06月 03日

香港醫學博物館

c0200671_15593691.jpg

ハリウッドロードや堅道から裏に入ると瀟洒な建物を見かける。

そのうちの一つ、堅道を歩いてセントラルに戻ってくる道すがら、上から見るととても素敵な洋館がある。
バラ園でもありそうなその洋館へ近づいていくとそこは博物館だった。
c0200671_15582853.jpg


香港醫學博物館は、もともと伝染病などの研究施設として作られたホンモノの病院。

このため、階段の手すりとか何かしみこんでそうな気がする・・・

1階は昔から現代までの伝染病の展示。まぁここは想定の範囲内。古い注射器とかあるけど、そんなもの。

2階は昔の疫病撲滅の戦いの歴史と医療技術についての展示(たぶん)
c0200671_160575.jpg

学術的な展示のはずなのに股間を隠す人体像とか
c0200671_1602758.jpg

外から入るとき本当に人が居るのかとおもってビビッた展示とか。

だがまだ甘かった!地下1階はやはり医療施設の地下。
c0200671_1611216.jpg

おどろおどろしい雰囲気が漂っています・・・・
c0200671_161406.jpg

入って左にいきなり「いつの時代のだよ・・・・」というくらい古い分娩台。

怖い・・・・この奥には絶対に受けたくない歯医者の診察台もあり。

入って右手はなんと牛の手術風景。
c0200671_162483.jpg

牛!?何で牛!?とチビりそうになりつつ進む。

出口脇には
c0200671_1644616.jpg

何とかの○○とか遺体とか伝染病の菌とか危ないものが絶対入ってたと思われる保管庫。

怖すぎる・・・・
2階に上がる階段には、疫病撲滅戦記(勝手につけた)。
イギリス統治以前の時代。
周辺の太平街は不法移民とかスラム状態でもうエライことになっており、衛生状態最悪の無法地帯。
家の中で豚をかい、汚物まみれの中で寝て食べいたため疫病が蔓延(当たり前だ!)
イギリス統治が始まったときに軍を動員して一掃するためにすげーー大変だったんだよ!
という苦労が語られてます(5コマ漫画でわかります)

これを見た後で外に出るとなんともいえない気持ちに・・・・
c0200671_1623450.jpg

[場所]
香港半山區堅巷2號
http://www.hkmms.org.hk/
入場料10HKドル 月曜休館

by recipkoinhongkong | 2012-06-03 20:57 | Play | Comments(0)
2012年 06月 02日

中華セイロ@德昌森記蒸籠

香港の蒸篭の老舗である「德昌森記蒸籠」の蒸篭です。
c0200671_1325361.jpg

大好きな蒸籠屋がある。

それは毎朝香港の教育局がやっている、子供たちが社会見学のように、その場所にいって体験したり話を聞いてくるという番組がある。
その日取り上げられていたのは香港の飲茶文化。
蓮香楼で実際の飲茶を体験し、この蒸籠はなぜこう作られているのか?ということで、上環・西營盤にある蒸籠やさんを訪ねていた。

それが中華蒸籠の老舗「德昌森記蒸籠」。

ご主人から竹を裂いて蒸籠に仕立てていく様は感動的だった。

1本の竹から皮を裂いて輪にし枠をつくり、さらに細かく割いて編む。
手の中でどんどんと蒸籠に仕上がり、しかも特に図っていないのに蒸籠と蓋がぴったりと合う。

上環からさらに西にあるいていくとお店に行くと何種類あるかわからないほどたくさんの蒸篭が積まれている。
店内の奥に工場があってここで竹を裂いて作っている。

番組を見た後、すぐにお店に入ってみた。

上環からトラムに乗って德輔道西を行ってもよし、皇后道西を歩いてもよし。
上環から西に行った西營盤、皇后道西から西邊街に入ると坂の途中に「德昌森記蒸籠」と書かれた看板がすぐ目に付く。
c0200671_140359.jpg

店内には当たり前だけれど蒸籠がいっぱい!

どんな大きさの鍋で使うかご主人と相談して決めていくけれど、実際お店で見ると思ったよりも小さいような気がするので、事前に大きさを測って決めるのがいい。

蒸籠(下)は2種類。よい物(高い)と普通の物(安い)がある。高い方は安いほうの5割り増しほど。

良い方は、裏を見るとスノコがきちんと竹で編まれているが、普通の方はただ乗せてあるだけ。
蓋にしても、よいものはきちんと編みこまれてドーム型になっているが、普通のほうはのっぺりしている。

私が買ったのは20cmのよい方。蒸籠が46HKドル、蓋が49HKドル(たぶん)。

他にも竹をつかって、割り箸、餃子のヘラ、ひしゃくなど色々とある。

中華蒸籠の素晴らしいところは、適度に蒸気が抜けるのと水滴が落ちないところにあると思う。

金属の蒸し器だとどうしても水滴ができるので、蓋の裏に布巾をかぶせたりと気を使うが、
すべて竹で作られているので飽和した水蒸気が冷やされても水滴になることがないから、
蒸しているものに落ちない。かといって水分が奪われることもない。

次回の香港ではもっと大きいのをもうひとつ買おう
[お店の場所]
德昌森記蒸籠
香港西營盤 西邊街12號地下及2樓

by recipkoinhongkong | 2012-06-02 20:00 | Goods | Comments(0)
2012年 06月 01日

枝記麵家@半山区


香港大学にいく道すがら、堅道をあるいていくと左上に見える麺や。

すごく気になって入ってみた。
c0200671_1746133.jpg

牛腩麺と奶茶を頼む。
c0200671_17461961.jpg

大好きな九記牛腩ほどではないけれど、スープは出汁の味がしっかり出ていてなかなか美味しい!

c0200671_17464149.jpg



[お店の場所]
枝記麵家
半山巴丙頓道1號M4A號舖

by recipkoinhongkong | 2012-06-01 19:00 | Eat | Comments(0)