人気ブログランキング |

菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 31日

香港では巴士に乗れ!  [ 259D バス 龍門居 ~ 鯉魚門邨 ]


屯門碼頭をでると目の前は、軽鉄の屯門総站。ここを抜けて湖景路沿いにあるバス停へと向かう。

湖景邨湖畔樓から259Dにのって、觀塘方面へと向かうのだ。

10分程まってきた259D
c0200671_08130264.jpg
早速二階へ上り、一番前席をキープ!と思ったが先客がいた。ちっ!
c0200671_08130386.jpg
安定站を過ぎると、ぐるりとループ状にまがって、屯門公路へ入った。
c0200671_08130466.jpg
屯門公路は、海が気持ちよく見えるルートで楽しい。

屯門公路をひた走り、深井村を過ぎたジャンクションで汀九橋へとルートをとって、長青隧道を抜けると、美孚。ここからが一苦労。
c0200671_08130581.jpg
獅子山が見えるこのルートは、バスから九龍エリアを見下ろすような形になるが、その分、坂道もきつくて、バスもえっちらほっちら上っている感じがする。

龍翔道という名の通り、緩いカーブが続いていく。登り切ったときには、こちらもなんだかほっとしてしまうのだ。

今日は、彩虹も過ぎた先にある啟業邨で降ります。






by recipkoinhongkong | 2016-10-31 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2016年 10月 30日

富裕小輪 大澳 ~屯門線 「大澳碼頭 → 屯門碼頭」


すっかり大澳から次に行く場合は、屯門までフェリーで行くのがお約束になった。
c0200671_08105020.jpg
時間を合わせるのが大変だけど、約20キロの小さなフェリーの旅は面白い。

着々と作られている香港とマカオと大陸をつなぐらしい道路。
c0200671_08105094.jpg
空港を過ぎたあたりから、一気にα波があふれる船内。
c0200671_08105176.jpg
屯門に到着。
c0200671_08105247.jpg


by recipkoinhongkong | 2016-10-30 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2016年 10月 29日

永安百貨@大澳永安街・大澳

c0200671_08082452.jpg

日用品 ●╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★★★☆
香ばしさ度  ★★★★☆
お宝発見度 ★★★★☆ 

[地区] 大澳
[エリア] 大澳
[住所] 大澳永安街58號


順安百貨での買い物に、ホクホクしつつ、街市前のバス停で待っていたら、

予定のバスは、街市には来ないことが発覚

えええーー!!と慌てて梅窩碼頭へ引き換えし、次のバスに乗ることにした。

あーこりゃ、フェリーの時間に間に合わないなーと思っていたら、バスのルートが(想定していたのと)違って、フェリーが来る15分位前に大澳に到着した。

凍檸茶飲む時は、大澳でちょっとのんびり見て回る時間あるなぁと余裕ぶっこいてたのに!と、あわてて大地魚粉を買いに走る。

前に買った大澳街市街の順利號に行こうかと迷ったけど、時間もないし近い方で!と大澳永安街をそのまま走った(たぶん距離的に変わらず)

無事、大地魚粉などを手に入れて、包装している時間ももどかしく待っていた時に、ふと左に首をむけると、何やら数メートル先に気になるものがぶら下がっているじゃないですか。
c0200671_08082356.jpg
時間がない・・・でもこれを逃したら・・・・と受け取るのもそこそこに、店に走って行って飛び込む。

素敵なごみスカウターを最大出力にしてサーチすると、いろいろと気になるものがでてきた。

店内は、古めかしい、まさに雑貨屋といった風情で、日用品やら文具やらおもちゃやら、いろいろ雑多に置いてある。

壁に作りつけられた棚のガラス戸のいい感じの古さ・・・素敵ねェなんておもってたら、帝華柄のレンゲなどが押し込んであった。

はぁ!?

と、あわててひっぱりだして、即座に買う買わないを分け、まさか他にもあるんじゃないでしょうね!と店内を再度サーチする。

店主は、ふぉっふぉっといってくれそうな爺ちゃんで、ドカッと座ってテレビを見ていた。

その座った足元に収錢台があり、その脇に棚があった。棚の私側の側面にはザルがぶら下がっていて、棚の奥はほとんど見えないんだけど、ちょうど一角に金色のピカッ!としたものをみつけた。

即座に笊をどかし覗きこんでみると、なんじゃこりゃぁぁぁぁ!!という品が出てきた。

爺ちゃんに、やうもうにご!?(これ他にもある!?)みせたら、もう!○×△■!と即、言われた(たぶん「そんな古いもんはもうないんじゃ!」とか言ってたんだと思うわ)

ああ!店ごとひっくりかえしたい!

