人気ブログランキング |

菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ

タグ:結業 ( 10 ) タグの人気記事


2017年 11月 03日

文華咖啡冰廳@紅磡

c0200671_12101618.jpg

文華咖啡冰廳が2017年9月24日で結業(閉店)すると聞いて、その日は帰国する日だし、せわしなそうなので、まだ日常感があるだろう前日23日の朝にいってみた。
c0200671_12102710.jpg
私の中での、ホームとしている茶餐廳は、上環・東街の華樂冰室だが、紅磡に住んだことがあり、このあたりを日常のホームとしていた身としては、文華咖啡冰廳も思いが深い(朝早く行きすぎてやってなかったとか)

文華咖啡冰廳は、夜が明けきらない早朝から、爺婆が朝ごはんを取っていた。
c0200671_09005198.jpg
店内にパンを焼く自前のオーブンも持っていて、焼きたての香りが朝いくと店内に漂っていて、幸せな時間だ。
c0200671_09000045.jpg
もちろん茶餐廳なので、奶茶も抜群に普通においしいけれど、文華咖啡冰廳で一番気に入ってるのが、コンチネンタルブレックファースト。
c0200671_09003329.jpg
組み合わせはいつも同じで、石班吉列(魚のフライ)、煎雙蛋、煙肉、牛油包。

最後だからそう思ってしまうのか、カリカリっと揚げられたフライにマジックマヨネーズがよくあうし、煎雙蛋(目玉焼き)には何も書けずに、煙肉の塩気で食べるのが好み。

牛油包を食べるたびに、ここのが一番好きだなーと思える(大抵の店で思ってるが)、ふわふわと程よい甘さ。

これは、牛油包に卵焼きを挟んだサンド。
c0200671_09001616.jpg

これが本当に文華咖啡冰廳での最後の食べ納めかと思うと、全く実感わかなくて、次回香港に来た時でも、開店前の店前では勝手にフリマをされ、朝ごはんを食べに行けばやってそうな気がする。

いままでありがとうございました。



by recipkoinhongkong | 2017-11-03 18:00 | Eat | Comments(0)
2016年 01月 05日

庇利家庭用品@庇利街・紅磡


│位置図
c0200671_15363763.jpg

日用品 ╋╋╋┫ 五金

お気に入り度 ☆☆☆☆☆
香ばしさ度  ☆☆☆☆☆
お宝発見度 ☆☆☆☆☆ 

[地区] 九龍
[エリア] 紅磡
[住所] 九龍紅磡庇利街20號地下

庇利街に店看板だけまだ残っている庇利家庭用品。
c0200671_08151387.jpg
残念ながら結業


by recipkoinhongkong | 2016-01-05 18:00 | Shopping | Comments(0)
2014年 10月 07日

榮豐家庭用品@衙前塱道・九龍城

香港で、素敵なごみ・・・もとい日用品を手に入れているが、実はメラミン樹脂製の茶餐廳で使われている器類に関しては1色と決めている。

赤から黄色、オレンジ、青やらいろいろな色のメラミン樹脂があるが、昔ながらの見れば「あぁ、香港だなぁ」と思う香港グリーンと呼んでいる色だけを集めている。

というのは、どうもこの色の新品がほとんどなく、またあっても微妙に色が違うので、救出すべく見つけると手に入れるようにしている。

初めてこの色の器を購入したのは、九龍城だった。

衙前塱道をたまたま通った時に、うっ!となるほど雰囲気があった店。ここなら古いものがあるかも!?と得意の香ばしいものを嗅ぎ取る嗅覚を使い、ずんずんと店内に入ってみると、確かにあった。

珍しい楕円の皿や、プレートなどを数点買って、そこから集めるようになったのだ。

最近は時間が合わなくて、行くと閉まっている時間が多くて、お店がやっているか心配である。

[お店の場所]
榮豐家庭用品
九龍九龍城衙前塱道20號地下

by recipkoinhongkong | 2014-10-07 18:00 | Shopping | Comments(0)
2014年 06月 14日

南京街ババァの店@廟街・佐敦

c0200671_836188.jpg

シャツをまくって腹を出しているオッサンをみて、夏を感じる香港。

などと言っている場合ではない!!!

