菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2015年 06月 30日

勤興山貨@皇后大道西・上環

│位置図
c0200671_13283618.jpg


日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★★☆☆
香ばしさ度  ★★☆☆☆
お宝発見度 ★★☆☆☆ 

[地区] 香港島
[エリア] 上環
[住所] 香港上環皇后大道西175號下


皇后大道西を歩いていると、乾物や漢方薬屋、葬儀関係の店とともに、ふと古い景色を見つけることができる。

c0200671_20161540.jpg


店頭にぶら下がったものから行くと、間違いなくごみ・・・・じゃなかった日用品店なのだが、ここは一般的な日用品ではなく、竹や笊や木工製品などを取扱う店。

いつも通りかかって中を覗くけれど、食器類がないので、ざっと見て終わってしまう店。
かなり前に、小さな蒸籠を買った覚えがある。

調べてみると、↓のブログ?ニュースサイトが取材をしてて詳しかった(広東語)
明星八掛大分亨★☆


ちなみに竹の市場籠、蒸籠、ザルなどほかの店で買って持ってるので、なかなか買うものがない。

※2017年1月 お店が道路はさんだ向かい側に移転してます。


[お店の場所]
勤興山貨
上環皇后大道西175號


by recipkoinhongkong | 2015-06-30 18:00 | Shopping | Comments(0)
2015年 06月 29日

余均益@第二街・西營盤

│位置図
c0200671_1645888.jpg



齒來香蛋卷を後にして、そのまま第三街を歩きづつけることにする。

すぐに西營盤街市が見えてくるのでここも通り過ぎる。東邊街までいって下るようかな?と思ったら、古いマンションとマンションの間に階段を見つけた。
c0200671_1864779.jpg

匯安里というその階段を下っていると、公園のような空地のような柵で囲われたところがあり、ネコがのんびりで毛づくろい。

中ほどから、第三街側を見上げると、木漏れ日と建物とその上に広がる青空がとても気持ちがいい。
c0200671_1864970.jpg

建物と建物の間に時々存在する、こういう小さな通りは、字面からは窮屈さを感じるが、実際にそこにいると、いつまでも座っていたい居心地の良さがあり、ネコがのんびりするのもわかる。
c0200671_1864844.jpg

建物の一つ一つを見ると、コケが生えていたり、グサグサしてたりと、最新の作りでもなければ、きれいでもない。だけど、どこから生えているのかわからない木や、くすんだ壁の色や、古い窓ガラスに味があって素敵よね。

階段を降り切ってぶつかるのは第二街

左へ曲がるとすぐに辣椒醤で有名な余均益の本店がある。
c0200671_1865038.jpg

作っている商品は香港の食べ物に欠かせないオレンジ色がきれいな辣椒醤(チリソース)だったり、辣油だが、高級食材店みたいな作りのお店。

店内も、一つの商品につき2つずつ位しか並んでいなくて、なんかすごい高そうなんだけど・・・・とビビるものの、そもそもが庶民が使ってきた伝統的な調味料なので30HK$程度だったりする。

前回に辣椒醤を2本買っていたので、今回は香辣油という辣油をかった。
c0200671_1865062.jpg

元々辛いものが得意ではないので、あまり辛いものに興味はないけれど、ラー油は餃子に必須。この香辣油は初めて使ってみたけれど、これが美味しくてびっくりした

中にはごま油にたっぷりの唐辛子はもちろん、花椒が入っているんだろうか、香りがよい。もちろん辛さも私にとってはヒーとなるくらい。でも美味しい。

正直、これ使ったら李錦記やS&Bが物足りなくなった・・・・

ちなみに余均益の製品は、香港製造、防腐剤とか変なもの無添加なので気に入っている。

[お店の場所]
余均益
香港西環西營盤第二街8號地下
www.yukwenyick.com.hk/


==============================

by recipkoinhongkong | 2015-06-29 18:00 | Shopping | Comments(0)
2015年 06月 29日

今日何作る!?(2015年6月第5版)

香港食物環境衛生署が週1回発行している「今日買乜餸」。

今週のラインナップ。


芫荽皮蛋鯇魚湯 涼拌辣青瓜 土魷蒸肉餅 清炒蝦仁
赤小豆扁豆老黃瓜湯 蒜蓉炒白菜仔 古法蒸黃腳 茄汁牛扒
番茄牛肉湯 叉燒炒蛋 荷葉蒸蝦 蠔油草菇煮豆腐
豆腐大眼雞湯 芽菜炒肉鬆 椒鹽九肚魚 香芒金菇牛柳
蓮子百合木耳牛湯 香菇小棠菜 甜豆炒牛肉 雙耳滑雞
青紅蘿蔔豬肋骨湯 墨魚炒菜 清蒸桂花魚 西蘭花雞柳


c0200671_16405329.jpg




(香港食物環境衛生署HPより)
http://www.fehd.gov.hk/tc_chi/pleasant_environment/tidy_market/today_market_food.html

by recipkoinhongkong | 2015-06-29 17:59 | today market food | Comments(0)
2015年 06月 28日

