人気ブログランキング |

菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2017年 03月 19日

大家好茶樓@香車街街市・荃灣

c0200671_09014936.jpg

香車街街市の屋上(?)は、2階建てで熟食になっている。

ここの熟食は、(外見的に)魅力的な店が多く、おそらくこれがついつい行ってしまう理由なのかもしれない。

ちょうどお腹もすいてきたところだったので、お昼は香車街街市の熟食に決定済み。

先日手に入れた、香港人情味小吃、そういえば香車街街市の琺瑯の器を使った店が載ってたような!と行ってみると、肥媽屋というお店で、行列ができていた。
c0200671_21160650.jpg
本当に、琺瑯の器を使ってて(さすがに他人が食べているところを撮るのは憚れたので、画像なし。openriceの相片で確認できる)、それはかわいかったけれど、車仔麺にそれほど魅力を感じないタイプで、しかもこの時はメシが食べたかったので、違うところにしよう。

(私が行くのはいつも日曜日だったので、閉まってたんだわ)

反対側にまわると、朝は飲茶屋をやってる店が、昼も蒸気を上げていた。
c0200671_09014979.jpg
テーブルで食べているオッサンたちのトレイには、おかず2品と、白飯、スープ、油菜が載っている。

え?え?飲茶じゃないの?と近寄ってみると、それはそれは素敵な光景だった。

1998年の香港と上海の風俗がわかる、島尾 伸三さんの香港上海雑貨見物という本。
c0200671_11283560.jpg
(私の中国制造魂に火をつけた一冊)


この当時の香港のレストランで使われている品物が載っている。
c0200671_11282249.jpg
蒸爐と呼ばれる、大きなステンレス製の蒸器に、小さな皿でおかずを重ねいれ、まとめて蒸して作っている。これにあこがれて蒸し器と蒸し板を買った位好き。

見るたびに、今、こんなふうに出してるところどこにあるのよー!?と思っていたのだ。

それが、目の前にあって、飛びつかないハズがない。
c0200671_09015137.jpg
近づいてみると、蓋をあけて、どれにするー?と見せてくれる。
c0200671_09015005.jpg
魚香茄子、鳳爪、蒸水蛋、豆鼓排骨、滑豆腐肉餅。向こうの蒸爈には、鯇魚かな?の蒸したもの。

好きな2品、白飯、例湯、油菜がついて、35HKドル。
c0200671_09015177.jpg
悩みに悩んで、選んだのは、柱侯蘿蔔牛腩、蒸水蛋、滑豆腐肉餅、梅菜蒸鯇魚
c0200671_09015262.jpg
酒家で出てくる、上品なタイプではないけれど、

これぞ庶民の食堂だーーー!!!

という、美味しさで、もう食べててニコニコしちゃう。好きなものを好きなようにご飯に載せてワシワシ!


私が作る蒸水蛋は、スが怖くて優しく蒸しちゃうんだけど、ここのはそんなの気にしない!という蒸され方なのに、スプーンですくうと、ちゅるーん♪プルプル~♪とご飯の上で踊っている。しかも皮蛋入り。

日本の茶碗蒸しと比べると、最初はやや物足りない?と感じる塩加減だが、ご飯と一緒に食べ進めていくと、その物足りなさがちょうどよいから不思議だ。

滑豆腐肉餅も、器の中にたまっている醤油の汁は、浅いはずの皿の底が見えないほどなのに、決して濃すぎることがなくて、むしろ、清蒸魚の時ど同様に、この汁もご飯にかけてワシワシだろ!と偶然を装って(?)汁も掬ってしまうほど。

柱侯蘿蔔牛腩は、ほぼ牛腩は入ってないが、ブリ大根のごとく、たぶん日本人なら嫌いという人がいないんじゃないか!?と思う味。大根は軟らかくて、お腹いっぱいでもついつい食べてしまう。