南京街のババァの店がなくなっていた!!!!!!!
c0200671_836559.jpg


やってないときは、店だけあるのに・・・・


店がなくなったのか、ババァが亡・・・・・


いろいろな意味で気になる!

by recipkoinhongkong | 2014-06-14 18:00 | Shopping | Comments(4)
2013年 10月 12日

南京街ババァの店@廟街・佐敦

c0200671_1714462.jpg

相変わらず時間があると行っている南京街ババァの日用雑貨店。

今回行ってみると、前回購入した湖南銅官の飴色器シリーズが入荷(?)していた。
c0200671_1714508.jpg

ま、まさか私のツイッター見てるんじゃないでしょうね、ババァとちょっと戦慄したが、そんなわけはないので、たまたま入ったんだろう。なにせカップ&ソーサーと、ボウルとデカイ皿しかなかったから←入荷したといえるのか?

しかし、なんとコアな仕入れの仕方なのだろうか。

こちらとしては面白いからいいけど、本当に商売成り立っているのかなぁ。



[お店の場所]
油麻地南京街 上海街にぶつかる手前

by recipkoinhongkong | 2013-10-12 18:00 | Shopping | Comments(0)
2013年 07月 26日

南京街ババァの店@廟街・佐敦

一体どこから仕入れてるんだろう?と不思議に思いつつも、行かずにはいられなくなってきた、佐敦は廟街近くの南京街の魔女(?)がやっている日用雑貨店
c0200671_1631465.jpg

通称:ババァの店と呼んでいる(私一人だけで)この店は、

絶対誰も買わないでしょwww

などとタカをくくっていたら、前回見て欲しかったものが売り切れているという恐ろしい店だ。
(誰が買ってるんだ!?)

今回もお宝を探しに、そしてババァの顔を見るために行ってみた。

廟街から南京街にあると、相変わらず後ろの店の営業妨害な風体でお店がでていた(よく揉めないよな)。

前回欲しかったけど現金がなくて(え?)買えなかったほたる焼のティーカップを買おうと思ったら売り切れてたorz

だけど、今回は、Firekingの耐熱カップがあったり、中国製なのに北欧デザインのような皿があったりと、相変わらずお宝が多いお店だ。

お会計の時に、ばばぁが「これ、いくらにしたらいいとおもう?」と何故か客の私に値段を決めさせるというざっくり感がまたいい。

「うーん、15HKドルくらい?」というと、「だめよー、それ大きいから20HKドルねー」などと心の交流を持てた(?)

一緒に物色していたおばちゃんに、「それファイアキングのデッドストックもので普通にかったら30HKドル以上するからお得っすよ」とおすすめしておいた。なんといっても1個5HKドルだ。

おばちゃんも「そうよねー、1個5HKドルって言ってたわよね。これどう思う?」などと私が去った後も物色していた。
c0200671_1634040.jpg



お店の場所]
油麻地南京街 上海街にぶつかる手前

by recipkoinhongkong | 2013-07-26 18:00 | Shopping | Comments(0)
2013年 05月 06日

露店の日用雑貨店@南京街・佐敦

香港での堪らぬ楽しみと言えば、日用雑貨店でのお宝発掘(ごみ漁りとも言われている)。

郊外の古そうなごみ屋、もとい日用雑貨店で「お宝ありそう!」と鼻を効かせて突入していくと、あっさりと何もなかったり、そのまま1時間以上いてごみに埋もれそうになったりと香ばしさが堪らない。

九龍の繁華街なんかはついこの間まで「けっ!ごみ屋がないんじゃ行く意味ないわっ!」と馬鹿に(←どっから目線?)していたが、油麻地から佐敦エリアの廣東道は侮れない香ばしい地域で、目下のところ今後の筆頭調査地となっている。

この辺り全部がごみ・・・じゃなかった香ばしさ満載の楽しいエリアで以前から大好きだ。

露店の果物屋で西瓜汁を頼んでいる最中に覗き込んだ隣の露店が、これまた素敵なゴミがありそうなオーラが漂っており、おばさんの雰囲気も期待通りだったのでじっくりとみてみたかった。

