人気ブログランキング |

菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2017年 09月 30日

大嶼山大澳巴士站公廁@大澳

出たな!トイレシリーズ。

だいたいですね、機場で命の水を補給して、バスで1時間ちょっとシェイクされたら、

トイレに行きたくなるってもんですよ。

だから、大澳について、真っ先に行くのは、公廁
c0200671_09125517.jpg
大都市香港とはいえ、いまだにトイレについては、標準的日本人だとちょっと躊躇してしまうようなのも多々ある。

朝7時ちょっと過ぎに着くからなのか、大澳のトイレはいつでもキレイ。珍しく便座が下がっていた。
(朝イチでの掃除がちょうど終わったくらいなのかもしれない)

そして、紙もあるし、ちゃんと流れる!


・・・てか、国慶節の前日に、トイレネタでいいのか!?


by recipkoinhongkong | 2017-09-30 18:00 | Street | Comments(0)
2017年 09月 29日

香港では巴士に乗れ!  [ 11バス 東涌市中心 → 大澳 ]


前回と同様に、バス停につくと出勤の人たちのにぎやかな話し声で、香港にきたわぁという気になる。

この日は、5分待たずに11バスがやってきた

ランタオバスは、観光バスのような配列なので、後部非常口部分の座席が、比較的広い。

ここに陣取り、持ってきたコロコロを組み立てながら、シートベルトをしっかり締めて(ここ重要!)、ジェットコースターに挑む。

頂上超えてからの景色に見惚れつつ、しばらく行くと石壁水塘への湖畔の道である羌山道がはじまる。

よくわからないけど、毎回ここ撮ってるのよね・・・・
c0200671_09102148.jpg
石壁水塘前の嶼南道が終わり、羌山道がはじまるところ。
c0200671_09103338.jpg
羌山道を少し行くと、左側下の方に石壁監獄が見えてくる。まさ早い時間だからか人影なし。
c0200671_09104451.jpg

ここからまた牛スポットが始まるのに、毎回毎回撮りのがしていて、今回も取り逃した・・・


とかいってたら、大澳に到着。
c0200671_09131152.jpg


by recipkoinhongkong | 2017-09-29 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 09月 28日

香港では巴士に乗れ!  [ E23バス 機場 → 慈雲山 (南) ]


機場の巴士總站へいき、乗るのはE23。5時を過ぎていたので、すでにNの運用は終わっていた。

次に乗りたいバスが、東涌からのランタオバスの11だったので、始発の時間にそわそわしつつ、E23をまつ。

6時ちょっと過ぎにやってきたE23に、あーもう11バスは無理かも・・・・なんておもっていたら、機場から東涌の富東商場巴士站まで15分かかるかかからないかで到着してくれたので、よかった・・・・

バスを降りたら、達東路にそって進行方向のまま進むと、ランタオバス11乗り場。



by recipkoinhongkong | 2017-09-28 18:00 | BUS/TRAM/FERRY/MTR | Comments(0)
2017年 09月 27日

McDonald's 麥當勞@香港國際機場

先日やっていた、香港エクスプレスの100円セールに見事乗っかった今回の香港行き。

行きは、羽田空港からの深夜発便。

時間を有効活用できるから、一番好きな便である。

深夜便は、バスではなくタラップが使えることが多いのも良いところなんだけど、なのに出発は順調に遅れ(なぜかはわからん)、香港到着は予定時間より1時間遅れの5時。

となると、毎回乗ってしまうN35はとっくのとうに出発しているので、マックで命の水の補給

この時間帯、到着便もひそかに多く、到着ロビーにあるマックは昼間と変わらぬ長蛇の列。

で、すでに朝食メニューになっているので、後ろには大量の作り置きがあり、どんどん出ていくさまは圧巻で、好きな光景(だからマックに来てしまうのか?)
c0200671_09095691.jpg
この光景は好きなんだけど、どうしてもいまだに香港のフニャフニャマカロニが食べれないので、命の水、凍檸茶だけを買う。
c0200671_09100897.jpg
が!