梅菜蒸鯇魚は、あえてエラがついてる部分で。鯇魚の少し泥臭い味が大好きなので、そりゃもうご飯ワシワシでしょ!
c0200671_09015347.jpg



[お店の場所]
大家好茶樓
荃灣香車街街市2樓38-39號舖


by recipkoinhongkong | 2017-03-19 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 03月 18日

順興行家庭用品@曹公坊・荃灣

c0200671_10191534.jpg
日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★★☆☆
香ばしさ度  ★★★☆☆
お宝発見度 ★★☆☆☆ 

[地区] 新界
[エリア] 荃灣
[住所] 曹公坊11號 德仁樓地下
c0200671_08550092.jpg
香車街街市を挟んで反対側にある、素敵なごみ屋。
c0200671_08550063.jpg
寶豐泰に比べると、とってもとっても綺麗に見える。
c0200671_08550208.jpg
置いてある瓷器類は好みのものはなかったけれど、ずっと探してた箸を発見。
c0200671_08550148.jpg
これ、10年位前?はどこでも見かけた、麻雀みたいな模様の箸だけど、いつでも買えると油断してたら、全然見かけなくなっていた。
c0200671_08583131.jpg


by recipkoinhongkong | 2017-03-18 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 03月 17日

寶豐泰家庭用品@曹公坊・荃灣

c0200671_09530184.jpg
日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★★☆☆
香ばしさ度  ★★★★☆
お宝発見度 ★★★★☆ ←期待値込 

[地区] 新界
[エリア] 荃灣
[住所] 曹公坊24號地下

荃灣いくなら、まずここへ!と、古洞と同様に理由はよくわからないけれど、大好きな街市である香車街街市。

この街市を取り囲んでいるのが曹公坊という路地(車が入れない)なのだが、この路地沿いにも、香ばしい・・・いや魅力的な店がいっぱい。

素敵なごみ屋もいくつかあり、その中の一つに行ってみた。

以前来た時は、もう一つの店ばかり行ってて、こちらの店は全然ノーマークだったが、入ってみて、
c0200671_08582851.jpg
・・・こりゃぁ、発掘できないわ。

と冷や汗が出た。

西營盤の正街街市の益記號なんかは、ぎゅうぎゅうながらも、何とか発掘できる状態だったが、ここはガチでやばすぎる(本気で棚からモノが崩れてくる)

しょうがないので、すでに崩落しているところを物色すると(それでも止めないんかい)、香港グリーンなメラミンの小醋皿が落ちてあった。

裏を見ると、大好物のダイヤモンドマーク。

にやにやしながら、握りしめて、さらに慎重に発掘していると、帝華柄の小醋皿も見つかった。

気をよくして、頑張って発掘してみようと棚を見ると、
c0200671_08582901.jpg
c0200671_08582902.jpg
・・・やっぱこれは無理だわ。


ということで、寶豐泰家庭用品での恒例のアレ
c0200671_08583026.jpg


by recipkoinhongkong | 2017-03-17 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 03月 16日

香港では巴士に乗れ!  [ 930バス 灣仔北 → 荃灣 ]


特にどこに行こうとも決めてなかったが、久しぶりに荃灣に行きたくなった。

上環からは、皇后街の巴士站へ行けば、荃灣、元朗、上水方面とバスに事欠かない。

荃灣へは930に乗る。
c0200671_12572702.jpg
灣仔を出発したバスは、乗車した皇后街を過ぎると、西區隧道を経て九龍側へ渡り、九龍站にあるバス停に停まった後は、葵芳までノンストップになる。
c0200671_12572875.jpg
HITの脇を通りぬけて向かうので、天気のいい日は気持ちがいいバスルート。
c0200671_12572802.jpg
葵芳からは、団地群をぬって走り、大窩口を経て荃灣へ。
c0200671_12572976.jpg

荃灣で降りずに、そうだ、大好きな香車街街市へ行こう!とちょっと先の祈德尊新邨まで向かった。



by recipkoinhongkong | 2017-03-16 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 03月 15日