と思いながらも、時間がないので、とりあえずお会計。

爺ちゃん、歳なのかリュウマチなのか手が震えるし、立つのも大変そうなので、新聞紙で適当に包んでくれるだけでいいよーとアピールしたんだけど、

だめじゃ!そっちに袋があるから、とるんじゃ!

と指さしされた。私パッキング道具もってるからいいのにぃと指差された方向をみて、適当な安い服をいれそうなプラスチックの袋を渡すと、

こんなんじゃ、ペラペラで破れるじゃろ!ほれ!そこあるやつじゃ!そこに!

と再度指さされた。もー自分で後で包み直すから適当でいいのにぃーと、ぶーたれながら、なんだか赤い、香港でよく新聞とか何かのイベントで配られるようなエコバックを渡した。

これなら、大丈夫じゃろ

と新聞で包んだものをいれて、やっと渡してくれたので、ありがとう!!と猛ダッシュで店を飛び出しフェリー乗り場へいった。

ダッシュした割に、冷凍パインとか、パンとか買ってるし。。。
c0200671_08082435.jpg
ということで、永安百貨で手に入れたものは、

シンガポールで同じ柄の16cmのを手にいれてたのでびっくりした、赤紫色の雛菊柄のプレート。23cm位
c0200671_08082527.jpg
帝華柄の浅皿。大。底款はST中国制造。
c0200671_08082624.jpg
まったく同じもので、一回り小さいもの。底款はST中国制造。
c0200671_08082736.jpg

c0200671_08082887.jpg
帝華柄のレンゲ。
c0200671_08082954.jpg
勝手にSPモノと呼んでいるのは、今まで避けていたのだけど、同じSTものでも製造工程が古いままで人手がわかるものと、完全に機械化されてしまったんじゃないかなぁと思うものがあるので、その辺を見分けて買っている。

そして、今回の香港で手に入れた、素敵なごみ・・・じゃなかった日用品で一番お気に入りはこのリム付き深皿
c0200671_08083034.jpg
手に入りにくいという意味で、今回買ったモノで一番お気に入りになったのは、爺ちゃんが持たせてくれたこのバッグ。
c0200671_12521750.jpg
エルベ・シャプリエ(ずっと、エルベ・シャペリエだと思ってたわ…)を思わせる、トートバッグ(いいすぎ?いいすぎ?)。アップルデイリーがイベントの時にでも作ったバッグのようで、めちゃくちゃ使いやすくて、この後の香港では、持参のバッグをホテルにおいて、ずっとこのトートを使っていた。

ちなみに、帰ってきてからも使っているw



2016年11月8日 追記

11/4に再度いってみたところ、欲しい器が全くなくなっていた・・・・
そして、爺ちゃん、髪の毛切って少し若返っていた・・・・




by recipkoinhongkong | 2016-10-29 18:00 | Shopping | Comments(2)
2016年 10月 28日

順安百貨@梅窩涌口街・梅窩

c0200671_08091991.jpg

日用品 ●╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★★★☆
香ばしさ度  ★★★★☆
お宝発見度 ★★★☆☆ 

[地区] 梅窩
[エリア] 梅窩
[住所] 梅窩梅窩涌口街



やっぱり覗かずにはいられないのが、順安百貨


これまで頑なに帝華柄を見つけても、底款を見てSTだったら「中国制造と書いてない限り買わなくってよっ!!!」と上から目線で拒んでいたが、とりあえずSTでもいっか中国制造って一応書いてあるし・・・と一気にハードルを下げ(一応ST度にもよるけど)、お椀を買うことにした。

ここ順安百貨にあるのはわかっていたので、物色したら・・・

まぁね、本当に梅窩にくる時は毎回この店に来てたし、結構チェックしていたはずなんだけど・・・・

ちょっとマテ そんなのいままで なかったぞ

とちょっとした交通標語みたいな感想が出てしまうものがあった。

それが、これ。
c0200671_08091964.jpg
直径20cm程の朝顔型のボウル。金縁仕上げ。しかも縁から1cm位の所に、斜めに数本彫りがはいっていて、この仕上はシンガポールで手に入れたボウルにも入っていた。

c0200671_12502207.jpg


底款をみると、中国唐山 Made in China と書かれていた。

はぁ!?何コレ、いままでどこに隠してたの!?

というほど、適当な場所におかれていた(今までぜったいなかった!!!!)