齒來香蛋卷@第三街・西環

西營盤站の般咸道に面した出口Cへと通じるエレベーターを降りると、本当に真正面に般咸道。

般咸道を少し香港大学側へ歩き、正街のエスカレーターで下る。
c0200671_1854215.jpg

そのまますぐ下の通りである高街にはいり、散策しながら西邊街にぶつかったら下っていく。
c0200671_1854342.jpg

この通りは教会や医院やら、公共浴室やらがあって、オールド香港な街並みが素敵な通り。

ほんの数メートルで第三街へとまた入る。緩やかに坂を下っていくと、右手に齒來香蛋卷が見えてくる。
c0200671_1854410.jpg

少しずつ食べていた蛋巻が、なくなってしまったのでお土産も兼ねて補充。

ジェニーベーカリーは買うことがないけれど、これは両親にも好評で(ほろほろだからジジババでも食べやすいからか)、缶入りの缶もかわいいので気に入っている。


今日は缶入りの蛋卷(長いののみ)と2つと、袋にはいった蛋卷(短いのもある)を購入。

あとは大きく振ったりせずに、そっと持ち帰る。


[お店の場所]
齒來香蛋卷
西環西營盤第三街66號福滿大廈地下

by recipkoinhongkong | 2015-06-28 18:00 | Shopping | Comments(0)
2015年 06月 27日

麗姐茶餐廳@寶文街・筲箕灣

筲箕灣にて一休みしに入った茶餐廳。
c0200671_180856.jpg

店構えはいたって普通。
c0200671_1803632.jpg

店内もいたって普通。
c0200671_1803498.jpg

伝票もいたって普通。
c0200671_1803721.jpg

頼んだのは奶茶もいたって普通。
c0200671_1803716.jpg

奶油多もいたって普通。

普通って素晴らしい。






[お店の場所]
麗姐茶餐廳
筲箕灣寶文街8號地下


===========================

by recipkoinhongkong | 2015-06-27 18:00 | Eat | Comments(0)
2015年 06月 26日

機利士南路西側地帯 その1@機利士南路・紅磡

│位置図
c0200671_1430787.jpg





紅磡に住んでいた時、ほとんど足を踏み入れたことがなかった機利士南路を挟んだ向こう(漆咸道北)側エリア。

香港随一の(?)火葬場裏にあって、花屋(もちろん葬式用)と骨壺店と、葬儀用品店、老人介護用品店が賑やかに集まっているこの一帯は、ちょっと空気の違う香ばしい空間だ。

大阪のジャンジャン横丁周辺的な香ばしさではなく、多磨霊園周辺的な陰気くさい雰囲気が躊躇させていたのだと思う(勝手な思い込みよー)。

ま、実際もちょっと陰気くさいんだけど。

私の中の呼び方はきりしなんろ(そのまんま)だったので、英語だとギリースということに驚いたわ。

ただ、踏み込んでみると結構面白い通りで、もっと早くに行ってみたらよかったなぁと後悔しきり(でもない)

c0200671_731257.jpg

家の補修や水回りの工事をやる店・・・だけど、士多(ストア)もやっている。
c0200671_731336.jpg

向かい側は、サービスアパートメントだろうか。
c0200671_731499.jpg

ここにも士多。このエリアは商店というよりも、士多という感じの小さ目の店ばかり。
c0200671_731556.jpg

場所柄(え?)老人ホームも多い。
c0200671_73162.jpg

寶其利街の錦記海鮮大排檔。夕ご飯の時間にはまだ早すぎるから、空いていた。
c0200671_731675.jpg

老龍坑街。蟹粥や蟹蒸しおこわが美味しい生記もここにある。

c0200671_731794.jpg

のんびりワン君も寝てますよー



==============================

by recipkoinhongkong | 2015-06-26 18:00 | Street | Comments(0)
2015年 06月 25日

叮叮 (トラム)  [ 筲箕灣電車總站 ]

c0200671_17572951.jpg

筲箕灣のトラム總站はとても素敵だ。

ケネディタウンや、ウエスタンマーケットや、ハッピーバレーなどそれぞれの行先の終点があるけれど、その中でも一番雰囲気があるのは筲箕灣じゃないかと思う。
c0200671_17573071.jpg

