人気ブログランキング |

菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 31日

今日何作る!?(2014年04月第1週版)

香港食物環境衛生署が週1回発行している「今日買乜餸」。


今週は「豆」マメしい。

回鍋肉も美味しそう。


c0200671_9534686.jpg

(香港食物環境衛生署HPより)
http://www.fehd.gov.hk/tc_chi/pleasant_environment/tidy_market/today_market_food.html

by recipkoinhongkong | 2014-03-31 18:00 | today market food | Comments(0)
2014年 03月 30日

金百利餐廳@角祥街・大角咀

大角咀に来た目的は、事前に出街でピックアップしておいた、ごみ屋もとい素敵な日用品店を探すことなのだけど、もう一つは、良さそげな茶餐廳さがし。

とりあえずウロウロしていたら、小腹が空いてきた。

目の前に、店先にテーブルを出して、盛り上がっているグループがいる茶餐廳があった。
c0200671_17301636.jpg

インチキな風貌で、金百利餐廳と書かれており、古い素朴な冰室という感じでもなく、新五龍粥麵茶餐廳などの大規模(?)店を思い起こさせる。

店内は、いい感じにロカビリー(意味わかってるのか?)。壁際は、直角ベンチ型テーブル席で、中央を丸テーブル席が占めていた。
c0200671_1046129.jpg


下午茶の時間帯だったから、奶茶と炸鶏中翼薯條。

いい意味で普通の奶茶。一口飲んで、おもわず「ん、おいし。」と口に出てしまうのは、普通にいい奶茶だと思う。
c0200671_10461426.jpg


炸鶏中翼薯條は、手羽揚げが2本しかなくて悲しかったけど、あればあるだけ食べてしまうのから、2本でよかったのかもしれない。
c0200671_10461636.jpg

味は、自分で作る南乳揚げみたいで、美味しかった。ポテトはやや脂っぽかったけど・・・・


[お店の場所]
金百利餐廳
大角咀角祥街43號

by recipkoinhongkong | 2014-03-30 18:00 | Eat | Comments(2)
2014年 03月 29日

香港では巴士に乗れ!  [ 914バス 天后站 → 海麗邸 ]

旺角から大角咀街市をめざしてあるき、周りを殆ど見ずに終わったから、再度行ってみることにした。

中環の文華里のバス停は、沢山のバスがとまるのか、ポールが複数で場所も離れている。
c0200671_10465940.jpg

そんなに待たずにバスがきた。德輔道中を進んで、西區隧道を通るために干諾道へ。

西區隧道を抜けて、九龍側出口であるICCのたもとにある西區海底隧道収費廣場の、ふわーっと景色広がっているのが好きだ。

そこから佐敦道にはいると、香港島側とは異なる、むわっとした九龍半島側の街並みが見えてくる。これはこれで好きだなぁと眺めていると、バインミーが美味しい添記がある渡船街。

渡船街を東側の辺にし、文昌街、文蔚街、文苑街、文英街、文匯街と文のつく通りのこのエリアは、街の構造が、ネイザンロードを基準とした廟街や上海街等と街の造りと異なっているので、気になっていたのだ。

「文」が付く道で構成されているなか、なんでこんなところに「船」とついた通り名があるのだろう?と不思議に思い、別のことで読み始めた香港における水上居民について書かれた本で、そこが水上生活者たちの船が、台風などの際に待避する避風塘と呼ばれる船着き場となっていたのを知った。

埋め立てによってすっかり内陸となってしまったが、香港政府が油麻地避風塘にあつまる水上生活者を、陸に定住させるために作った街なのだろうか。

少し異質で、大好きな香ばしい雰囲気をもった街。

さらに、欣翔道、海弘道を過ぎて、奥運站がみえてきたら、櫻桃街に道をそれてぐるっと回ってから、大角咀道へ。奥運って数回しか来たことないエリアだ。

c0200671_1047252.jpg

今日は富貴街で降下。

by recipkoinhongkong | 2014-03-29 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2014年 03月 28日