生興油米行@禧利街・上環


中環やSOHOがすぐそばにあっても、上環は普段の生活エリア。

だから、生活に必要な普通の店が普通にあるのが楽しい。
c0200671_12554975.jpg
油麻地などから旺角方面でよく見かける、油米行と看板に書かれた米問屋も禧利街にあって、店先に、産地と品種と書いた札がぶっ刺さった米の山ができているとわくわくする。

生興油米行には、この日は、タイ産の香米2種、あと絲苗米が売っていた。
c0200671_12555007.jpg
茶餐廳や小厨等のメニューに、絲苗白飯と書かれていることがある。

単に、白飯のことを言ってるのかと思ってたけど、品種の名前だったのね。

調べてみたら、絲苗米は、広東省あたりで昔からよく取れていた品種のようで、元朗でも作っているそうだが、ここにあるのは、たぶんオーストラリア産なんじゃないだろうか(産地は書いてなかった)。

いつも、タイ産の香米を買っていて、絲苗米を意識したことが無いけれど、なるほど。もしかしたら、香港でいつも食べているのかもしれない。

さて、生興油米行で眺めていると、お米の注文が入った。

ビニール袋に、小さめスコップでお米を掬って入れ、はかりに載せる。
c0200671_12555092.jpg
このはかりが、おもり式のはかりで、年季がはいっていて、計っている姿を見て、うわーー!!!となれる。





[お店の場所]
生興油米行
香港上環禧利街116號地下


by recipkoinhongkong | 2017-03-15 18:00 | Shopping | Comments(2)
2017年 03月 14日

孖沙茶餐廳@禧利街・上環

c0200671_12543113.jpg


前回の帰りに、香港國際機場北衛星客運廊で見つけた香港人情味小吃。
c0200671_21160650.jpg

この本に載っていた、孖沙茶餐廳の叉燒三蛋飯
c0200671_21160744.jpg
載っていた写真で再現し、味もなかなかだったが、
やっぱり本当のを食べてこなくては、香港茶餐廳料理研究家を名乗る資格なし!いや、そもそも勝手に名乗ってるだけだけど)といってみることにした。


が!微妙に10時ごろに行ったものだから、まだ昼のメニューになってなくて、頼めなかったw
(朝から叉燒三蛋飯食べる気マンマンだった)

仕方ないので、ベタに朝のセット。

熱奶茶、
c0200671_12543286.jpg
煎蛋豬扒
c0200671_12543374.jpg
朝食で出てくる煎蛋は、普通のだったw

[お店の場所]
孖沙茶餐廳
香港上環禧利街23號地下


by recipkoinhongkong | 2017-03-14 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 03月 13日

永興膠袋@蘇杭街・上環

膠袋(プラスチックバッグ)

なんてうっとりする響きなのだろうか。



c0200671_13344773.jpg
(撮り忘れたので、google様より)




外賣用のプラスチック容器とか、紙コップとか、箸(筷子)とか、赤い買い物袋とかを買うために、膠袋屋があったら、ほぼ必ず覗いている気がする。

上環の蘇杭街あたりは、膠袋屋がいくつかあって、そうだ!使い捨て箸(筷子)とか、コップ買わなくちゃ!と入っていった。

商品の置き方なのか、取引先の茶餐廳などで使うからか?はわからないが、店によっておいてあるものが微妙に違っていて、何件かハシゴして違いを発見するのが面白い。

この日は目的の箸(筷子)。
c0200671_13581278.jpg
紙コップ。
c0200671_13581459.jpg
それから、外賣の時にお店でつけてくれる醤油とか辣椒油とか、チリソースとかを入れているチャック付プラスチックパックもあったので買う。
c0200671_13581555.jpg
そして、これ、あまり見ないんだけど、肉とか魚とか、よく見かけるのは燒臘店かなぁ。包んでくれる薄い紙。
c0200671_13581350.jpg
シンガポールの同じような店に、タレ用のプラスチック小醋皿が売っているが、香港で見かけたことがない。欲しいんだけどな。



[お店の場所]
永興膠袋
香港上環蘇杭街114號地下















by recipkoinhongkong | 2017-03-13 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 03月 12日

新加坡南香風味館@置富都會・紅磡


夕方、水餃子を食べた気がしなくもなくもないが、そんなの5時間以上たった今、とっくに脂肪エネルギーに代わってしまってる!

