菜譜子的香港家常 ~何も知らずに突撃香港~

recipkinhk.exblog.jp
ブログトップ

タグ:飲茶 ( 6 ) タグの人気記事


2017年 10月 01日

福滿林酒家@大澳街市街・大澳

c0200671_09130332.jpg
夜が明けきらぬ海辺の景色、大澳。

夜が明けきらないためかとおもったら、空には分厚い雲で、ゴロゴロ言いだしている。
c0200671_09132134.jpg
海沿いにあるいて、いつもの橋を渡り、大澳街市街を通って、朝ごはんに向かおう。

大澳のこちら側で朝ごはんといえば、福滿林酒家で飲茶。
c0200671_09143710.jpg
今日は入口入ってすぐのテーブル。となりのオッチャンを見ると、箸を一本箸置きに使っているのが、粋な気がする。

カウンターにいって、蒸籠をあけてもらい、蝦餃馬拉糕
c0200671_09144745.jpg

馬拉糕は、どこで食べても美味しいけれど、ここももちろん美味しい。
c0200671_09145896.jpg
ふわふわとして、甘さも程よい。

画像だとそうでもないけど、小さい弁当箱位はある。美味しいのでついつい全部食べてしまうと、お腹に溜まる。

でも、もう一品食べたいんだよなぁ。腸粉も量が多いしなぁ、お粥もたっぷりありそうだし。

ちょっと悩んでいると、外は土砂降り。

朝のこの時間は街市を中心に、路上でも取れたての魚をさばいて売ってたりし、この大澳にこんなに人がいるのか?と思うくらい人が多い。



土砂降りのおかげで、雨宿りする人多数。

通り雨だから、すぐにやむだろうけれど、のんびり飲茶を楽しもう!と、ちょうど揚げたてだった春巻と咸水角を頼む。

春巻3本一皿のうち、1本分を咸水角に替えてもらった。咸水角は糯米でボリュームあるので1個でちょうどいい。
c0200671_09152265.jpg
皮がパリッパりの春巻きは、中身がセロリと蝦だった。これは初めての組み合わせ。セロリのシャキシャキと蝦のプリッと感がぴったりで美味しい組み合わせだった。
c0200671_09151046.jpg
向かいのテーブルにいた、婆は、前回もいた婆ではないか!





by recipkoinhongkong | 2017-10-01 18:00 | Eat | Comments(0)
2017年 06月 23日

福滿林酒家@大澳街市街・大澳


今回、朝食はここ!と決めていたのが、大澳街市の横にある、福滿林酒家での朝飲茶。

早朝6時には開店しているらしかったので、早くついても安心。
c0200671_08431929.jpg
木久蔵(現:木久扇)化が完了している婆が出てきたのと入れ違いに、店内に入ると、

大澳居民全員がいる(というくらい、人が多く98%は爺婆であった)
c0200671_08432021.jpg
爺だらけのテーブルに座ると、洗杯用の桶を持ってきつつ、お茶何にする?と聞かれてくる。

あとは、はんこ押してくれる飲茶カードをくれるので、それをもって蒸籠が置かれている前のほうに行ってみる。
c0200671_08432114.jpg
飲茶の蒸籠の蓋を開けられた時に、笑顔にならない人なんているんだろうか。

焼売もおいしそうだったけど、ここはやっぱり定番の蝦餃と、鳳爪。

そして、マーラーカオもあったのでもらう。

調味料は蒸籠の横のテーブルに置いてあるので、適当にとっていく。

蝦餃は、普通においしい。
c0200671_08432183.jpg
鳳爪もハズせない。ここは中に花生が入っているタイプだった。私は鳳爪には花生派。
c0200671_08432212.jpg
味がしみ込んでポクポクしている花生がおいしい。

マーラーカオは、感心するふくらみ方で、甘さも程よくて、マーラーカオの香りが良い。重箱みたいな大きさも好きだけど、実際食べるとなると、この位が手ごろ。

外でわんこ達が待っていた。
c0200671_08432380.jpg
いい笑顔。




[お店の場所]
福滿林酒家
香港大澳大澳街市街29號地下


by recipkoinhongkong | 2017-06-23 18:00 | Eat | Comments(0)
2016年 11月 18日

銀城銀城海鮮酒家@梅窩




c0200671_20261918.jpg
(ちなみに写っている人じゃないです)


爺さん、絶対にここにきてると思ってた!


と、きたのは、銀城海鮮酒家

まだ準備している段階の6時前、すでに常連と思われる一団が席にあつまり、にぎやかにおしゃべりしている。
c0200671_20261901.jpg
そういう私も、適当に席にすわって、店の中から急須に茶葉と熱湯、桶を持ってきて洗杯をしてその時を待つ。
c0200671_20261880.jpg
飲茶が出来上がってくるよりも、みんなでおしゃべりしている方が楽しみな常連さんたちとは違い、私は、早くでてこないかな?とソワソワと蒸籠が運ばれてくるのを待つ。

6時過ぎると、小さな蒸籠が運ばれ、店頭の蒸器にセットされる。
c0200671_20262059.jpg
小さな蒸籠を開けると、蝦餃はなかったけれど、大きな皮なしシューマイがあった。ウズラの卵が無いのは残念だけどこれ好き。
c0200671_20262182.jpg
おばちゃんに、ラジオ体操の出席表みたいな、かわいらしい飲茶カードをもらい、席に。