同心泰國菜館@打鼓嶺道・九龍城

c0200671_1044302.jpg

タイの食料品店がならぶ城南道。九龍城に行った時には必ずここをチェックし、青パパイヤ、マナーオ汁、パームシュガーや、プリッキーヌー、タイ料理に必要な調味料などを調達する。

衙前圍道よりにある「同心雑貨批撥」では、揚げたてのバナナやイモのココナツ揚げも美味しいお店で、幅広く野菜やハーブ類、調味料、果物、惣菜など取り扱っている。

この店では、系列の同心泰國菜館の海南鶏飯醤(海南鶏飯用のタレ)や、辣醤(チリソース)を売っているのだが、これが美味しい。

九龍城でご飯を食べるなら、泰金國よりも気に入る店がないけれど、このタレが美味しい同心も依然から気になっていた(でも忘れちゃってた)。この日も、本当は泰金國で食べたかったけれど、OPENする7時までは待てなかったので、同心泰國菜館に行ってみることにした。

バス停「富豪東方酒店」を降りて目の前にある公園の後ろに、同心泰國菜館はある。
c0200671_10442752.jpg

17時過ぎだったため客は店内に3組のみ。

「初めて入ったタイ料理の店で頼むべきメニュー」にした。

泰式青木瓜沙律(青パパイヤのサラダ(ソムタム))
c0200671_10443777.jpg

辛さ控えめにと言わなかったので、辛さ普通で作られてきて、まったく味がわからなかった品。最初に食べた一口は確かに美味しかったけど、辛くて後わからなかった。


生菜包(ラープ)
c0200671_10443369.jpg

泰金國とは少し味付けが違うけれど、ここも美味しい。これは辛さ控えめで作ってもらったので、辛さギリギリで美味しかった。
豚で作ってもらったけれど、内臓は入ってないタイプ。

飲み物には、西瓜のフラペチーノである泰式西瓜沙冰!
c0200671_10443974.jpg

シロップを足しているのだと思うが、程よく甘くて、冷たくてスイカの味がしっかりしてて、すごく美味しい。今まで飲んだ西瓜ジュースで一番美味しい。

美味しいとは思う。泰金國がやってなかったら入ってもいいかなという位は美味しいと思う。
西瓜ジュースは飲みに来たい。



[お店の場所]
同心泰國菜館
九龍城打鼓嶺道11-13號地下

by recipkoinhongkong | 2014-03-28 18:00 | Eat | Comments(0)
2014年 03月 27日

文記海鮮飯店@紅磡街市熟食中心・紅磡

なにかクスリ盛ってるんじゃないか?というくらい、定期的に欲してしまう文記海鮮飯店でのご飯。
c0200671_14361015.jpg

行った時間が21時頃だったから、人がいっぱいいて佳境(?)に入っていた。

今回のテーマは、

たとえ残したっていい!食べたいものを食べるぞ!(いつも食べてるけど)

この日は、食べたいものはすでに決まっていたので、すぐにオーダー。

待っている間に、箸が止まらなくなるこれを食べる。
c0200671_14361346.jpg

ピーナツと、菜心の漬物。カリカリポリポリとまらない。しょっぱいんだけど止まらない。

そうこうしているうちに、キタ!
c0200671_14362530.jpg

今日は豪華3品立て!