ということで、お腹すいたなーと、またもやメトロポリスの素食屋にいってしまった。

が!すでに10時近くだったこともあり、店がやってなかった。

すかさず、隣の海南鶏飯にする。
c0200671_07072840.jpg
みため、シンガポールでも見ることができそうな、普通に海南鶏飯。

ご飯もちゃんと鶏のスープで炊いた油飯。

鶏肉の皮の厚みがやっぱり気になるので、なるべく鶏の皮は除いて、贅沢に身だけ食べる。

ここは、依然となんか名前が変わったような気もするが、シンガポール飯も食べることができるので、何度か利用したことがある。

普通に、ペロリと平らげた。



[お店の場所]
新加坡南香風味館
紅磡都會道6-10號 置富都會8樓美食廣場FC13號舖



by recipkoinhongkong | 2017-03-12 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 03月 11日

黃埔家居用品@黃埔・紅磡


日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ★★★★☆
香ばしさ度  ★★☆☆☆
お宝発見度 ★★☆☆☆ 

[地区] 九龍
[エリア] 紅磡
[住所] 黃埔新天地奇妙坊G6A


c0200671_013980.jpg
(これは2009年に撮ったもの。でも変わらない)


おそらく、住み始めて、初めていった日用品店。

IHでつかえなかったフライパンとか、トースターとか、炊飯器、ごみ袋、クイックルワイパーもどきなど、生活していた時に必要なものは、ここで買っていた。

まだあるかなぁといってみると、まだまだ健在!

なにかのイベント?だったのか、人だかりもできていた。
c0200671_07064968.jpg
香港で、ホームセンターというと日本城だけど、ここはその個人版という感じ。
c0200671_07065006.jpg
電化製品なども売っており、日本とかわらない。
c0200671_07064971.jpg
台湾の大同電鍋もうっていた。
c0200671_07065064.jpg


by recipkoinhongkong | 2017-03-11 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 03月 10日

香港では巴士に乗れ!  [ 212バス 黃埔花園 → 長沙灣(深旺道) ]


偏愛。


という言葉通り、紅磡への愛は強いけれど、紅磡道から海側の黃埔エリアには、ジャスコがあるというだけで、全く愛を感じない。

てか、黃埔どうでもいい。

住んでいる間、このどうでもよさ全開で、紅磡道を渡ることが面倒くさかったこともあるが、ほとんど行かなかった黃埔エリア。

山谷道を降りて、エスカレーターいいわぁと喜んでいたものの、これから行きたいのは黃埔エリアだと思っただけで、

面倒くさ~

と萎えて、バスを使うことにした。

そもそも紅磡道の交差点が、銅鑼湾か!と思うほどいつも人がいて、歩いて渡るのが嫌いなので、バスを使う。

觀音街の巴士站でバスを待つと、212がやってきた。
c0200671_07050951.jpg
今回、これ書いてて初めてわかったんだけど、バス212を記事にするのって初めてだった。

一時、深水埗が大好きな時期があって、毎週末のように北河街街市とその周りに行ってた時は、住んでいた場所にある巴士站に212が停まってくれるので、しょっちゅう乗ってたのに。

帰りも、ネイザンロード沿いにいる場合に戻ってくるのに便利だったので、212を選ぶことが多かったのに。

さて、今回は、
c0200671_11312471.jpg
このたった600mほどを歩くのが嫌なために、乗ります。
c0200671_07051096.jpg
目指すは終点の黃埔花園。あまり近寄りたくない黃埔ですが、本屋(ポピュラー)に行きたいからしょうがない。



by recipkoinhongkong | 2017-03-10 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)