菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 30日

香港では巴士に乗れ!  [ 21バス 彩雲總站 → 紅磡鐵路站 ]

c0200671_08445378.jpg
爺さんと仲良く散歩している柴犬を見ていたら、すっかりバスの写真を撮り忘れた。

ガッツリ歩くのはいいけれど、ちょっとそこに行くのが億劫なことがある。

大抵の場所は、道が平たんだからどんなに歩いても苦にならないが、九龍側は、特に界限街を超えると、急に山の麓感がすごくなり、かったるい。

この時も、距離にしたら1キロほどしかない彩虹邨に行くのに、急な下りを歩くのがかったるくなってしまい、始発だった21バスに飛び乗った。

バス停だと2つめで降りるつもりの短さなんだけど・・・・

さすがに、こんな短距離で乗る人なんていないよなぁと思ってたのに、一緒に乗り込んだ婆ちゃん2人組みも彩虹邨の同じバス停で降りていた。

このところ思うのは、邨と邨を結ぶ連絡バスのようなルートが必ずあってうれしくなってしまう。

そんなところも、バス移動の楽しさ。



by recipkoinhongkong | 2016-12-30 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2016年 12月 29日

兆禧街市@兆禧苑・屯門

c0200671_08080567.jpg
大澳からの小さなフェリーをおりて、バスターミナルを抜けた先にある団地群。

ここはいつも素通りなので、今日はちょっと見てみよう。
c0200671_08080698.jpg
香港らしく、バスターミナル上の建物から、ルートがつながっている。
c0200671_08080671.jpg
建物してには、兆禧苑商場というのがあるらしいが、地上まで下りてみる。
c0200671_08080871.jpg
街市があった。
c0200671_08080973.jpg
団地下の私設街市で店数は少ないが、そこそこ人がいるのがさすが。
c0200671_08080971.jpg
家庭五金用品屋が入ってる!と喜んでいたら、かなり五金に振れている店だった・・・
c0200671_08081140.jpg



by recipkoinhongkong | 2016-12-29 18:00 | Market | Comments(0)
2016年 12月 28日

香港では巴士に乗れ!  [ 203Cバス 大坑東巴士總站 → 尖沙咀東(麼地道) ]

58Xバスにのり、旺角警署の巴士站で降りて、そのまま旺角警署へ歩き、角を回り込んで、通菜街へ。

このバス停で、203Cを待って乗り込む。203Cはダブルデッカータイプではなかった。
c0200671_21055381.jpg
バスは、北上して、界限街へと入って、大坑東道に。
c0200671_21055566.jpg
ここからすぐにまた達之路に入ってしまったが、

ここは本当に香港か!?

と思える、ヨーロッパというかブルックリンのアパート群みたいな感じ(行ったことないけど)。ここだけ見たら欧米!

それもそのはず、名前からは想像できない、九龍側トップクラスの高級住宅街である又一村エリアだった。

うひゃー!なんじゃここ!と思っているうちに、又一城でグルッとして、大坑東道へ戻り、大坑東邨と南山邨に囲まれていた。


by recipkoinhongkong | 2016-12-28 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2016年 12月 27日

大澳永安街~大澳太平街

c0200671_20302459.jpg
前回10分足らずだったのにくらべ、今回は比較的ゆっくり見ることができると、もう一度大澳永安街にある、永安百貨へ行ってみたが、あの時のことが嘘のように、ほしいものが何もなかった・・・・
c0200671_20302594.jpg
店頭には、相変わらずナゾの品揃え。

c0200671_20302600.jpg
そのまま裏通りをぶらぶらしてみた。
c0200671_20302880.jpg
こういうグズグズの建物が、素晴らしく素敵に見える。

c0200671_20302991.jpg
この通りは、ハッとするほどキレイだったが、これはこの家が見られているのを意識しているからのようで、中ではいろいろと改装していた。何かの店にするつもりなのだろうか?という感じ。茶館とかだったら最高の雰囲気だった。

c0200671_20303027.jpg
この裏手。

by recipkoinhongkong | 2016-12-27 18:00 | Street | Comments(2)
2016年 12月 26日

梅窩の朝

オレンジ色の外灯が、銀鑛灣へと注ぐ川の両側の小道沿いに並んでいる。
c0200671_20272475.jpg
この明かりと夜明けの空の色があまりに美しくて、しばし足を止めて見入ってしまった。
c0200671_20272692.jpg
夜明けの時間に、梅窩にいるには、中環3:00のフェリーにのるか、タクシーで来るか、車で来るか、泊まっているか。

