菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 30日

新墟街市


よくよく考えると、何福堂站に行く必要もなかったけど、久しぶりに新墟街市を覗いてみた。

どこの街市も大好きだが、自然と言ってしまう街市というのがあると思う。

紅磡街市なんてその最たるところで、後は、北角にある渣華道街市や、元朗の大橋街市や、古洞の古洞街市、石湖墟街市。

そして、この新墟街市もそう。

そんなに買うことはないんだけど、街市の風貌(土地の狭い香港にあって、市政大厦形式ではなく、街市だけの平屋造りという贅沢さ)、お店の配列と雰囲気、置いてあるものが気になる。
c0200671_11232401.jpg
新界にあって、人もたくさん来る街市だからか、野菜は新界産のが多いし、種類も豊富。

そして、楽しいのが麺屋さん。
c0200671_11232532.jpg
街市に生めんを売る麺屋さんの小売部門があるのは、時々見かけるけれど、ここはマカロニなども売っていて、これはアレになるんですか!とうれしくなる(まぁ私は好きではないので食べないですが)。

もちろん、TOKOもある。
c0200671_11232678.jpg
そして、すべての街市にはないけれど、郊外の街市で見かけるクッキーなどを売っている店。
c0200671_11232681.jpg
いろいろな種類があり、好きな量を図り売りしてもらえる。素朴なパッケージのクラッカーか大好きで、見かけるとみてしまう。

お茶請けに、この日は、クラッカーと、杏仁餅(アーモンドクッキー)、緑豆餅(緑豆クッキー)などを少し買った。

でも、一番欲しいのはこの缶。今度聞いてみよう。


新墟街市で買ったもの。ついつい手が出る咸菜(唐辛子入り)と、酸菜。
c0200671_10212500.jpg

また買ってしまった揚げピーナッツ。
c0200671_10212669.jpg


by recipkoinhongkong | 2017-06-30 18:00 | Market | Comments(0)
2017年 06月 29日

軽鐵路線614 屯門碼頭總站@青山公路新墟段・屯門

c0200671_11171363.jpg




屯門についたら、お約束の軽鐵での移動。
c0200671_11171233.jpg
今日もまた新墟街市にいきたいので、路線614をまつ。
c0200671_11171475.jpg

降りる駅は、何福堂站。


by recipkoinhongkong | 2017-06-29 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 06月 28日

富裕小輪 大澳 ~屯門線 「大澳碼頭 → 屯門碼頭」

これまで、機場からN35にのり、梅窩へ向かい、そこから大澳へに行ってたが、今回は、機場から直接大澳へ向かったので、比較的時間があったように思う。

大澳に来た時のお決まりコースとして、やっぱり乗ってしまう屯門行きのフェリー。

平日は、大澳からの出発初便は10時なのでとにかくこの時間に合わせてスケジュールを組む。

雨が時々ふるものの、何とか曇りで持ってくれたこの日は、海はやや波が荒れ気味で、大好きな2階席はあきらめて、室内の座席に座った。
c0200671_11001647.jpg
乗り始めの波の高さで、これは酔っぱらってしまうかもなーと心配だったが、今日の操船担当の兄ちゃんが何やら上手な人で、揺れはあるがはっきりとしていたので酔わずに済む。

乗り場に船をつける際の手際が素晴らしかった。

ある程度近づいたら岸にロープを投げて括り付け、そのロープの固定を使って寄せていく。
c0200671_11001568.jpg
船の側面にタイヤをつけてクッション代わりにし、ドカン!と当てずコンッ!という程度にしているのも乗客としては衝撃も少なくて、とてもいい。

ほぼほぼ出来上がってきたマカオへの道路を眺めながら屯門へ。


c0200671_11001779.jpg



by recipkoinhongkong | 2017-06-28 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 06月 27日

華記餐室@永安街・大澳

c0200671_08494108.jpg

湿度100%中歩き回るので、命の水の定期摂取は必須。

大澳にもいくつかいい感じの茶餐廳があるので、適当に入ってみる。

入口脇にあるコカコーラーの冷蔵庫。
c0200671_08494089.jpg
これ時々見ることができるタイプだが、なにこれもらえるの?販促なの?