買おうと思っていた帝華柄のお椀がなかったけれど、これまたなんでいきなりあるのよ?っていう、帝華柄の小皿
c0200671_08092077.jpg
今までぜったいなかった!(と、子供だったら寝転んでダダ捏ねてたね、きっと)


ボウル2枚と、小皿4枚で40HKドルだったと思う・・・・



by recipkoinhongkong | 2016-10-28 18:00 | Shopping | Comments(0)
2016年 10月 27日

麥生記冰室@梅窩涌口街・梅窩

朝食は食べたので大丈夫(なはず)だけど、フェリーで40分ものったなら、命の水が必要でしょう。


梅窩碼頭横にある熟食をすっとばし、街市方面まできてしまうのは、麥生記冰室に行きたかったから。
c0200671_08041375.jpg
9:30過ぎていたせいか、店内は満席。外においてあるテーブルに席があったので、相席させてもらう。

満席ということは、厨房も飲水部もパニックなわけで、外に座った客に気づいて注文取りに来る余裕なんてなし。

店内に入って、凍檸茶を注文して、外のテーブル!外の!とアピールして外で待つ。

ほどなくやってきた凍檸茶
c0200671_08041308.jpg
今日は休日の為、この後のフェリーの運航がいい時間だったので、街市前からバス乗っていったら大澳ついたら見て回る時間あるねー、と余裕をぶっこいてるひととき。






by recipkoinhongkong | 2016-10-27 18:00 | Eat | Comments(0)
2016年 10月 26日

梅窩碼頭から銀鑛灣路

c0200671_08025053.jpg

梅窩碼頭をでて、街市方面へ歩いていると、2匹の陸ガメ(?)を散歩させている人がいた。
c0200671_08024955.jpg
のそりのそり歩くイメージをもっていたけれど、この2匹は歩くのが早かった。
c0200671_08024850.jpg
(微妙に、かわいいような、怖いような・・・なぜか中学の時に流行ったコツコツババァの話を思い出したわ)


そして、毎回とってしまう、大好きな風景。
c0200671_08025143.jpg






by recipkoinhongkong | 2016-10-26 18:00 | Street | Comments(0)
2016年 10月 25日

中環6號渡輪碼頭へ


飲茶を食べた後、そのまま降りて行ってトラム・・・という手もあったけれど、腹ごなしがてらセントラルのフェリーピアまで歩くことにした。

威靈頓街の緩やかだが、じわじわと横っ腹に来る道を上り、 嘉咸街を降りていく。
c0200671_07550847.jpg
山側を見ると、徐々に緑色の工事用の囲いが迫ってきていた。

そのまま下って、皇后大道中へぶつかる。国慶節だから大きな中国国旗。
c0200671_07550859.jpg
何をどう否定しても、ここは中国なんだなぁと思う時。

皇后大道中に出てしまった場合、中環街市跡を横目に域多利皇后街をそのまま歩いていくと、徳輔道中へ当たる手前で、中環街市へ上がるエスカレーターがある。

ここでエスカレーターを上り、行人天橋を使って恒生銀行ビルを通り抜けて、IFCへ。

あとは、IFCモール内を通って、までの行人天橋へつながる。

ちょうど、IFCモールを出た所で、前日の国慶節の花火大会のゲスト席(?)があった。
c0200671_07550988.jpg
ここから、灣仔方面と、
c0200671_07551297.jpg
尖東・紅磡方面を見る。
c0200671_07551116.jpg
そのまま中環6號渡輪碼頭までいって、へ。

休日ダイヤなので、8時台に高速船があってよかった。
c0200671_07551362.jpg



by recipkoinhongkong | 2016-10-25 18:00 | Street | Comments(0)
2016年 10月 24日

蓮香樓@威靈頓街・中環


香港で飲茶する上で、誰もが知っているといっていい蓮香樓

他にも美味しい飲茶が出てくる店は、いろいろとあるから別に行かなくてもいいんだけど、雰囲気となると、行っておくかなと足が向いてしまう。

古き良き往年の香港の飲茶の雰囲気を感じれる店は、もう少なくなってしまったが、ここは相変わらずの高ジジババ度だ。


蓮香樓に行くなら、絶対に7時前と決めている。

7時を過ぎると常連がドンドンやってきて、マイテーブルがあるので気を使うのと、8時近くになると、それでなくとも常連客がいる時間で開いてる席を見つけるのが大変なのに、さらに観光客がやってきて席がなくなるからだ。
(ただし、蝦餃なんかは7時台にでてこなかったりするので、超ジレンマだけど)

この日も無事7時到着。
c0200671_07520273.jpg
変わらぬ店内に、顔がニヤケテしまう。
c0200671_07520365.jpg
この時間はテーブルが空いている時間なので、階段上ってすぐの柱横のテーブルに座れた。
c0200671_07520486.jpg
洗杯をしながら、何を食べるか考える。

ワゴンを押す飲茶ばあちゃんが、焼売あるよー!焼売~!と店内を練り歩くが、人が少ないとワゴンを押すのは楽だけどイマイチ張り合いがなさそうで、常連と立ち話をしてたり、なかなか回ってこない。

場所が厨房の目の前なので、こういう時は厨房にいって、やうもう問答をしてくるに限る。

やうもう はーがう?

もうっ

(っち、ないのかよ、粽作ってる場合じゃないっ!蝦餃蒸してよ!)