こういうのは、早起きの特権。


by recipkoinhongkong | 2016-12-26 18:00 | Street | Comments(0)
2016年 12月 24日

泰金國@衙前圍道・九龍城

c0200671_08561016.jpg









久しぶりに食べに来ることができた、九龍城の大好きなタイ料理店、泰金國。

1年以上ぶりなのと、自分のタイ料理のブラッシュアップのため、絶対にここで夕ご飯!と決めていた。

開店時間を勘違いしていて(というかまた、かわった?)7時過ぎについてしまったら、すでに満席。

1時間ほど待ってやっと店内へ。

待っている間に、店が変わったことに驚く。

何おそろいのTシャツとかつくっちゃってんの!?

オーナー(なのかなぁ)の女性は、最後に見かけたのは臨月のお腹を抱えて調理場にたっていたが、変わらず調理場にいてくれてうれしい。

頼んだのは、ソムタム(木瓜沙律)

少辣にしてもらったけど、やっぱり辛い。ここは糯米がないのが残念なのよね。おいしいけれど、なんか味が変わった気がする。


ラープ(生菜包/豚)
c0200671_08561104.jpg
この日のラープは、パクチーファランが使われていた。全体にナムプリックパオ入れ忘れた?という感じの、何か足りない味つけだった・・・
パクチーファランの香りが良かっただけに、残念。

といいつつ、おいしくいただきましたけど。本来ならもっともっとおいしいはず。


プラーヤーン
c0200671_08561255.jpg
安定のおいしさ。この[魚則]魚の独特の泥臭さというか、墨汁っぽい香りが堪らない!!身はふわっとしてて、かなり大きな魚なのにペロリと食べれてしまう。

プラーヤーンのタレ、ナムジムジェオ
c0200671_08561375.jpg
ナムジムジェオにもパクチーファランが一部入っていた(たまたまか?)。

比較検討して、自分で作るナムジムジェオに自信を持つ!(自己満足)。



[お店の場所]
泰金國
九龍城衙前圍道36號A


by recipkoinhongkong | 2016-12-24 18:00 | Eat | Comments(0)
2016年 12月 23日

豪華餅店@衙前圍道・九龍城


九龍城に行って、元気があったらチェックしたいのが、

豪華餅店

チョウユンファも買いに行ってたという豪華餅店は、太子道東から衙前圍道を歩いて向かうとき、街市を越えたあたりで、

あれ?こんな遠かったっけ?

と不安になる場所にある。

不安になったらそろそろと、不安を抱えて(?)進むと、見えてくるのが豪華餅店の看板。

よかったー、あったー

とたどり着いたら、外の窓に張り付いてパンのチェック。

豪華餅店で大好きなのは、黒糖っぽい半分に切ったラグビーボール位あるレーズンパンと、スポンジの間にクリームはさんだ丸ごとのケーキ。
c0200671_08544265.jpg
ロールケーキは買いたいけど、枕みたいなサイズで明らかに食べきれないのでいまだにアイテム。
c0200671_08544105.jpg
お店の前にいた子供と一緒に食いついてみてしまった。

残念ながら、この後ご飯だし、持ち帰るには時間がありすぎるので見るだけにしたけれど・・・

やっぱり買って帰ればよかったーーー!と後悔している。


by recipkoinhongkong | 2016-12-23 18:00 | Shopping | Comments(0)
2016年 12月 22日

彩虹邨から九龍城へ

c0200671_15103114.jpg
彩虹邨で一息ついたので、夕飯までの腹ごなしもかねて、九龍城まで歩いていくことにする。

彩虹邨を太子道東側から出て、そのまま太子道東の山側の車線を歩いていく。

ちょうど、道路改良工事をしているようで、途中で歩く道がなくなり(景福街への通路があったみたいだけど、行けるだろうと進みすぎてしまった)、しょうがないので用意されていた隧道を潜って反対側の海側車線に。

