菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2017年 01月 31日

れ記茶餐廳 ~ 飯麺 ・ 叉燒三蛋飯 ~

c0200671_21142992.jpg
帰りの空港で、搭乗口を間違えたおかげで手に入れた、香港人情味小吃
c0200671_21160650.jpg
ここに、上環にある孖沙茶餐廳叉燒三蛋飯が載っていた。
c0200671_21160744.jpg
どこからどう見ても、これはまずいわけないじゃないか!という、ごはんに叉焼を盛って、目玉焼きを3つ。

香港茶餐廳料理研究家としては、(ここで食べたことないけど)これを再現せずして、香港茶餐廳料理研究家を名乗るなかれ!(いや、そもそも勝手に名乗ってるだけだけど)

叉焼は、れ記茶餐廳の自信作であるレシピがある。
c0200671_21143376.jpg
先日いった香港。石湖墟街市の上にある熟食の焼臘店で食べた時に、焼臘とごはんの脇に、漬物(アルコールっぽくない奈良漬みたいな、甘めのカリカリしたおいしいやつ)がとても素敵だったので取り入れたい。

そうだ!台湾鉄道の弁当でも、豚肉の下のご飯には、刻んだ沢庵が載っていたぞ!

と、さっそく両者のいい所どりをし、今回は甘めでチープな感じのつぼ漬け(安ければ安いほどそれっぽい)を使うことにした。

叉焼を焼いて、ごはんも炊いて、つぼ漬けも千切りにしてセット完了。

あとは、この料理のメインである目玉焼きを焼くだけ。

画像から、黄身はもちろん、白身も完全に固まらせず、ご飯の上にのせたなら、重力でダラーンとなる程度に仕上げなくてはならない。

正直、幼いころから自分で作る目玉焼きは、蒸し焼き派で、茶餐廳で出すのは蒸さないカリカリ焼きタイプなので、作るのが結構ハードル高かったりする(つい蓋して蒸しちゃう)

心を鬼にして、フライパンをカンカンに熱くし、油を少しいれてからさらに煙がでるかでないか!?まで熱くし、そこに卵を落として、淵がカリッと焼けてきたところで、黄身や白身の日の通り具合など気にせずに、サッ!と用意しておいた、ごはんと叉焼の上にのせる。

あとは、鼓油をかけて召し上がれ。

叉焼じゃなくても、スパムでもペーコンでも、ソーセージでもなんでもいいのです。

間違いなくおいしいから。



c0200671_21143093.jpg



[材料]
叉焼の作り方はここを参照ください

好みの甘めの沢庵とか漬物

卵 3個

ご飯(タイ米・1合くらい)


 
[作り方]
1 叉焼を焼き、好みの厚さにきる。
2 沢庵は千切りにしておく。
3 皿にご飯を盛り、半分くらいの範囲に沢庵をちらし、その上に1の叉焼を乗せる(A~C)。
4 フライパンを熱し、油を少しいれて広げて、煙が出そうなくらい熱くしたところで、卵をいれ目玉焼きを作る。
5 ふちがカリカリになり、白身の5割程度が白くなったところで取り出し、3の皿の叉焼の上に載せれば出来上がり。
(A)
c0200671_21143353.jpg



(B)
c0200671_21143256.jpg


(C)
c0200671_21143112.jpg



by recipkoinhongkong | 2017-01-31 18:00 | れ記茶餐廳 | Comments(0)
2017年 01月 30日

天祐號日用什品零沽批發@濱海街・鰂魚涌


c0200671_09482829.jpg

日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★★★★
香ばしさ度  ★★★★☆
お宝発見度 ★★★★☆ 

[地区] 香港
[エリア] 鰂魚涌
[住所] 濱海街30號地下



前回もいった鰂魚涌の濱海街にある、天祐號へまたいってしまった。

前回買うのをやめたものをいくつか・・・・と思ったら、ここもなんだか整理されてしまっていた。(お正月前だから?)

今回はタオバオッたモノを取りに来たので、あまり大物は買えないし・・・とあきらめ、小皿とレンゲなど物色。

今回の天祐號での恒例のアレ、いきます。

坪洲で4色花柄の湯皿が見つかってホクホクだったが、ここでは同じ柄のレンゲが見つかった。
c0200671_09012815.jpg
一つは、柄オチしているという、かわいさ。

あとは私の中で外賣用箸が気になる存在だったので、いろいろみてたが、パンダ柄があったので手に入れた。
c0200671_09012869.jpg
尻のラインがプリチーなパンダ柄。笹の絵もかわいい。



by recipkoinhongkong | 2017-01-30 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 01月 29日

香港では巴士に乗れ!  [ 10バス 堅尼地城 → 北角碼頭]


正街での発掘調査が中途半端ななりに成果もでたところで、移動開始。

目的地は、鰂魚涌
c0200671_11151849.jpg
まずは、德輔道西まで下りて、10バスにのり、北角のちょっと手前にある七海商業中心のバス停で一度降りてから、116に乗り換える。

116に乗り換えたら、終点まで行ってしまおう。


by recipkoinhongkong | 2017-01-29 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 01月 28日

新年快楽

c0200671_09023121.jpg
恭 賀 發 財
萬 事 如 意
身 體 健 康


by recipkoinhongkong | 2017-01-28 01:00 | Goods | Comments(0)
2017年 01月 27日

華樂冰室@東街・上環



皇后大道中から、西に代わる直前の上環文娛中心で降りる。

ここで降りたら、東街の階段と坂を上っていき、荷李活道まででて、協和號へ。

前回もややニオッていたが、今回さらに洒落っ気が出てきた協和號。

つまらなくなってるじゃないかーーー!