欖菜肉崧炒四季豆(50HKドル)
c0200671_14361665.jpg

3回に1回は必ず頼んでいる気がする、大好きな料理。
欖菜というカラシ菜をオリーブ油に付け込んだ(ほんとうは、干しオリーブも入っているともっといいんだけど)ものと、豚ひき肉を炒めて、素揚げにしたいんげんと炒めたもの。これだけでご飯がめちゃくちゃ進む。

瑤柱蛋白炒飯(60HKドル)
c0200671_14361951.jpg

味が濃い物を頼んだ時、白飯でももちろんいいんだけど、ぶっかけ飯以外で白飯をあまり食べたくないので、あっさりとした炒飯にしている。これは干し貝柱と、卵白、きざんだ菜芯の炒飯。あっさりしていて、濃いおかずにぴったり。気分的な問題だろうけど、白飯よりもあっさり食べれる気がする。

椒鹽鶏中翼(55HKドル)
c0200671_14362219.jpg

カリッと揚げた手羽先に、これまたカリッと上がったニンニクなどがかかった手羽先揚げ。1本食べだしたら全部食べきるまで止まらないニクい奴。これと凍檸茶を午後のおやつするの大好きだった。

今日も大満足。

by recipkoinhongkong | 2014-03-27 18:00 | Eat | Comments(2)
2014年 03月 26日

必嘉街・紅磡

紅磡南道でバスを降りて右にいって、交差点を左に。

寶来街を少し進んで、HSBCが見えたら必嘉街。右に行けばパークン。でも今日は左に行く。
c0200671_18502321.jpg

ここはいつでもキラキライルミネーション。

通りというか、どう考えても団地と団地の間の広場みたいな湖光街の入り口に、いつも入ろうと思うとお休みだった甜品や。
c0200671_18502590.jpg

前よりも綺麗に、広くなっている。お店の看板は、蜂の巣をイメージしてるんだけど、化学式にしか見えないっ!

by recipkoinhongkong | 2014-03-26 18:00 | Street | Comments(0)
2014年 03月 25日

紅磡南道

確かに、上環の荷李活道は、初めて香港に来た時から大好きだが、それと同じ、またはそれ以上に香港の他のどんなエリアよりも紅磡が大好きだ。

住み始める以前は、名前すらも知らなかった場所だけど、住み始めてから今でも、紅磡ラヴである。

紅磡といっても、ジャスコ側はどうでも良くて、ホイワンヒンから紅磡南道、紅磡街市一体のエリアが、私の中の紅磡だ。
c0200671_18492852.jpg

特に紅磡南道のバス停は、バスで香港の街市を巡るためにいろいろ行って、このバス停に戻ってくると、あ~帰ってきた~とホッとする。

すごく疲れていても、
夕飯は紅磡街市の熟食で食べちゃおうかな?
パークンかウエルカム寄ろうかな?
足好運寄っちゃう!?
うお~っ!凍檸茶しばきてぇっ!(暑い日)
まだ小龍包食べれるかな~

などなど、疲れていたことを忘れて、ウキウキしてくる。

c0200671_18492436.jpg

バス停のいちだん下がった裏側は、日除けが付いたベンチがあり、一日中誰かしらいる憩いの場。近くに公園を整備したのに、やっぱり誰かしらここにいる。

新聞を読んでいるジジィ、夕涼みしている婆、腹出して放熱しているオッサン、犬の散歩がてらみんなでおしゃべりしているアマさん、ほぼパジャマみたいな恰好のおばちゃん。

夜おそい時間でも、犬たちが楽しそうに戯れていて、バス降りたとたんに一気に癒される。

理工大や、その宿舎、大きなサービスアパートメントやマンションがあり、紅磡站へ向かう人も多いから、真夜中でも安心。

by recipkoinhongkong | 2014-03-25 18:00 | Street | Comments(4)
2014年 03月 24日

香港歴史博物館 ~ 影藏歲月 ─ 香港舊照片展 ~

香港歴史博物館で今、特別展「影藏歲月 ─ 香港舊照片展」が開かれている。

いままでのメインエントランスが工事中のため、階段おぼった突き当りにチケットブースができて、オーディオガイドなどもここで頼む。

特別展「影藏歲月 ─ 香港舊照片展」は常設展とは別になっている。

19世紀の香港(と中国)をとった写真が展示されている今回の特別展を、とても楽しみにしていた。基本的に展示物をその場でじっと見るのが苦手で、楽しみにしていたものは図録を必ず買っている。