啟德社區會堂あたりに、それはもう雰囲気の良い行人天橋があり、太子道を超えてキキララモールへと行ける。

モールを潜り抜けて、彩虹道へと出ると、立体交差道路なのでちゃんと超えるケモノ道が整備されている。

あとは、東頭邨(ここはまた別の機会に来るつもり)前の樂善道を通り九龍城へ到着。

30分程度の道のりは、夜だったけれど楽しいそぞろ歩き。

香港はそぞろ歩きが楽しい。



by recipkoinhongkong | 2016-12-22 18:00 | Street | Comments(0)
2016年 12月 20日

鑽石冰室@彩虹邨・彩虹



いや~、来たかいあったわぁ、とホクホクしながら、これまた前回入らずにいた鑽石冰室へ。
c0200671_08530973.jpg
夕飯には早い時間だけど、昼食には遅すぎる時間。

でも店内は80%位お客さんがいる状態で、ご飯食べている人も。

店内は、古さを感じるつくりではないが、アイアン調の椅子やテーブル、珍しく茶餐廳模様のタイルではない床など、古いけど目新しく面白い。
c0200671_08531073.jpg
奶茶を頼んで少しだけのんびり。
c0200671_08531258.jpg
カバンから皿を取り出して、ニヤニヤしてみたり。

奶油多も食べたんだった。普通においしい油多だった(おなかすいてたから撮りもせずにペロリ)
c0200671_08531121.jpg

[お店の場所]
鑽石冰室
彩虹青楊路11號彩虹邨金漢樓37號地舖


by recipkoinhongkong | 2016-12-20 18:00 | Eat | Comments(0)
2016年 12月 19日

鴻興家品五金@彩虹邨・彩虹


日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★★★☆
香ばしさ度  ★★★★★
お宝発見度 ★★★★☆ 

[地区] 九龍
[エリア] 彩虹
[住所] 彩虹村金華樓地下3號
c0200671_08495893.jpg
10月に行ってみたものの、店が開いてなかった彩虹邨の鴻興家品五金へと再度いってみた。

画像撮らなかったが、彩虹邨はいったどこかの楼の壁に、

家庭用品・五金なら鴻興へ

的なことを書いてあった割に、だいぶ五金に振れている店頭商品。

プラスチックのたらい類はともかく、器類を見るとほとんどないというがっかり感・・・・
c0200671_08495418.jpg
でも店内の棚のつくりは古さがでていて、

素敵なごみがないなんて、あんまりだぁぁぁぁ!!

と、突っ伏して泣き出したいくらいだったが、ここでめげてはイカン!とふと視線を下すと、棚の手前にタレを入れるタレ皿(小醋碟)が2枚、重なってあった。
c0200671_08495529.jpg
(下から2段目にちょっと見えているヤツ)


上に乗っていた柄はいまいちで、同じ柄かなぁ・・・・と期待せずに上の皿を持ち上げると、

c0200671_08495786.jpg
!!!!!!!

探していた小紅花柄が現れたではありませんかっ!

素敵なごみの神様が、頑張っている(何を?)私へのご褒美に出現させてくれたんですか!!

というぐらいうれしくて、

1枚あるということは100枚あるということ。

というGの法則みたいなことを思い描いてテンションをあげていたら、店のおっちゃんが、

それ、2枚で5HKドルだけど、何枚いるの?

と、挑戦してくるではないですかっ!

たとえ、これ1枚100HKドルだったとしても買う気満々超臨戦態勢にある私に対して、1枚2.5HKドルとかオッチャン後悔するぜ!(?)と内心思いながら、


とりあえず、10枚。


と軽くジャブをかましてみた。おっちゃん「あいよ」と店内探してくれたけど・・・・


あいやー、ごめん、ごめん、もうら~

と返してきた。


だと思った。


あったらとっくに見つけ出しとるわっ!!!と超上から目線な感想を心に思いながら、お会計。

きっちり、2.5HKドル払ってきた。

店内でバックスタンプ見た瞬間、完全勝利のガッツポーズ。だって、一番ほしかった醴陵のなんだもの!しかも中国出品と書いてあり、これは古いものですぞ!
c0200671_08495643.jpg





by recipkoinhongkong | 2016-12-19 18:00 | Shopping | Comments(0)