筲箕灣東大街の通りのカーブと金華街の突き当りに、壁ではなく中洲のような感じで広めの歩道を配し、ここをトラムの總站としている。
c0200671_17572719.jpg

カーブの曲線に合わせたトラムステーションの屋根と、わきにトラムが止まっている姿は、なんだか香港歴史博物館に置いてあるヤツみたいで時が止まったかのよう。

c0200671_1757286.jpg

照明器具のレトロなのにとてもモダンなデザイン、まるで芋虫みたいでとてもかわいい。

特にこの時は、夜明けと朝の中間くらいの時間で、オレンジ色の街燈がまだついていたから、余計に雰囲気がある。
c0200671_17573019.jpg

ここからトラムにのってほんの少しだけ移動。
c0200671_17573182.jpg

木製の冷房なしの車体は、朝の曇りがちな日に走ると、風が心地よくてとてもいい。



===========================

by recipkoinhongkong | 2015-06-25 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2015年 06月 24日

明星海鮮酒家@筲箕灣東大街・筲箕灣

朝食はどこで食べようかと探しあぐねていくと、シャリシャリしたビニール袋に新聞とTEMPOをいれて持って歩いたオッサンが目の前を歩いており、ふらりと曲がったと思ったら、この時間にあって明るい入り口を持つ酒家に入っていった。

酒家ということは、飲茶だ。

私も続いて入ってみた。
c0200671_17581318.jpg

地階(1階)は明るかったけれど、2階に上がってみると入り口の照明は落としたままで店内も照明が入っていない。

でも見るとジジババたちがワンサといたので、もうやってるんだなとずんずん入っていった。

こういう地元のジジババ衆が集まる飲茶は、美味しいけれど、超ドローカルルールもあって、座っていい席といけない席が暗黙の了解で有るから油断ならない。

誰かがいつも座っている席に間違って座ろうもんなら、想像以上のしつこさで、席代れ代れ攻撃がくる(いえばいいのに。。。。)。

店側がそれをわかってて、そうでない席に通してくれるといいけれど、ここは完全放置で勝手に席を選ばなくてはいけなくて、ロシアンルーレット状態だ。
c0200671_17581431.jpg

とりあえず誰も座ってなかったので座った席。
c0200671_17581533.jpg

器は置いてあり、ボウルは持ってきてくれたが、お茶とお湯が来ない・・・・しょうがないから給湯室にいって、朝から超殺気立っている小姐に「ぼ・・・ぼーれい・・・」と伝えてポットを受け取った。

オーダーは記入式。グランドメニュー(いいすぎ?いいすぎ?)と週末メニューがある(ダブってるけど)。
c0200671_17581689.jpg

c0200671_17581676.jpg

いつもなら食べたいものに鉛筆でチェックをいれると、サッと小姐が持って行ってくれるけれど、ここは待てど暮らせど取りに来てくれないので、レジに行くと、伝票刺しに大量のオーダー票が刺さっていた。

そうか!持ってきてさしておけばいいんだ!と自分もぶっさして安心して席に戻る。

・・・・しかし、どうやって私のだとわかるんだ?と今頃気づき、ふと見るとさっきまでいなかったレジで猛烈にオーダーを入力している別の小姐がいた。

卓番号書くの忘れたっ!!とあわててオーダー票を取りに行き、その場で記載。卓番号がわかっても席番号がわからないので1人と書いたけど・・・・

戻ってくると、ジジィが一人相席となる。このジジィがとても神経質そうで、自分のエリアを新聞やお皿でさりげなく線引き。そして、もう一人ジジィがやってきた。

やってもーた

と、この時ロシアンルーレットで打ち抜かれた気分を味わいながら、なるべくチンマリとお皿とかを並べて、小さくなってることにした(よそ者だからね)。

今日のオーダーは、

家郷炒米粉
c0200671_17581720.jpg

キャベツ、にんじん、ハム、玉ねぎ、セロリ。一口目が味薄目?と、少し物足りなく思う味付けのほうが、結局は最後まで美味しく食べることができるように思う。ここのも薄味炒米粉で、濃いめの鳳爪とぴったりだった。

鼓汁蒸鳳爪
c0200671_1758182.jpg

香港で飲茶食べる時の定番。通称・チョキ。

見た目はグロテスクかもしれないが(もう何とも思わないけど)コラーゲンたっぷり。口の中で骨から綺麗に剥がしてペロリと食べてしまう。時々この鶏、1メートルくらいあるのか?ってくらい大きな鳳爪の店があるけれど、上品でちょうど良い大きさでプリンとしている。