あ、でもこれだけじゃぁ足らないよなぁと、もう一品選びに行くと、オッチャンたちが、盅飯をとっているじゃないですか。

私も!と鳳爪排骨盅飯。
c0200671_20262206.jpg
鳳爪もたべたいし、排骨も食べたいけど、両方を蒸籠で採っちゃうと多いのよね・・・というときには、ご飯も一緒に食べることができる鳳爪排骨盅飯がいい。
c0200671_20262336.jpg


by recipkoinhongkong | 2016-11-18 18:00 | Eat | Comments(0)
2016年 10月 24日

蓮香樓@威靈頓街・中環


香港で飲茶する上で、誰もが知っているといっていい蓮香樓

他にも美味しい飲茶が出てくる店は、いろいろとあるから別に行かなくてもいいんだけど、雰囲気となると、行っておくかなと足が向いてしまう。

古き良き往年の香港の飲茶の雰囲気を感じれる店は、もう少なくなってしまったが、ここは相変わらずの高ジジババ度だ。


蓮香樓に行くなら、絶対に7時前と決めている。

7時を過ぎると常連がドンドンやってきて、マイテーブルがあるので気を使うのと、8時近くになると、それでなくとも常連客がいる時間で開いてる席を見つけるのが大変なのに、さらに観光客がやってきて席がなくなるからだ。
(ただし、蝦餃なんかは7時台にでてこなかったりするので、超ジレンマだけど)

この日も無事7時到着。
c0200671_07520273.jpg
変わらぬ店内に、顔がニヤケテしまう。
c0200671_07520365.jpg
この時間はテーブルが空いている時間なので、階段上ってすぐの柱横のテーブルに座れた。
c0200671_07520486.jpg
洗杯をしながら、何を食べるか考える。

ワゴンを押す飲茶ばあちゃんが、焼売あるよー!焼売~!と店内を練り歩くが、人が少ないとワゴンを押すのは楽だけどイマイチ張り合いがなさそうで、常連と立ち話をしてたり、なかなか回ってこない。

場所が厨房の目の前なので、こういう時は厨房にいって、やうもう問答をしてくるに限る。

やうもう はーがう?

もうっ

(っち、ないのかよ、粽作ってる場合じゃないっ!蝦餃蒸してよ!)

やうもう ちゃーしゅーぱお?

やう!
c0200671_07520542.jpg
厨房まえにいたワゴンを覗くと、鳳爪が入ってたので、
c0200671_07520463.jpg
にご!

と、夏休みのラジオ体操カードに似た、カードに判子を押してもらいながら、叉焼包と鳳爪をもらってくる。

叉焼包は、パオなだけにお腹で膨れるが、もう一品位食べたいなぁと、物色しにいって、腸粉にした。
c0200671_07520691.jpg

蓮香樓は、飲茶そのものもだけど、飲茶の時間と歴史を味わう店。


[お店の場所]
蓮香樓
中環威靈頓街160-164號



by recipkoinhongkong | 2016-10-24 18:00 | Eat | Comments(0)
2015年 09月 03日

東城酒家@井財街・屯門

│位置図
c0200671_16103293.jpg


バスを降りて、反対側車線の方を見ると二階がやけににぎわっている酒家の看板があった。

そこが気になっていたので、この日の朝ごはんは飲茶に決定。

どこから入るのかな?とウロウロしがてらグルッまわると、おじさんが新聞手にエスカレーターを上っていく。

ここだ!

と、跡を着けるかのように一緒に上っていくと、ありました、入り口。
c0200671_18513738.jpg

1人と告げて、席につき、普洱茶を頼む。

店内を見回せば、ジジババばっか
c0200671_18513741.jpg

相席となってしまったお爺さんや、その後ろの席やほかの席のお爺さんもそうだけど、なんだかここは肌着Tシャツ姿のジジィが少なく、ちゃんとした感じのお爺さんが多い印象。

相席のお爺さんは新聞を、周りの方はそれぞれ談笑しており、意外と飲茶の席って殺伐としてるのだけど(実際は談笑してるけど、耳で聞く限り喧嘩してるのか?と心配になる)、ここは終始和やかで落ち着いたムード。

洗杯も終わり、さっそくオーダー。ここはオーダー式。一部盅飯類はワゴン式。
c0200671_18513807.jpg


飲茶ではやっぱりこれでしょう!な、鳳爪
c0200671_18513819.jpg

ここでは、醤皇蒸大鳳爪

時々、この鶏、1m位あるんじゃないか?って位大きな鳳爪が出てくるときあるけれど、これはお皿にも食べるのにもちょうどいいサイズ。プックリとしてて、結構濃いめに味が付いている。お供は花生。

そして、飲茶ではやっぱりこれでしょう!なもう一品は、蝦餃
c0200671_18513906.jpg

こちらでは爽脆鮮蝦餃

プリンプリンの具と、むっちむちの皮が堪らない、安定の美味しさ。もうほんと、蝦餃を考えた人は、天才だと思うわ。

この後もどこかで朝ごはん食べる気だったので、ここでは2品と決めていた。この2品だけでもお腹にたまる・・・・・


[お店の場所]
東城酒家
新界屯門井財街20號金銘大廈2樓

by recipkoinhongkong | 2015-09-03 18:00 | Eat | Comments(0)
2015年 04月 12日

端記茶樓@川龍村・荃灣



c0200671_1153417.jpg




[お店の場所]
端記茶樓
荃灣荃錦公路川龍村57-58號

by recipkoinhongkong | 2015-04-12 18:00 | Eat | Comments(0)