やうもう ちゃーしゅーぱお?

やう!
c0200671_07520542.jpg
厨房まえにいたワゴンを覗くと、鳳爪が入ってたので、
c0200671_07520463.jpg
にご!

と、夏休みのラジオ体操カードに似た、カードに判子を押してもらいながら、叉焼包と鳳爪をもらってくる。

叉焼包は、パオなだけにお腹で膨れるが、もう一品位食べたいなぁと、物色しにいって、腸粉にした。
c0200671_07520691.jpg

蓮香樓は、飲茶そのものもだけど、飲茶の時間と歴史を味わう店。


[お店の場所]
蓮香樓
中環威靈頓街160-164號



by recipkoinhongkong | 2016-10-24 18:00 | Eat | Comments(0)
2016年 10月 23日

華記家品店@寶其利街・紅磡

│位置図
c0200671_17481708.jpg


日用品 ●╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★★☆☆
香ばしさ度  ★★★★☆
お宝発見度 ★★☆☆☆ 

[地区] 九龍
[エリア] 紅磡
[住所] 九龍紅磡寶其利街44-56號 金華大廈


前回、紅磡に泊まった時に閉まっていた店。丁度通りかかったし、國慶節だけどとりあえず見に行ってみるか!と寄ってみたら、開いてた!!

店内ちっさ!
c0200671_06525151.jpg
置いてあるものは、こんな品ぞろえで家賃払えるのか!?と大きなお世話な心配してしまう感じだった。お目当ての中国制造
モノは見つけられなかったが、このところ見かけることがなかった、香港製造の箸をみつけた。
c0200671_06525128.jpg

今は、台湾製とか大陸製が多くなっている、この香港で、いや中華圏でよく使われているプラスチックの箸。

日本の端に比べて、先端が太いので最初使いづらいかもしれないが、慣れると平気だ。

家では台湾製のを使っていたが、この香港製造箸を使ってびっくり!

ほんの少しだけ細身に作られたこの箸は、もった時のバランスと掴みやすさが、使い慣れている台湾製のよりもしっくりくる。

16HKドル。


by recipkoinhongkong | 2016-10-23 18:00 | Shopping | Comments(0)
2016年 10月 22日

國際都會商場美食廣場@國際都會商場・紅磡

紅磡站は大きな土台(?)に立っているターミナルだが、その土台はは九龍站とほぼ互角、もしかしたら気持ちこちらの方が大きいかもしれない!?という程大きい。

地上階は貨物ターミナル(現在は、新しいMTRの駅を作るための各ゼネコンの資材置場なっている)と、1階は大陸への直通電車とMTR、奥上階にはバス站のほかに、紅磡站の駅舎と、コンサートで有名な香港體育館、さらにハーバープラザメトロポリス(國際都會軒)というホテル兼サービスアパートメントが建っている。
c0200671_06513509.jpg
メトロポリスはモールとオフィス棟にもなっており、ここを突っ切って海韻軒や海灣軒はもちろん、黄埔エリアにも行くことができる。

そのメトロポリスモールには、個人的に「紳士と淑女のフードコート」と呼んでいるフードコートがある。

一般的に、熟食が普及している香港だが、モールの中のフードコートというのはあったりなかったり。

シンガポールのホーカーズやフードコートよりも少ない印象なのだが、ここのフードコートはぴか一だ(元紅磡住民の贔屓目で)。

何故「紳士と淑女のフードコート」と呼ぶようになったかは、こちらをご覧いただきたい

週に何度か帰りに立ち寄り、美味しい精進料理の店があったのだけど、改装がはいって店が激減し、そのまま日本に戻ってしまったのその後どうなったのか心配だった。

今回、紅磡へMTRを使って行ったことから、フードコートを見に行こう!と寄ってみたら、前よりも綺麗になってあったーー!!!
c0200671_06513553.jpg
吉野屋とペッパーランチが増えて、そのほかの店も前と同じ店がかなり残っている。点心や煲仔飯のお店もある。
c0200671_06513747.jpg
何より一番うれしいのは、美味しかった精進料理の店が残っていたこと!!(緑色の店)

この店は、店頭のフードケースにステンレスのバットにはいった惣菜が沢山並べられていて、好きなおかずを選ぶことができるのだ。

店の奥にあった茶餐廳はなくなってベトナム料理やが入っていた。
c0200671_06513606.jpg
メトロポリスは、近くに香港理工大学があるため全体的に価格が優しい。学生やオフィス棟勤務しているなら10%引きなんてのもやっていてニクイ!

何より、いろいろ食べたくて迷っても、いろいろな店で買ってまとめて食べられる楽しさ!

熟食よりも小奇麗で、ハードルが低いので旅行者にもぴったりだと思う。



by recipkoinhongkong | 2016-10-22 18:00 | Eat | Comments(0)