先日、廣東道ごみ屋巡りが早朝過ぎたために失敗に終わり、肩を落として歩いていた所、またこのお店があった。
c0200671_10352696.jpg

そこはやはりすごく素敵なごみ屋で、ガラスと見ると見ずにはいられない性を知られてるんじゃ?と勘ぐりたくなるラインナップ。

デュラレックスの古いボウル、イギリスのpyrexであるJAJのフルーツボウル、いわゆる中華な景徳鎮ほたる焼で持ち手がついているティーカップ。茶餐廳でよく使われているプラスチックのカップ。なぜかワインクーラー。1個だけあるデカイ鍋。コルク栓いっぱい。

どれもこれもツボつかれまくりで、胸がキュンキュンするけれど、どこからどうやって仕入れたのかよくわからないラインナップ。

場所は廟街。
ネイザンロードからなら南京街を歩いて香辣蟹を通り過ぎて少しいく。上海街にあたる手前。京都の町風にいうと

上海街南京街東入ル

って感じか?

露店式を装っているけれど、夜だけではなくて昼間から堂々と営業している。後ろにある店舗の完全な営業妨害と思うが、そこも中華圏というかアジア圏というかのおおらかさなのだろうか。

この時はガラスものに目を奪われて、ほかの物をじっくりと見ることがなかったけれど、いま写真を見返してみると、さらなるお宝がありそうな気がする・・・・

ちなみに写真の右側で「恥ずかしいわ~やだ~っ」って顔しては笑っているのが店主のおばちゃんである。かわいい(笑)



[お店の場所]
油麻地南京街 上海街にぶつかる手前

by recipkoinhongkong | 2013-05-06 18:00 | Shopping | Comments(0)
2012年 12月 30日

萬利家庭用品@蕪湖街・紅磡

c0200671_16325978.jpg

紅磡にある日用雑貨店。お店の名前はわからない(萬利家庭用品とわかりました)

紅磡南道から賽來街を歩いて紅磡街市へ行くと、徳民街の大き目の交差点にでる。
この交差点にあるのがこの日用雑貨店。


合興號磁器は表も店内も意外にも(?)整理されていて、品物も見やすいが、こちらのお店は入り口から中に何がどれぐらい入っているのか店主もわからないんじゃ?と思うほどギッチギチに入っている。

メラミン樹脂の食器から、煲仔、鍋、水道の蛇口まで雑多に埃をかぶっておいてあるがそれだけに掘り出し甲斐があると思ってがんばってみたが、あんまりいいものは見つからない。

それでも大陸袋とかプラグアダプターとかそういったものは豊富にあるのでちょくちょく覗いてしまう。
(欲しいものは合興號磁器の方があるんだけどね)

[お店の場所]
萬利家庭用品
九龍紅磡蕪湖街51號地下

by recipkoinhongkong | 2012-12-30 18:00 | Shopping | Comments(0)
2012年 08月 01日

合興號磁器@紅磡

お気に入りの家庭雑貨のお店その3。
c0200671_1635960.jpg

いつもこの向かいにある上海飽餃店や、ウエルカム、パークン、紅磡街市をうろうろした後にここもチェックすることが多い。

お店は広めだが上環の兆和や北角の何蘇記ほど品揃えは良くない。
ただベーシック(?)なものは置いてある。

煲仔を買うと、水に浸してチェックしてくれるのがうれしかったりする(笑)


[お店の場所]
合興號磁器
紅磡明安街6號

2013年10月5日追記

by recipkoinhongkong | 2012-08-01 18:00 | Shopping | Comments(0)
2011年 05月 11日

振興隆@結志街・中環

ほぼ毎週出没するのはSOHOのグラハムストリート(嘉咸街)、ハリウッドロード(荷李活道)界隈。
特に西洋野菜は、グラハムストリート(嘉咸街)のお店で購入している。

グラハムストリート(嘉咸街)と交差する道にゲイグストリート(結志街)があるけれど、ここがローカル商店天国でたまらない。

ここに数店日用品のお店があるけれど、そのうち2点は調味料のお店。
余均益のチリソースなどはこのお店で買っている↓
c0200671_15501378.jpg


もう少しピールストリートよりのお店でも取り扱いあり。

香港のローカル食品店は楽しい。



[買ったお店]
振興隆
香港中環結志街21

by recipkoinhongkong | 2011-05-11 23:50 | Shopping | Comments(0)