今日のは、作り置きが過ぎたのか、氷が溶けて紅茶が薄くなっていたので、不味かった・・・・


by recipkoinhongkong | 2017-09-27 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 09月 16日

れ記茶餐廳 ~ 飯麺 ・ 家郷炒米粉  ~

c0200671_19201930.jpg


福字の上湯米粉をつかって、炒米粉(焼きビーフン)をつくるんじゃないか?と最初にチャレンジしてのは、ベーシックな炒米粉。

茶餐廳というよりも、茶楼で飲茶するとや、お粥屋などにおいてある。

香港で出てくる料理にしては、珍しく、塩分が頼りない感じが、濃い味が少し飽きてしまったところに優しくて、ついつい箸が止まらなくなってくる。

これも、作り方は、適当に野菜をそろえていため、福字の上湯米粉をいれて、少し水を注いで蒸し焼きにし、味付けは福字の上湯米粉についてた調味粉と調味油だけというシンプルさ。

塩分的にはちょうど良いので、頼りない感じにしたいなら、調味粉を少な目に。

星洲炒米は、もやしなんだけど、家郷炒米粉は椰菜(キャベツ)がやっぱりあう。

c0200671_19203867.jpg

[材料] 福字の上湯米粉1袋分

キャベツ 1/6個
ハム  3枚
人参  適量

福字の上湯米粉 1袋

水 80cc

ラード  大1

[作り方]
1 キャベツは適当な大きさに切る。ハムは8mm程度の幅に切る。人参は千切り。
2 福字の上湯米粉の麺を、はさみで適当に切っておく。
3 フライパンにラードをいれて熱し、1の材料をすべて加えて、1分程炒める。
4 2の麺を野菜の上に載せて、水を注ぎ、強火で蓋をして蒸らす。
5 水分が飛んだ音がしてきたら、蓋を開けて、添付の調味粉と調味油をいれて、炒めながらよく混ぜる。
6 麺が硬かったら、少し水を加えながら炒めほぐす。
7 好みの柔らかさになったら出来上がり。


※あまり焼き色を付けないほうが、家郷炒米粉らしくてよい。


by recipkoinhongkong | 2017-09-16 18:00 | れ記茶餐廳 | Comments(0)
2017年 09月 15日

楊枝甘露

c0200671_07050035.jpg


滿記甜品で、まさかの美味しくない楊枝甘露が悔しかったので、ないかな?と探していたところ、食東西があった場所に、テイクアウトのコーナーもあり、ここで楊枝甘露も売っていた。


メチャウマー!



by recipkoinhongkong | 2017-09-15 18:00 | Foods | Comments(0)
2017年 09月 14日

食東西@香港國際機場




香港國際空港での搭乗ゲートは、大抵28くらいまでで乗ってしまうので、あまりそこから先に行くことがなかった。

(LCCの場合は、そもそももっと沖に飛ばされるし)

今回は入ってからもヒマだったので、ゲート36から先に行ってみると、フードコート。

このフードコートも意識してみたことがなかったが、出国してすぐの、マクドナルドなどがあるフードコートよりいいじゃない(まぁマック行っちゃうんだけど)
c0200671_07045929.jpg
太興も鏞記も池記もあるんだ。

というか、鏞記の表記が微妙に違うような気がするんだけど、相続でもめた影響?気のせい?

こちらのほうが席も落ち着いてる。
c0200671_07045836.jpg
外賣できるなら、ここで買って帰ればいいんだ!


by recipkoinhongkong | 2017-09-14 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 09月 13日

世窗冰室@二號客運大樓・香港國際機場


2タミで過ごす、最適な本を手に入れて、どこにいこうかな?と思ったときに、真っ先に浮かんだのがこの店。

以前に2回ほど利用したことがある。

空港にいるのに、茶餐廳がちゃんと息づいている。
c0200671_07045543.jpg
朝ごはんを食べて、そんなに時間も開いてなかったから、とりあえず凍檸茶。

読書に耽っていたら、お腹すいてきたので、改めて昼メニューをみてみると、

があるではないですかっ

しかも、焗芝士蝦仁飯
c0200671_07045626.jpg
(ちなみにこれはグランドメニューにはなくて、ランチタイムになると切り替わるメニューには載ってるのです)


ついつい肉醤があるとそちらに転んでいたけれど、今日は白汁でしょう!