今回も、ほぼこの図録を買うために行ったようなものだ。

ちなみに図録は、チケットブースでお金を払って、館内の受付で引き取る。
c0200671_10413787.jpg

250HKドルという高さで少々ビビったが、引取に行ってみると5kgは有ろうかという立派な装丁の分厚い本で、これなら250HKドルもしょうがないかなぁという気になる。

しょっぱなからこれで萌える。
c0200671_10414062.jpg




目次。
c0200671_10414352.jpg

c0200671_10414590.jpg


これは1870年代の広州・珠江の風景。
c0200671_10414771.jpg


1860年3月撮影。当時半山區にあった督憲府から眺めたビクトリアハーバー。
c0200671_10414935.jpg


1870年の皇后大道東にあった杏花樓。手前に建っている押(質屋)の建物みたいなのを建てたい(?)。
c0200671_10415286.jpg


エジンバラ公が香港に来港したした時の歓迎の飾り。場所は今の擺花街。
c0200671_10415539.jpg


うちの茶餐廳はこのスタイルでいきたいw
c0200671_10415872.jpg


そして、1870年の文武廟。
c0200671_17141813.jpg


同じアングルで144年後の今(2014年3月)。
c0200671_17141566.jpg


重かったけれど、図録を買ってきてよかった。

by recipkoinhongkong | 2014-03-24 18:01 | Play | Comments(2)
2014年 03月 24日

今日何作る!?(2014年03月第4週版)

香港食物環境衛生署が週1回発行している「今日買乜餸」。


今週はボルシチよーぅ!
c0200671_1431671.jpg

(香港食物環境衛生署HPより)
http://www.fehd.gov.hk/tc_chi/pleasant_environment/tidy_market/today_market_food.html

by recipkoinhongkong | 2014-03-24 18:00 | today market food | Comments(0)
2014年 03月 23日

香港では巴士に乗れ!  [ 115バス 港澳碼頭巴士總站 → 九龍城碼頭 ]

何度も同じ路線のネタで恐縮だけど、一番乗るからしょうがない(?)。

上環を拠点としているのに、ついつい心の故郷である紅磡にいきたくなってしまう。

紅磡站下にあるクロスハーバートンネルを通る過海路綫である100番台。数ある100番台の中でもとびっきり本数が少ない115バス。101とか104とか110なんて数珠つなぎになることもあるほど本数があり、115に分けてくれよっ!と何度思ったことか。
c0200671_18483766.jpg

だから1本1本が大切で、港澳碼頭巴士總站で115バスがあり、あまつさえ電光掲示板がついてた時にゃ~、かなり焦ってダッシュで向かってしまう。

ただ、こういう時に限って到着したばかりだったりするので、電光掲示板も恨めしく見たり・・・・
c0200671_18484013.jpg

出発すると、干諾道中にはいって、林士街に曲がってから德輔道中を進む。

お約束の2階最前列を楽しんでいると、前に走っていたトラックが、
c0200671_1848434.jpg

捐 血 救 人

と書かれていて、ドキっとした。

輸血用の搬送車なんだろうけど、香港だと攫って血を抜いてそうだからっ←いつの時代の香港だよっ!

変わらないようで変わっている車窓を眺めながら、この日はあっという間にクロスハーバートンネルを越えて紅磡側のバス停にとまる。

いつもなら、ここで本線に戻って、ちょっといったらトンネルくぐるはずなのに、左車線側のまますすみ、これまで115で通ったことがない陸橋を越えた。
c0200671_18484677.jpg

えーーーーっ!

で、結局いつもの紅茶館前にでるトンネルくぐるんだけど。


今日は紅磡南道で降下。

by recipkoinhongkong | 2014-03-23 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(2)