金曜日の朝だったため、店内は学校に行く前に朝食をとっている親子なんかもいて、殺伐としつつもまったりしていた。
c0200671_08494468.jpg
テーブルの上もいい感じ。
c0200671_08494211.jpg
ここはなんだか凍奶茶な気分。
c0200671_08494310.jpg
さっき食べた朝ごはんの事は忘れて、奶油多
c0200671_08494234.jpg
うまし!(たいていウマい)


[お店の場所]
華記餐室
香港大澳永安街35-37號地下


by recipkoinhongkong | 2017-06-27 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 06月 26日

吉慶後街から新基街


竈婆の店もいくついでに、吉慶後街を散歩。

大澳や梅窩など、大嶼山島でよく見かける幌付三輪車タイプ。
c0200671_07385223.jpg
普通に止めてあるのかとおもったら、前輪は、持ち手をフェンスにひっかけて浮いてる状態だった。なんと上手にとめるのか!

残念ながら、竈婆の店では欲しいものが見つからなかったけど(あるにはあったけど前回も見たやつ)
c0200671_07385283.jpg

このあたりは、ぐさぐさになった家(の跡?)が多くてそそられるので、歩いていて楽しい。

かなり奥に行くと、新基街へと続く新基橋からの風景は、香港のヴェニス。
c0200671_07385497.jpg


c0200671_07385487.jpg

間違ってないけど!間違ってないけど、いくら何でも、東涌は言い過ぎなんじゃないの!?
c0200671_07385677.jpg
この辺は漁業を生業にしてる人が多いみたいで、船用品とか網などが置いてある。

以前来た時は、ドラゴンボートが置かれていて直していた。
c0200671_07385311.jpg
少し奥にいくと、マンドラゴラじゃなかったマングローブも見れたりする。

そしてここは、絶好の人の家の台所事情を覗けるポイント。

台所事情といっても家計ではなく、本当に台所。

外に面したところ、もしくは外に台所を持っている家が多くて、どの家もみなさんきれいにしていて、見ていてたまらない。

とても美しい台所。
c0200671_07385521.jpg
こういう手作りのシンクにとても弱い。あー、私もうちの外に作りたい(場所はあるけど藪蚊がすごくて作る気になれない)。

干し魚の保存方法。いいなー。
c0200671_07385636.jpg


by recipkoinhongkong | 2017-06-26 18:00 | Street | Comments(0)
2017年 06月 25日

郭耀記@大澳街市街・大澳

使って無い時には全然興味なくスルーしているくせに、興味持つとほんの数ミリでも目ざとくなるのが素敵なごみ道。

荻窪・ビルカーベさんで手に入れた、台湾の花布をきっかけに、気が付くと花布がいろいろと集まっているわけだが、大澳を歩いていた時も、布屋さんに花布を見つけて、飛び込んでしまった。

福満林酒家から10mほどのところにある、郭耀記

店先に花布が置かれているので、これまでも目にしていたけど、さして興味なくスルーしてきた。

でも、今回は黒地ベースのが欲しいなぁとおもっていたので、見てみることにした。
c0200671_08471745.jpg
(店先に置かれている果物が目印)


c0200671_08471856.jpg
台湾のなのか、大陸のものなのか、聞けるほどの広東語力はないので、いいなと思った生地を取り出してお願いする。
c0200671_08471943.jpg
綿ぽいものから、テロンテロンした生地までいろいろ。

カットは1ヤード(約90cm)から。でも1m位ありそうだった。

生地幅は様々で、180cm位あるものも。

このお店で作っている服なども飾ってあってかわいい。ちょうどこの日は、私も花布のサリエルパンツをはいてたので、それをみたオバちゃんが、これで作れるわよと指さしてた。

靴もあるのです。左側はそこはゴム、右側は、そこは布&ゴム。
c0200671_08471926.jpg
3種類の生地と靴を買う。
c0200671_08472103.jpg
3種類の生地の値段は、25HKドル~50HKドルまで幅があった。
c0200671_08472078.jpg



[お店の場所]
郭耀記
香港大澳大澳街市街15號地下


by recipkoinhongkong | 2017-06-25 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 06月 24日

大澳某所の素敵なごみ屋@大澳

c0200671_08450128.jpg

朝ごはんを食べた後は、さっそく大澳での素敵なごみ漁り。

以前に一度入ってみたけど、一見して無いなと判断してしまった店に行き、再び漁る。

猫が鎮座する後ろ側に、ちょっと怪しい空気を感じて覗き込む。
c0200671_08450216.jpg
陶器はあったけれど、萌える柄ではなかったのでスルー。その上に琺瑯のボウルが重ねられ、ビニール袋に入った状態で置かれていた。

搪瓷の小さめ桶というかギリギリボウル。


廣州の琺瑯工廠らしい、孖錢牌のもの。
c0200671_11301867.jpg
1枚はとてもらしい柄。たまらないわぁ。
c0200671_08450306.jpg
もう一枚は、とてもファンシーな柄。こういう柄珍しい気がする。
c0200671_08450383.jpg
ちなみに赤い検印は、洗うと落ちてしまう。