一緒にピーナツやカボチャが煮込まれているけれど、この店はピーナツ。うれしい^^

蜂巣炸芋角
c0200671_17581915.jpg

マッシュしたタロイモをフットボール型にまとめて、上からネット状のラード包んで揚げたもの。サクサクで中はホコホコ。これをお粥にいれて食べるのが好き(コクがでるので)

水晶鮮蝦餃
c0200671_17582016.jpg

最初、鮮蝦菜苗餃が来て「あんたでしょ!これたのんだの!」と怒られたので、違うわい!蝦餃頼んだんだわい!と言い返したら、チッと舌打ちされて引き下がったあとで、ごめんごめん蝦餃ねと持ってこられた品w

飲茶で時々ある風景。旨かったからいいけど。


一人で食べるには多すぎだったw


最後まで、ジジィたちの場所取りプレッシャーを与えられて居心地はよくなかったけど、それもご愛嬌。
c0200671_17581921.jpg



[勝手にのせちゃうメニュー]
c0200671_1335040.jpg

c0200671_134542.jpg

c0200671_1341897.jpg





[お店の場所]
明星海鮮酒家
筲箕灣筲箕灣東大街108號地下至1樓

by recipkoinhongkong | 2015-06-24 18:00 | Eat | Comments(2)
2015年 06月 23日

香港では巴士に乗れ!  [ 15 バス 紅磡碼頭 → 平田 ]

紅磡好きゆえ、搭乗回数も多い15バス
c0200671_1350953.jpg

紅磡碼頭巴士總站から乗ることがもちろん多いけど、どこ行っても15バスにのって帰ってきてる気がする。

ものすごく疲れていてバスの路線を検討する余裕もないときに、15バスを見かけると「紅磡帰れるぅ~;;」と、とても安心するバス。

私の中では通称ヒラタ行きと呼んでいるこのバスは、大体が紅磡碼頭からなら、紅磡南道(碼頭から歩くのがめんどくさくて)、または九龍城行くときに利用する2択。

途中で降りることが最近なかったが、今回は土瓜灣あたりで降りる用がある。

紅磡街市前からのびる馬頭圍道は、豆漿と餃子が美味しい豆漿王阿媽がある、バス停でいうと石塘街から土瓜灣エリアとなるけど、短い通りながらも、香港の昔っぽい生活がまだ見えるような気がして好きな通りだ。
c0200671_13501142.jpg

紅磡街市の手前、蕪湖街に出来上がっていたホテル。次回からはここを定宿とするかもしれない(外から見ても怖いくらいに中国人いたけど)。

c0200671_13501337.jpg

紅磡街市。
c0200671_13501425.jpg

さらに北上して庇利街との交差点。左側を見ると高山劇場と書かれている。

今回はもう一つ先のバス停、石塘街。
c0200671_13501670.jpg

このあたりに立っている古いアパートである唐楼(エレベーターが付いていない古いタイプのアパート)は、いつみてもノスタルジーにあふれている。

この日は、石塘街で降下。

by recipkoinhongkong | 2015-06-23 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2015年 06月 22日

ウロウロうろうろ筲箕灣  [ 望隆街~金華街~筲箕灣東大街 ]

望隆街をそのまま歩いて、もう一度金華街へと入る。
c0200671_17563416.jpg

小巴がたくさん並び、昼間はそれに加えて人通りも多くてざわつくこの通りは、この時間だとまだまだのんびりしている。

道の先には、トラムの筲箕灣總站が見えてくる。
c0200671_17563517.jpg

筲箕灣總站をまがり、筲箕灣東大街に入ると、目の前には筲箕灣街市。相変わらずやる気がないw

筲箕灣東大街に再度戻ると、なんとここにも素敵なごみ・・・じゃなかった日用品店チェーンの萬豐家居百貨がある!!!
c0200671_17563661.jpg

しかし、早すぎて開いていない。でも店先にぶら下がっている残滓(?)を見る限り、なんだか面白そうなので今すぐ開けなさーい!!

c0200671_17563731.jpg

ずいぶん前にいって、凍檸茶が美味しかった平記餐廳もまだあって一安心。営業開始は7時からだろうか。早く開けなさーい!

c0200671_17563844.jpg

このあたりは茶餐廳やパン屋さんも多くてわくわくする。そして、この建物の入り口上にあるはめ込みガラスに見とれる。すごくかわいくないか。これ。。。
c0200671_17563875.jpg

焼き立てパンの香りは、世界共通で幸せな香り。使いこまれた天板の色もいい感じで、パンと同様に萌える。
c0200671_17563981.jpg

ここでパンをかって食べようかなとも思ったけれど、もう少しウロウロしてみよう。




=======================

by recipkoinhongkong | 2015-06-22 18:00 | Street | Comments(0)