と暴れたい気持ちを抑えて、店内を一応チェック。

思わず樂古道の坂道を下ってしまったので、もう一度グルッと回って東街の階段へ。

源興でスパイスを少し調達。

お客さんの連れていたシェパード、足が大きい!のに、とてもおとなしくてよい子。ほぼ夏日のようなこの日だったので、早く帰りたい・・・という顔が印象的。
c0200671_09021289.jpg
スパイスかったら、向かい側にある華樂冰室へ。

私にとっては香港のホーム茶餐廳といっていい場所だから、入るとホッとする。

この日も、命の水、凍檸茶
c0200671_09021296.jpg
と、1時間前に昼ご飯を食べたはずなのに、お昼何食べよう・・・とか考えながら小腹埋めるように頼んだ奶油多
c0200671_09021301.jpg
一息ついた後で、東街の階段を下りて、そのまま兆和貿易有限公司へもいったけど、なにも欲し物やウハッ!となるものがなかった・・・・



by recipkoinhongkong | 2017-01-27 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 01月 26日

香港では巴士に乗れ!  [ 7バス 中環碼頭 → 石排灣 ]


長洲からのフェリーは、セントラルフェリーピア(中環碼頭)のいくつかあるピアの中で5號に着く。

船を降りて碼頭を出れば、IFCのビルとバスターミナルがみえ、その先にあるのがバス停。

中環碼頭のバス乗り場はいくつかあるが、一番大きな中環7號碼頭巴士総站から、バスに乗ることにする。
c0200671_09012084.jpg
目的地は、しかも上環だから、歩いても大した距離じゃないけど・・・

いくつかある路線で、早く来たほうに乗るつもりだったので、この日は、7バス 石排灣行き。
c0200671_09012115.jpg
茶をしばきたかったので、上環文娛中心で降りる。



by recipkoinhongkong | 2017-01-26 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 01月 25日

新渡輪 長洲~中環(五號碼頭)


適当に行動しているようで、(できれば)事前に予定してた通りきっちり無駄なく行動したいので、フェリーの時間を考えてごはんも食べ終わり、10分前には長洲碼頭へ(やることなかったという噂もある)
c0200671_08595471.jpg
ここからは、普通に中環行きのフェリーにのり、しばし熟睡タイム。

この時乗ったのは、タイムテーブルでは高速船ではなく普通船だったはずなんだけど、高速船だった?
c0200671_08595518.jpg
セントラルフェリーピア 中環碼頭に到着。

午前中に離島での調査を終えて、午後には香港島へ戻ってきたかったので予定通り。1時間眠れて自身の充電もできたので、ここからまだまだいくぞー!


by recipkoinhongkong | 2017-01-25 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 01月 24日

永佳茶檔@海傍街・長洲



3時間くらい前に朝食を食べたような気がするが、ヒトはなんと燃費の悪い生き物なのだろうか。

大きなシートが掛かったいかにも大排檔!という雰囲気の長洲熟食市場

海側ではなく、裏側に回って、適当な店で昼食。
c0200671_08590644.jpg
人もそこそこいて、オープンではないオープンエアな雰囲気が気持ちよくて、この永佳茶檔にしてみた。

命の水、凍檸茶。
c0200671_08590722.jpg
そして、頼んだのは鮮茄豬扒飯
c0200671_08590730.jpg

来た時のこのビジュアルでは、これは!!!というおいしそうさ
c0200671_08590846.jpg
が、明らかに砂糖が多すぎで、砂糖をもう半分減らしてくれたらすごい美味しいのになぁと、残念に思いながらも食べた。

肉とか、トマトの感じとか、とってもよかったのに。甘すぎ・・・・








[お店の場所]
永佳茶檔
長洲海傍街熟食中心14號


by recipkoinhongkong | 2017-01-24 18:00 | Eat | Comments(2)
2017年 01月 23日

長洲 そぞろ歩き②


長洲では、素敵なごみは発見できなかったが、通りには、時々ドキッ!とするほど、素敵な(私的に)建物がある。

苔むしたグサグサ(腐腐)した壁に弱いので、こういう家並みはたまらん。
c0200671_08581994.jpg
ガラスとかなくなっちゃってるのに、どうやら人が住んでいるっぽい家。たまらん。
c0200671_08582019.jpg
窓枠の色と、壁の色が、もうたまらん。
c0200671_08582168.jpg
入り口わきのタイルハリが、たまらん!なんなの!?もう!
c0200671_08582109.jpg
どうでもいい話だが、れ記茶餐廳を開店する暁には、絶対にこのパタパタ敷き鉄扉をオーダーしようと思っている。

壁に書かれた永利茶餐廳という文字の不揃いさが、他人とは思えないのがたまらん。
c0200671_08582201.jpg


by recipkoinhongkong | 2017-01-23 18:00 | Street | Comments(0)
2017年 01月 22日

長洲 そぞろ歩き①


長洲に到着。
c0200671_08571933.jpg
坪洲はのどかな雰囲気でまったりしてるけど、長洲は観光客や釣りやキャンプをしに香港人もガッツりくるので、にぎやかだ。

街(通り)の感じは、郊外にある村と同じような雰囲気。船道具や、帆布の店がやや多いのが特徴といえば特徴だろうか。
c0200671_08572078.jpg
ただ、日差しは、ほんの少し南に来ただけ、緯度的にはラマ島や赤柱あたりと変わらないはずだけど、強い気がする(単に昼前だったから、といううわさもある)
c0200671_08572059.jpg
街を徘徊しながら、素敵なごみ屋さがしをしてみた。
c0200671_08572201.jpg
直前の坪洲が爆釣だったためか、特に食いつきたい品物が置いてある店はなかった・・・・
c0200671_08572265.jpg
パン屋はいつみても和む。
c0200671_08572129.jpg


by recipkoinhongkong | 2017-01-22 18:00 | Street | Comments(0)