1枚14HKドル。





by recipkoinhongkong | 2017-06-24 18:00 | Shopping | Comments(0)
2017年 06月 23日

福滿林酒家@大澳街市街・大澳


今回、朝食はここ!と決めていたのが、大澳街市の横にある、福滿林酒家での朝飲茶。

早朝6時には開店しているらしかったので、早くついても安心。
c0200671_08431929.jpg
木久蔵(現:木久扇)化が完了している婆が出てきたのと入れ違いに、店内に入ると、

大澳居民全員がいる(というくらい、人が多く98%は爺婆であった)
c0200671_08432021.jpg
爺だらけのテーブルに座ると、洗杯用の桶を持ってきつつ、お茶何にする?と聞かれてくる。

あとは、はんこ押してくれる飲茶カードをくれるので、それをもって蒸籠が置かれている前のほうに行ってみる。
c0200671_08432114.jpg
飲茶の蒸籠の蓋を開けられた時に、笑顔にならない人なんているんだろうか。

焼売もおいしそうだったけど、ここはやっぱり定番の蝦餃と、鳳爪。

そして、マーラーカオもあったのでもらう。

調味料は蒸籠の横のテーブルに置いてあるので、適当にとっていく。

蝦餃は、普通においしい。
c0200671_08432183.jpg
鳳爪もハズせない。ここは中に花生が入っているタイプだった。私は鳳爪には花生派。
c0200671_08432212.jpg
味がしみ込んでポクポクしている花生がおいしい。

マーラーカオは、感心するふくらみ方で、甘さも程よくて、マーラーカオの香りが良い。重箱みたいな大きさも好きだけど、実際食べるとなると、この位が手ごろ。

外でわんこ達が待っていた。
c0200671_08432380.jpg
いい笑顔。




[お店の場所]
福滿林酒家
香港大澳大澳街市街29號地下


by recipkoinhongkong | 2017-06-23 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 06月 22日

大澳街市街

c0200671_08314720.jpg
さて、お腹すいたので、大澳街市方向へといこう。

c0200671_08314864.jpg
その前に、バス停前にある公厠による。出てきたら、わんこ達いっぱい通ってた。

(大澳街市街の動画です)





by recipkoinhongkong | 2017-06-22 18:00 | Street | Comments(0)
2017年 06月 21日

香港では巴士に乗れ!  [ 11バス 東涌市中心 → 大澳 ]


富東商場についたのが、6時10分位だったので、少し待ち時間。

既に、横にある新界や九龍、香港島行きのバス停には人が沢山入れ替わり立ち代わり並んでいる。
c0200671_08121489.jpg
このバス停は、大嶼山巴士のなので、人もまばら。でもゼロではない。

さて、やってきた11バス。大澳行き。
c0200671_08121599.jpg
がらーんとしているけど、これからそこそこ乗ってくる。
c0200671_08121657.jpg
ここからは、道的には東涌道にはいって、山を上り、越えるというルートなので右左折はないはずなのに、ジェットコースターみたいなので乗りごたえあり。

しかも大澳まで約1時間程度かかるから、その間ずっとジェットコースター。

バスの軋む音、ガタンどころか胃が持ち上がる位ガクン!とくる道路とか、よくバス壊れないよなと感心する道。

山越え寸前の数分は、携帯も圏外になってしまう場所だけど、越えた時の風景は絶品。
c0200671_08121673.jpg
(とかなんとか見惚れていると、ダウンヒルが始まり、よりハードになっていく)。

下りきって、大嶼山島の反対側に出ると、海を左手に見ながら、大澳方面へ。

長沙上村にはいると、楽しみな建物がある。

初めて、大澳へといった時にここを通って、香港住むならここに住みたい!!と一目ぼれした物件がある。

大嶼山南分區警察總部の手前にある、これ。
c0200671_15432724.jpg
(画像は、googleさんより)


もうね、くたびれた感じとかたまらなくて、大金持ちになったら絶対にここを買うんだ!と決めている場所。

そんな憧れの家を見惚れつつ、もっといくと石壁水塘
c0200671_08121743.jpg
で、再度ここからジェットコースター始めるけれど、途中「法華苑」というバス停の手前に、鹿湖方面とかかれた道があって(この先に仏教関係の寺があるらしい)、ふとそちらをみると、

犬と鹿がこちらを見ていた。

は!?シカーーーー!?

と確認するまでもなく、通り過ぎてしまったのだが、野生の鹿いるんだっけ?香港。

c0200671_08121731.jpg
大澳到着です。お腹すいた。


by recipkoinhongkong | 2017-06-21 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)