キタ!
c0200671_07045796.jpg
海老の透け加減もいい感じで、スプーンをいれると、中のご飯はちゃんと卵入り炒飯になっていた。
c0200671_07045835.jpg
なにも言わなくても卵炒飯になっている店がいい店だと決めつけてる。

食べてみると、あーこれこれ!このホワイトソースのインチキな感じ!塩気の多い茶餐廳料理にあって、やや物足りなさすら感じる塩加減。どう考えても缶詰のホワイトソース使ったんでしょ~?というコクのない感じの白汁といい、これぞ茶餐廳で食べたい白汁よね!

でも、そのおかげで、ボリュームある一皿だけど、ぺろり。

食後は、熱奶茶を注文し、読書続行。
c0200671_07014251.jpg

ついつい、ギリギリまで街中にいてしまうけれど、早めにきてこういう過ごし方もいいものだわね。


by recipkoinhongkong | 2017-09-13 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 09月 12日

Cecilia Lindqvist「叧一個世界」


今回は、JALを使ったので堂々の(?)1タミ利用のはずだけど、台風のおかげで今日は一日2タミで過ごすと決めてきたので、2タミに直行(荷物もチケットもインタウンチェックインで済)。

1タミの本屋は、出国前も後もあまり大きくないが、2タミの本屋さんは少し大きい。

今回は、街中で本屋にいけなかったので、何かないかなぁとぶらぶらしていたら、目に飛び込んできたのが、これ。

叧一個世界
c0200671_07014190.jpg
なにこれ、萌えるじゃない・・・・
c0200671_07050106.jpg
林西莉(Cecilia Lindqvist セシリア・リンドクヴィスト)というスウェーデンの方が、1961年~62年に留学生として北京大学に在学していた時に取っていた写真を集めたものだった。

61年~62年というと、めちゃくちゃ毛沢東時代ですよ。まだ文化大革命が始まる前の時代。まぁまぁいい時代だったのかもしれない。

載っている写真からは、張り詰めた感じもなく、いい時の風景が映っているという感じで、

萌えまくれる。
c0200671_07014341.jpg
台湾の出版社から制作しており、装丁がとても凝っていた。
c0200671_07014459.jpg
今ではなかなかできない、小冊子にして糸で製本し、それをさらに固いガワをつけている。

各章の頭には、プロパカンダなキッチュ絵。
c0200671_07014409.jpg
食事や、生活シーンが少ないのがとても残念だけれど、それでも、

あー!この時に行ってみたかったー!

という風景を見ることができる。

とても高かったけれど、買ってよかった本。


by recipkoinhongkong | 2017-09-12 18:00 | Goods | Comments(0)
2017年 09月 11日

勝手にフリマ@德輔道西


確認できているだけで、早朝勝手にフリーマーケットは、北角・春秧街中環・卑利街周辺紅磡・寶其利街周辺で、夜明け前から8時くらいまで(店の前でやってるので、その店が開店するまで)やっている。

正街から蓮香居までの間の德輔道西上でも、勝手にフリマが開催されていた。

基本的に、素敵なごみは、あくまでも素敵なごみ屋で買いたいので、香港では二手モノの店にはほとんど行かないが、この日は、ホテルまでの道すがらチラッと見えたものに反応してしまう。

先に、おばさまがレンゲを物色していて(揃いでいくつか探していたらしい)、はじかれたレンゲが柄に穴が開いてない古いタイプで、ちらっと見たら薔薇柄だったので、おお!?とおば様の隣に陣取り漁りだすと、お碗もあった。

帝華柄のお碗。
c0200671_07013935.jpg

もう一つ、お碗。似たような柄は持っているけど、この柄は初めて。
c0200671_07014085.jpg

レンゲ2種。1つは、唐子に貴が入っているものと、薔薇柄のモノ。
c0200671_07014197.jpg
この4つで10HKドル(値切りなし)。


by recipkoinhongkong | 2017-09-11 18:00 | Shopping | Comments(0)